これからの時代は自分の気持ちよりも相手の気持ちをくみ取る人が得をする

公開日: マインドハック, ライフハック

 

先日ご紹介した「伝わっているか?」を読んでわかったことは、受け取り側の気持ちを考えて、共感してもらえるように伝えるのが、伝わるコツであるということです。

これって、コミュニケーションだけでなく、全てのことに対してあてはまりますよね。

スポンサーリンク

 

営業するなら、お客さんに価値を売ってあげる

売れない営業マンほど、お客さんに商品やサービスを売りつけようとしています。お客さんが何を欲しいという観点はなく、「このお客さん、買ってくれそうだな?」という営業側の都合を押し付けた売り方をしています。

一方、やり手の営業マンほど、お客さんに商品やサービスを売りつけず、お客さんのニーズを汲み取って困りごとを解決しています。売り手側の都合ではなく、お客さんの都合を受けとめて、それを解決してあげるからお客さんは喜んで買ってくれているのです。

また、売れない営業マンほど、お客さんのわがままを聞くことがニーズに応えることと勘違いしています。ある程度のわがままを聞かなければ売れないと思っているので、客側はここぞとばかりに無茶な要求をしてきたりします。『ブラック消費者』の誕生の瞬間です。

そもそも、お客さんがわがままを言うのは、お客さん自身が本当のニーズに気づいていないからです。本当のニーズに気づけていないので、お客さんとしては目先の損得ばかりを気にしてしまいます。「もっと安く!」「もっとサービスして!」という感じですね。

一方、やり手の営業マンほど、お客さんが気づいていないニーズを掘り下げて、解決してあげます。お客さんにとっての『新しい価値』を創造してあげるのです。

 

ほとんどのお客さんは自分の本当のニーズに気づいていない

実は、ほとんどのお客様が、自分が何を欲しいのか分かっていなかったりします。例えば、スーパーに行くほとんどの主婦が、その日の晩御飯のメニューが決まっていないそうです。スーパーで並んでいる商品を見て、「今日の晩御飯は何にしようかな?」と考えます。

だから、スーパー側としては、特売のお肉コーナーに、カレーのルーや生姜焼きのタレを一緒に置いて、「今晩の晩御飯は特売のお肉でカレーはいかがですか?」とか、「生姜焼きはいかがですか?」という晩御飯のメニューという価値を提供しているわけです。

で、それを見た主婦は、「あっ!カレーにしよう!」とか、「生姜焼きにしよう!」と、晩御飯のメニューが思いつきます。こういうことが続くと、「とりあえずスーパーに買い物に行けば、晩御飯のメニューが思いつく」と思ってもらい、通ってくれるようになるのです。

スーパーに来る主婦の気持ちがわからないと、こういう商品の陳列ができないですよね。スーパー側の思いが伝わったからこそ、主婦がまたそのスーパーに買いに来るようになるんです。

 

子供のしつけも子供目線で考える

ビジネスにかかわらず、気持ちを相手に伝えるということは大切です。例えば、どの家庭でも悩ましいのが、子供へのしつけや教育なのではないでしょうか。

子供にしつけをしようとした場合、親の都合だったり、親の目線でしつけをしても子供には伝わりません。親の都合があるように、子供にだって都合というものがあるからです。

では、どうしたら子供が聞いてくれるようになるでしょうか?それは、子供の気持ちになって、楽しませながら伝えたり、やる気を出させて伝えることが大切なんです。

子供の気持ちを考えてみましょう。小さい子供は、「親のマネをしたい」「親と一緒に経験したい」という思いを持っています。それなら、子供にして欲しいことを、親が率先してやってマネをしたいと思わせたり、「パパと一緒にやろう!」「ママも一緒にしたいな♪」と声をかけてあげれば、子供のほうから率先して行動するようになります。

子供がどうしたら喜ぶか?どうしたら自分からしたくなるかを考えることが、「伝わるコツ」なのでしょうね。

参考子どもへのしつけのコツは叱る以上に愛情を与えなければいけない

 

夫婦仲をうまくやるにも相手のことを思いやる

家庭でのコミュニケーションは、何も親子のことだけではありません。夫婦間でも、どうしたらストレスを感じずにうまくやれるのだろうか?と考えている人は多いのではないでしょうか。

旦那さんや奥さんへ不満を持っている人の話を聞くと、たいてい自分のして欲しいことと、相手の行動が食い違っていることが原因だったりします。夫婦仲が悪い家庭ほど、お互いの主張ばかりをぶつけあっているんですね。

話を聞くと、自分の意見が通らないと、自分ばかり損をしているように感じるのだそうです。

共働きなのに自分ばかり家事の負担が大きいと不満に思う奥さん。毎日、家族のために我慢しながら必死に仕事を頑張っているのに、たまの休みに家事や子供の面倒を押し付けられて不満に思う旦那さん。それぞれに都合があるのですから、やっぱりうまくいかないですよね。

しかし、夫婦仲がうまくいっている家庭は、お互いのことを思いやっています。たまの休みぐらいゆっくりさせてあげようと、奥さんが何も言わなければ、旦那さんだって、平日は家事を任せっきりだから、休みの日ぐらい家事や子守りをしようと思います。

そうやって、どうしたら相手は喜んでくれるか?どうしたら相手に負担をかけないか?と考えて、その気持ちが伝われば、お互いに不満に思わずうまくやっていけるんですよね。

そのために必要なのが、「言葉」と「行動」です。

言わなくてもわかるでしょ?っていうのは、その人のエゴです。全然伝わっていません。そもそも、「なんでわからないの?」と、相手のせいにしている段階で、伝える気がありません。伝える気がなければ、伝わるわけがないんです。

参考奥さんをお客様だと思えば家庭の9割はうまくいく

参考価値観が違うから夫婦仲が上手くいかないわけじゃない

 

相手の気持ちをくみ取る人が得をする

やり手の営業マンや、子供目線で子育てする親と、お互いを思いやる夫婦。これらに共通するのは、相手の気持ちをくみ取って「言葉」「行動」を選んでいる人たちです。

相手の気持ちをくみ取ることによって、自分が求める結果を得ることができているのです。結果として、相手の気持ちを考えない人よりも得をしているんですよね。

自分の主張ばかり押しつけたり、通そうとしても、そこに受け止める側の幸せはありません。相手が幸せではないのですから、そのうち仕返しをされたりしてしまうんですよね。押しつけたり、通そうとすると、どちらかに負けが存在してしまいます。負けた方は、次は勝とうとしますので、結局それの繰り返しになってしまうのです。

だからもし、その時は得をしたとしても、次は損をする可能性を作ってしまうので、永遠に勝負をしなければならなくなってしまうんです。結果的に敵を多く作ることになってしまうので、最終的には損をしてしまうわけです。

 

まとめ

一時期、「相手の主張ばかり聞いてたら、こっちが損をしている」と思っていた時期があったんですね。だから、自分も負けずに主張したりしてたんですが、それでも結局損をしてしまっていました。

ある時、「7つの習慣-成功には原則があった!」を読んで、「インサイドアウト」や「理解してから理解される」ということを知り、実践するようになりました。

うまく行く時は、これらができてる時であり、うまくいかない時は、自分の主張を押しつけようとした時なんですよね。

だから、自分が得したければ、まずは相手のことを思いやることが大切なんです。

私は、これからも得をする人間でありたいので、相手の気持ちをくみ取れるように努力していきたいと思います。

それではまた、see you!

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

20代のうちに失敗したほうがいいと言うけれど、わざわざ失敗する必要はあるのか!?

20代にやったほうがいいことを本やネットで探すと、たいてい出てくるのが、「20代のうちにたく

記事を読む

愚痴を吐き続ける人はマイナスの運気から逃げられない人である

いつも愚痴っている人っていますよね。仕事の愚痴、人間関係の愚痴、家族に対する愚痴などなど。

記事を読む

もう怒らない!怒らないためのコツとは

会社や家庭に関わらず、人と接点を持つということは少なからずストレスを抱えるものです。自分の思

記事を読む

30代のうちにやっておくべき5つのこと

人生の中で、時間や金銭的なことがいちばん自由なのが30代かもしれません。 何も知らなか

記事を読む

アウトプットを続けている人の特徴3つ

自分を磨き上げるためにはアウトプットを続けるしかない!なんて言葉を聞いたことがあります。しか

記事を読む

世の中は、おかしくて矛盾だらけで理不尽だらけ!

先日、カフェでお茶をしていたら、隣の席に座っていた大学生くらいの若い子が「本当におかしい!マ

記事を読む

責任転嫁してもしょうがない!他人のせいだろうが自分のせいだろうが目の前の事実には変わらない

自分に非がなく、理不尽な理由で不利な状況に追い込まれることってありますよね。 特に仕事

記事を読む

もう怖くない!プレッシャーを克服する方法4つ

「あなたはプレッシャーを感じたことはありますか?」そう質問して「プレッシャーを感じたことはあ

記事を読む

知らないのはみんな一緒、むしろ知ろうとせず調べないことが罪である

今の時代、だいたい一家に一台はPCがあります。そのため、分からないことがあってもネットでしら

記事を読む

怒られるのはありがたいこと!人は怒られたくないから行動する

自分の意思で、何かを始められる人は放っておいても成長することができます。現状に満足せず次のス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑