子どもへのしつけのコツは叱る以上に愛情を与えなければいけない

公開日: 子育て ,

スポンサーリンク

baby-22194_500

子育てをしていると、どうしても子供を叱らなければならない時ってありますよね。

自分に余裕があれば、冷静な対応ができるかもしれませんが、そうでない場合、感情で怒ってしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、しつけの仕方を間違えると、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

スポンサーリンク

 

ガミガミと怒るだけでは効果がない

man-544542_500

子供に対していつも怒っている親っていますよね。自分の家だろうが、公共の場だろうが関係なく大きな声で怒っている人を見かけることがあります。

そういう親って、大抵の場合、言うことを聞かないと、子供に手を上げてまで言うことを聞かせようとしているんですよね。

オガワくん
あー、そういう親っていますね。
コヤマ
手を上げることも『しつけ』って勘違いしてるんだろうね。

 

ただ、そういうしつけをしても、実は全然意味がなかったりする場合もあります。いつも怒っている人の言葉は、慣れてしまうと届かなくなってしまうからです。

毎回毎回怒られている子供にしてみれば、「また怒ってる」ぐらいにしか思っていません。何故親が怒っているのか?ということを考えることもなくなってしまうのです。

すると、怒られないようにしようとする間もなくまた怒られてしまうので、どうにかやり過ごす方法を選ぶようになります。

 

ただ怒るのはトラウマを作るだけ

baby-408262_500

結局、しょっちゅう怒っているばかりの親のしつけは、何もしつけられていなかったりします。しつけをするのであれば、冷静に叱らなければならないのですが、イライラをぶつけてしまうなど、感情で怒ってしまうことが原因です。

親も人間なので、時には感情的に怒ってしまうときもあります。急いでいるときに、テキパキと行動できない子供に対して、どうしても感情的に怒ってしまうのもしょうがないのかもしれません。

しかし、そうやって怒っていることは、子供のためではなく、親の勝手な都合によるものだったりします。親が、子供を自分に都合のいいように行動させたいという、支配という名の虐待であるといっても言い過ぎではないかもしれません。

オガワくん
分からなくもないですけどね。
コヤマ
うん、でも親の都合で怒るのは、やっぱり『しつけ』じゃないよ。

 

そうやって、親から受けた心の傷は、大きなトラウマとなってしまう恐れがあります。しょっちゅう怒る人の前では、いい子の振りをして、そこで抱えたストレスが他で爆発してしまったり、怒られることを恐れて消極的になってしまうといった影響がでてくることもあります。

また、自分がそうやって育ってきてしまったがために、自分よりも弱い立場の人間に対して、親と同じようにしょっちゅう怒ったり、暴力的になるといった支配的な人間になってしまう場合もあります。

 

嫌われたくないから言うことを聞く

mama-558406_500

本来、しつけというのは、子供の身を守るために、危ないものは危ないと教えることだったり、礼儀作法や社会のルールを教えるためにするものです。決して、親の言うことを聞かせるためであったり、上手くいかないことを子供のせいにするためのものではありません。

実際、子供に対して、常に愛情を持って接していれば、怒鳴ったり手を出さなくても、子供にしつけをすることはできるんですよね。

例えば、大人でも心当たりがあると思いますが、人は自分が大好きな人にほど嫌われたくないと思うものです。子供から好かれている人が、しっかりと目を見て、何故叱られているのかということを説明しながら、子供が理解しやすいように話すと、ちゃんと言うことを聞いてくれるようになります。

つまり、しつけをするならば、叱ったり怒ったりする以上に、普段からたくさんの愛情を注がなければ意味がないということです。

 

部下や後輩のしつけも同じ

buka03_500

そうやって考えると、子供に対するしつけだけでなく、仕事における部下や後輩への指導も同じなんですよね。愛情のない指導は、何も伝わらないものです。

どこにでも嫌われる上司っていますよね。そういった上司は、別に好きで嫌われようとしているわけではないんです。誰もが最初は、部下から慕われて、尊敬される上司になるつもりでいたはずなんです。

では、何故嫌われるのか?それこそ、部下に対してキチンと愛情を注げていないからなんです。

上司なので、時には厳しく指導をする必要があります。甘やかしてばかりでは、尊敬されることもなく、逆になめられ、馬鹿にされてしまうこともあります。

しかし、厳しく指導してばかりいる上司は、部下からしてみれば「結局認めてもらえない」「また色々言っている」とうんざりされてしまい、結局その指導が伝わらなくなってしまうのです。

そうではなく、厳しく指導するなら、それ以上に部下に愛情を注いで接して、部下が素直に指導を受け入れられる下地を作ってあげなければなりません。

オガワくん
ちゃんと考えて接してくれてたんですね。
コヤマ
当たり前でしょ?自分の子供だろうが、会社の後輩だろうが、相手を一人の人間として尊重するのが大人としての役割だからね。
オガワくん
これからもよろしくおねがいしまーす!笑。

普段から部下を可愛がり、飲みに連れて行ったり、相談に乗ってあげたりするなどして、部下に「この人について行きたい!」と思わせられる上司というのが、育てるのも上手い、良い上司だったりするんですよね。

 

まとめ

しつけの仕方には、自由奔放にしたいい場合と、逆に厳しくバシバシやった方がいい場合と、様々な方法があります。どれが正しいかなんて、分かる術もありません。

しかし、確実に言えることはただ一つ。そこには愛があるのか?ってことです。

叱るのも、怒るのも、全ては相手に愛情が伝わってこそ意味のあるものになります。そうでなければ、立場や力が上の人間が、弱い人間を支配しているに過ぎません。

あなたの愛は、伝わっていますか!?

 

世界中で読まれている大ベストセラー本です。子育てに悩んだら、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?↓

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

もし突然親が死んでしまっても、あなたは後悔しないと言えますか!?

先日、私の母親が、定年後も働いていた会社の延長契約が満了し、退社することになりました。 長い間

記事を読む

【子どもに伝えたい】お金を稼ぐということ

子どもが2歳になり、これからだんだんと、いろいろなことを教えていかなければならないのですが、

記事を読む

主婦業が大変だというけれど、週末主夫を始めて思ったこと…

少し前の話ですが、どんなに主婦が大変かを訴えているブログが、Facebookなどでシェアされ

記事を読む

子供が生まれて気がついたこと

子供がハイハイをするようになり、掴まり立ちをしながら歩くようになって、子供と同じ目線で接すること

記事を読む

保育園に入園できる条件は何!?どこが決めるの!?裏ワザは!?

世の中には「保活」なんて言葉もあるみたいですね。 うちの子は1歳と5ヶ月になり、奥さん

記事を読む

魔の2歳児は第一次反抗期!でも親としては喜んだ方がいい!!

うちの子も2歳になり、世間でいうところの「魔の2歳児」となりました。そう、第一次反抗期です。

記事を読む

子供には無限の可能性があるけど、大人にだって可能性がないわけじゃない

最近、息子を寝かしつけるコツがわかってきたのか、嫁よりも上手く寝かしつけることができるように

記事を読む

2歳児でも幼児教育に役立つといわれるジグソーパズルを好きにさせる方法

幼児教育に役立つと言われているジグソーパズルです。知育グッズとして昔から人気ですが、子供によ

記事を読む

パパ嫌い!!2歳児の息子がパパ イヤイヤ期に入った

息子が2歳になり、自我が強くなってきて第一次反抗期が始まりました。それに伴い、今まで以上にママっ

記事を読む

良かれと思ってやったことは、本当に相手のためになっているのか?

嫁が友達の家に遊びにいくというので、「息子と一緒にお留守番しているよ。」と言うと、喜んで遊びにい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑