Koyama Log -コヤマログ-

ビジネスハックやマインドハックを学んでサラリーマン脳からビジネス脳へ変換する

独立・起業に向いている人と向いていない人の違い

      2017/02/25

スポンサーリンク

誰もが独立して起業することは可能です。最近では、人に雇われて働くのが向いていないからと、会社を辞める人も多いですが、自分でできることを見つけられれば、独立して起業したり、お店を出すのも比較的簡単にできるようになりました。

しかし、だからと言って、みんながみんな成功するとは限りません。

独立して起業したり、お店を出して成功する人と失敗する人には、大きな違いがあるからなんです。

スポンサーリンク

 

自分から進んで仕事を作れる人が成功し、そうでない人は失敗する。

人に与えられたり指示されたりしなければ何もできない人は起業には向いていません。当たり前の話ですが、意外とこのことに気がついている人は少ないです。

起業して成功した人は、ほっといても何かをしています。例えば、毎日ブログを書いたり、常に学習していたり、何か生産的なことをしています。

例えば、サラリーマンとして働いていて、土日休みで、2日間何もしない人は何も生み出しません。生産的な人は、自由な2日間で必ず何か生産的なことをしますが、そういう意識がない人は、何も考えずただひたすら時間を無駄に過ごしてしまうのです。

 

普段の仕事が優秀でも、起業が向いているかは別の話

そもそも、休みの日でも何かする人と、何もしないでゲームやダラダラとテレビを観ているような人は根本的に考え方が違います。

そして、この違いが起業したり店を出したりした後に大きな違いとなって現れるのです。

何もしない人は、いつまでたっても消費する側でしかありません。何もせず、与えられた娯楽に時間を取られてしまうのですから、結局時間を無駄にしているだけです。

参考アウトプットを面倒だという人は、これからも金持ちに搾取される側でいるだけ

逆に行動できる人は、そういった消費者に、いろいろなものを提供する側になれるわけです。与えることができる人と、与えられる側にいる人、その差はどんどんと広がっていくのです。

 

起業に向いているのは0を1にできる人

起業すると、誰かに何かをやれとは言われません。誰かに指示されたり、やらされたりすることから解放される代わりに、全てを自分で考えて行動しなければなりません。仕事も自分で作るしかないからです。

参考思考力とは考える力!考える力を鍛えるのに必要なものとは… 

普段仕事をしていて、1のものを10や100にする人は、優秀かもしれません。しかしながら、そういう人は優秀であっても起業には向いていません。

起業して成功するために必要なのは、0を1にする能力です。

雇われて働いてるとわかると思いますが、存続している会社やお店は、利益をあげる仕組みができています。

お金が稼げる仕組みがちゃんとできているところで、それを大きくすることはサラリーマン体質の人にもできます。しかし、そんな優秀な人でも、0からお金を稼げる仕組みを作ることはできません。それだけ0を1にすることは難しいのです。

結局、誰かに言われるでもなく、自分で試行錯誤して0を1にできる人だけが起業したりお店を出しても成功できるというわけです。

 

まとめ

いかがでしたか。もし将来、起業したりお店を出したいと思っているのであれば、自分でいろいろなことを行動できるように意識しておくことが大切です。

何を学んだらいいか?何をしたらいいのか?は、普段から考えていない人では思いつくことはありません。それまで、過去の自分が大量にインプットしてきた知識や経験が、何かをするときの土台となるからです。

移動時間や、隙間の時間に、ひたすら携帯ゲームをやるだけの人や、家に帰ってもテレビばかり見続ける人は、起業したりお店を出したりするのは向いていないでしょう。

今からでも遅くはありません。もし、将来起業したりお店を出したいと考えているのであれば、隙間時間の使い方や休みの日の過ごし方を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

参考結果を出すのは隙間の時間を活用している人たちである

それではまた、see you!

 - ビジネスハック ,