『仕事』を『志事』と簡単に呼ぶ人たちに問いたい!本当の『志事』とは…

公開日: マインドハック

スポンサーリンク

pho015

シゴトには4つの言葉があると言われています。

『仕事』 『私事』 『死事』 『志事』。

色々なセミナーなどで仕事との向き合い方を説明するのに使い古された話ですが、そのことについて少し書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

まずは4つの『シゴト』の意味を考えてみる

まず一般的に使われる『仕事』とは、その名の通り人に仕えること。 上司や他人に仕えて指示に従って与えられたことをするシゴトです。

それに対して『私事』とは、自分の好きなこと。やりたいことをするシゴト。 自分のためだけにするシゴトです。

また、『死事』は自分という人格を殺して嫌々するシゴト。 嫌なことを仕方なく嫌々しているただ単に時間を失うだけのシゴトで、 一般的に社蓄と言われているのはこの『死事』のことですね。

そして最後に『志事』。志や信念を持って取り組むシゴトで、個人のためだけではなく公のためになるシゴトのことです。

 

公のためにならないものはビジネス(シゴト)ではない

『志事』にとって一番大事なことは志や信念を持つことではありません。『公(おおやけ)のためになる』ということが一番必要なことです。

公になるというのは、社会のためになる、お客さんのためになるという意味です。

そもそもビジネスというのは公のためになるからこそ、その対価として金銭を得ることができます。公にならない、つまりはビジネスにならないシゴトはシゴトではありません。

「金銭を得ていない家事も主婦の立派なシゴトだ!」と言われそうですが、ここではビジネスという観点での『シゴト』の話をしているので、少しおいておいてください。

ただ、金銭を得ているからと言って公になっているかというと、それもまた違います。先ほども説明しましたが、誰かのためになるのが公のためになるということです。

話を戻しましょう。

よくネット上のブログやSNSでやる気のある若者たちが志や信念を掲げて『志事』について語っているのをみかけます。 シゴトに対する「やる気」や「意気込み」、「向上心」がみられるので、それらが無いよりはあったほうがいいことは確かです。

しかしながら、ほとんどの場合それは『私事』になっていることに気づいていません。

人のためとかお客様のためという言葉を簡単に使い、さも公のためになっていいるかのような表現をするのですが、 それは本当に相手のためになっているのでしょうか?親切の押し売りをしているだけで、相手はもっと他のことをしてもらいたいのではないでしょうか。

自分が他人にしてあげるのはただの『私事』です。相手のしてもらいたいことを察してして、初めて公のためになり本当の『志事』となるのです。

 

本当に『志事』をしている人は不満をもっていない

自分では『志事』をしてると思っていて、実は『私事』をしている人ほど回りに認めてもらえないことに憤りを感じ、「こんなに頑張ってるのになんで!?」と不満を抱えます。

そもそも、この不満に思うという感情を持つ時点で『私事』になってしまっていることに気がつかなければなりません。なぜなら、『志事』をしていれば不満など無いはずだからです。

それが、自分の承認欲求を満たすための行動だから不満が出てしまうのです。自己満足なのですから、『志事』ではなく『私事』ですよね。

本当に相手のことを想い、相手のためになっているのであれば、必ず感謝は返ってくるのです。

さて、あなたが今しているのは『仕事』『死事』『私事』『志事』、どのシゴトですか!?

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

自分を変える手っ取り早い方法は付き合う人を変えること

以前、新しい自分を見つける方法という記事をpostしました。 それまで自堕落な生活をし

記事を読む

世の中は、おかしくて矛盾だらけで理不尽だらけ!

先日、カフェでお茶をしていたら、隣の席に座っていた大学生くらいの若い子が「本当におかしい!マ

記事を読む

思考力とは考える力!考える力を鍛えるのに必要なものとは…

成功者とそうでない人の違いは、自分でものごとを考える事ができるかどうかというところにあります。成

記事を読む

人の愚痴や悪口は何が本当かわからない

誰もが一度は、友人や職場の同僚などの愚痴を聞いてあげたことがあると思います。 愚痴を言

記事を読む

人はひとりでも生きていけるけど皆がいたほうが幸せだよね

けっこう前のことなんですが、某アイドルのインタビュー記事を読んでいたところ、こんなことが書い

記事を読む

ミラーニューロンがあなたに幸せをもたらしてくれる

ミラーニューロンというものをご存知でしょうか。周りの人の感情が移るのがミラーニューロンです。

記事を読む

主体的であるということは自分の人生に責任をもつこと

頑張るのも自分、諦めるのも自分。自分の人生において責任をとるのは常に自分です。 人のせ

記事を読む

ドラマ「官僚たちの夏」を観ていて気づいた間違った信念の貫き方とは

お正月休みは、かなりのんびり過ごしていて、普段は観ないテレビを観ていたりしました。 そ

記事を読む

なぜ人は人をイジメるのか?その答えは人の弱さにあった

いつの時代も無くならないのがイジメという問題。 日々のニュースでは、学生が同級生にイジ

記事を読む

もう怒らない!怒らないためのコツとは

会社や家庭に関わらず、人と接点を持つということは少なからずストレスを抱えるものです。自分の思

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑