2014年も終わりなので、今年読んだオススメの本を紹介します

公開日: 書評

osusumebook

早いもので2014年も大晦日となり、今年も今日一日で終わりです。

今年は、このブログを始めたこともあり、本といえば今まで小説ばかり読んでいましたが、今年は主にビジネス本ばかりを読むようになりました。

そこで、今年の振り返りもかねて、今年読んだ本の中で特におすすめだった本を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく

この本は、BMW社長からダイエーのCEOを経て、現在は横浜市長となった林市長の著書です。

これまでの上司像を一変させるようなタイトルに惹かれて読んだのですが、こんな上司の下で働けたらどんなに幸せかと本気で思いました。

ということは、自分がこんな上司になれれば、部下や後輩が同じように思ってもらえると気づくことができました。実際、少しづつですが実践してみると、部下や後輩の反応が変わってきたのを感じています。

今では、部下や後輩だけでなく、上司や同僚、他部署の人間に対しても同じように「お客さま」と思いながら接するようになり、仕事をする環境が変わってきています。

関連記事:部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく

 

野村ノート

「野球界のバイブル」と呼ばれている元プロ野球監督 野村克也氏の著書です。

内容的には、野球の話に終始しているのですが、選手への指導の仕方や組織のリーダーとしての心構え、指導者としての指導の仕方などは、ビジネスでも十分応用できる考え方で非常に参考になりました。

「心が変われば人生が変わる」という話には、特に心が打たれました。

関連記事:「野村ノート」に学ぶ上司の心得

 

ゼロ 何もない自分に小さなイチを足していく

元ライブドア社長 堀江貴文氏の著書です。

多くのブロガーさんも紹介されていた良書ですが、私もこの本から多くのことを学ぶことができました。学生時代にこんな本に出会えていたら、もしかしたら違う人生もあったのかもしれません。

自分の息子に読ませたいと思った本のうちの1冊になりました。

関連記事:今からでも遅くない!なにもない自分に小さなイチを足していく

 

お金と人を引き寄せる50の法則

大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立し、それまでの経験をもとに数多くの本を出版している千田琢哉氏の著書。

タイトルは少し刺激的ですが、多くの法則が「そうそう、わかるわかる」と、これまで私が考えていたことと同じ内容で、これまでの自分の考え方に確信が持てました。

最後の法則に「貧乏人コースかお金持ちコースかは、あなたが選んでいい」とあります。どのような人生を歩むかどうかは自分次第ということですね。

関連記事:お金と人を引き寄せる法則

 

まんがでわかる7つの習慣

世界中で読まれている「7つの習慣」がマンガでわかりやすく紹介されています。原本は分厚い本で、なかなか読むのに時間がかかりそうだったので手が出なかったのですが、マンガならサクッと読めるかと思ってて手にしました。

本の中ではそれぞれの内容についてマンガで書かれているのとは別に、要所を詳しく解説してありました。あまりにも良かったので、その後の続編も買ってしまいました。

じっくり本を読む時間がない人や、普段本を読まない人に特におすすめです。

関連記事:主体的であるということは自分の人生に責任をもつこと

 

マンガでやさしくわかるアドラー心理学

「まんがでわかる7つの習慣」がかなり良かったので、同じく興味があったアドラー心理学のマンガを手に取りました。「7つの習慣」と同じく、じっくりと本を読む時間がない人や、本が苦手な人には、この本もかなりおススメです。

私は、「7つの習慣」と「アドラー心理学」の二つによって、それまでの自分を徐々にですが変えることができてきました。

今までの自分を本気で変えたいと思っている人に勧めたい本ですね。

 

ユダヤ人大富豪の教え

最後に本田健氏の大ベストセラーです。最初にタイトルを見た時は、どうやってお金を稼ぐのかというお金の稼ぎ方の本かと思っていましたが、内容は成功者たちが当たり前にしている習慣を紹介しているといったものでした。

「夢をかなえるゾウ」と同じような感じの内容ですが、私はこの本の内容の方がしっくりと来ました。

続編も現在読んでますが、自分の人生との向き合い方や、お金との向き合い方など、本当に勉強になることばかりです。

この本も、息子が大きくなったら読ませたい本のひとつですね。

関連記事:世の中には自由な人と不自由な人の2種類の人間しかいない

 

まとめ

今年はあまり数を読むことができませんでしたが、読んだ本が少ない代わりに、多くの良書に出会うことができ、その中で、特におすすめしたいと思った本を紹介しました。

来年は、もっともっと多くの本を読めるように時間をやりくりしたいのと、これまで読んでこなかったジャンルの本も読みたいと思っています。

それでは良いお年を、see you!!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

【書評】「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」が想像以上に凄すぎた

5月に読んだ本として紹介した本なのですが、あの記事だけでは書き足りないことだらけ。 関

記事を読む

「一流の男を作る才能と信念の磨きかた」は誰でもできる簡単な方法だった。

ネットやAmazonのレビューなどでこれでもかと叩かれている里中李生氏の著著。本屋で平積みさ

記事を読む

【書評】AKB48 指原莉乃に学ぶ 超前向きな「逆転力」とは

  昔から、「ピンチの後にチャンスあり」という言葉がありますが、誰もがピンチ

記事を読む

【書評】正しい恨みの晴らし方

人間の負の感情の代表といえば、「恨み」「妬み」「嫉妬」。Facebookを代表とするSNSの

記事を読む

【書評】「金持ち父さん貧乏父さん」が教えてくれたのはマネーリテラシーの大切さだった

今年の目標に、できるだけ多くの本を読むことをあげました。その中で、今までちゃんと気にしたこと

記事を読む

【書評】ドランクドラゴン鈴木拓「クズころがし」がビジネス書として良書だった

最近気になる芸人がいます。それが、ドランクドラゴンの鈴木拓です。 クズ芸人として、10

記事を読む

【書評】「株2年生の教科書」で投資初心者からステップアップする

  投資信託や個別銘柄などに投資をするようになりましたが、まだまだ投資に関す

記事を読む

口ベタでも、上手くいく人はコレをやっている

【書評】誰にも教えたくない「口ベタでも上手くいく人は、コレをやっている」こと

コミュニケーション力が高い人といえば、「話し上手で相手の気持ちをつかむのが上手な人」というイ

記事を読む

今からでも遅くない!なにもない自分に小さなイチを足していく

by 堀江貴文ミリオンセラープロジェクト 「ホリエモン」という愛称で有名な元ライブドア

記事を読む

【書評】一〇三歳になってわかったこと

数えで一〇三歳となった今も第一線で活躍されている、美術家の篠田桃紅氏の著書です。 百歳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑