世の中には自由な人と不自由な人の2種類の人間しかいない

公開日: マインドハック

スポンサーリンク

 

sunrise-165094_500

あなたの人生は、これまであなたが人生の中で選択してきた立場によって決まります。

成功するかしないか、お金持ちになるか貧乏になるか。

他人によって決められるのではなく、自分自身で選んできたのです。

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

 

スポンサーリンク

 

選択肢は2つ、自由でいるか不自由でいるか

legs-362182_500

例えば、不自由に生きている人は、常に自分がもらうことばかり考えています。仕事をした対価としていくら給料がもらえるか。お金を払うことによって、どのようなサービスを与えてもらえるのかなど。

友情や愛情も、与えてもらえるから自分も返しますが、与えてもらえないとわかると、その人から去っていきます。

もらえるものが何もなくなることを恐れ、もらえるものに縛られているので、決して幸せになることはできません。

自由に生きている人は、常に与えることばかり考えています。経済的にも感情的にも自由なので、もらうことよりも与えることに幸せを感じます。

相手がどうこうではなく、見返りを求めず自分がしたいようにしているので、不満やイライラを感じることがなくなります。

関連記事:他人に与えるものがないと何も自分に返ってこないことに気が付くことが大切

 

自由人=お金持ちの人ではない

banknote-15801_500

この、自由に生きているということは、何もお金持ちの人のことを言っているわけではありません。お金持ちだからと言って、お金から解放されて自由であるとは限らないからです。

例えば、すごい成功したお金持ちのミュージシャンが、いつの間にか大きな借金を抱えて自己破産したなんてニュースがあったりしますよね。

とんでもないお金を稼いでいたはずなのに、自分の器以上のお金に縛られてしまったがために、結局お金から自由になれなかったという例です。

ここでいう自由になるというのは、縛られないという意味の自由です。収入が少なかったとしても、お金を使うことにあまり興味がない人は、お金持ちではなくても自由に生きていることになります。

関連記事:お金の正体とは!?お金は目的ではなく手段である 

 

不自由な人は自分で不自由になっている

stress-111426_500

不自由な人生を生きている人は、自ら進んで不自由になろうとしています。

毎日休みもほとんどなく、遅くまで仕事をしている人は、たまの休みは体を休ませたいと家でのんびりすることを選びます。

せっかくの休みは、平日仕事をするための休みとなり、何のために働いているのか分からなくなります。それでも、そうした人の多くは、生活のためだからしょうがないと言います。

しかし、お金に縛られ、仕事に縛られた生き方は、何のための人生なのでしょうか。それでは働くためだけの人生であり、とても幸せだとは言えません。

とは言っても、人はなかなかそういった生活から抜け出すことができなかったりします。それならば、自分を価値ある人間に成長させるべきなのです。

あなたが受け取っている報酬は、あなたが提供しているサービスの量と質によって決まるのですから、質をあげれば当然報酬も上がります。

適切な報酬がもらえないのであれば、仕事を変えればいいのです。適切な報酬をくれる会社がないのであれば、逆に今もらっている報酬が適切だということです。

適切な報酬をもらっているにもかかわらず、不自由なのは自分が選んだ結果なのですから、自分でなんとかするしかないのです。

関連記事:新しい自分を見つける20の方法 

 

自由な人生を生きるためには真剣に変わることを考える

freedom-102409_500

不自由な人生を生きている人が、自由な人生を生きるためには、真剣に今の自分を変えることを考える必要があります。

私は、不自由な人生を生きてきた10年前に比べると、少しは自由な人生を歩みだすことができました。昔よりも休日は増え、労働時間は短くなり、収入も増えました。

しかし、まだまだお金に縛られていますし、時間も生活もたくさんの制約があります。本当の自由にはほど遠い状態だと思っています。

それでも10年前よりも変われたのは、本気で自分を変えたいと思ったからです。そのためにそれまでの自分の生き方を見直して少しづつ変える努力をしました。

そして、その思いは今も変わりありません。本当の自由を目指して、今もなお変わろうとしています。

関連記事:自分を変える手っ取り早い方法は付き合う人を変えること

関連記事:自分を変えたい!わかっているけどできない人へ 

 

まとめ

成功や幸せが人それぞれ違うように、自由な生き方というのも人それぞれ違います。

世間的に見て成功してそうに見える人や幸せそうに見える人が、不自由な人生を生きていたり、ごく一般的な生活をしている人が、自由な人生を生きていたりもするものです。

本来の成功や幸せは、世間的なものではなく、実は個人的なものなのかもしれませんね。

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

知らないのはみんな一緒、むしろ知ろうとせず調べないことが罪である

今の時代、だいたい一家に一台はPCがあります。そのため、分からないことがあってもネットでしら

記事を読む

人を動かすのに必要なのは理屈よりもコミュニケーションだ

仕事をするうえで、誰もが人の力を借りなければならないときがでてきます。 自分の能力だけ

記事を読む

愚痴を吐き続ける人はマイナスの運気から逃げられない人である

いつも愚痴っている人っていますよね。仕事の愚痴、人間関係の愚痴、家族に対する愚痴などなど。

記事を読む

自立するという意味は依存から卒業するということではない

最近、どういう人が大人な人間かを考えていた時、一番初めに思いついたのが自立している人であると

記事を読む

人はひとりでも生きていけるけど皆がいたほうが幸せだよね

けっこう前のことなんですが、某アイドルのインタビュー記事を読んでいたところ、こんなことが書い

記事を読む

『仕事』を『志事』と簡単に呼ぶ人たちに問いたい!本当の『志事』とは…

シゴトには4つの言葉があると言われています。 『仕事』 『私事』 『死事』 『志事』。

記事を読む

誰もあなたのことを見てはいない!だから他人の目から自由になろう

死ぬ前に後悔したくない20のことの中で、以下のような言葉がありました。 他人は自分が思うほ

記事を読む

時間=命、無駄な時間を過ごすのは無駄に命を削ることだ

成功者、もしくはこれから成功するであろう人と、そうでない人の違い。あなたは何か分かりますか?

記事を読む

新しいことを始めるときに必要なのは、お金や経験ではなく勇気

新しいことを始めるのはなかなか難しいものです。何か新しいことを始めるにはお金も必要ですし、も

記事を読む

信用には銀行の金利のようなものがついている

今さらながら7つの習慣を読んでいるので、最近はそこで学んだ事に関するエントリーが多いのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑