新卒・転職問わず、就職先の会社規模は意外と重要

スポンサーリンク

minneapolis-14043_500

世の中、誰もが起業するわけではなく、大抵の人はどこかしらの会社で働きます。

そして、誰もが働くために入る会社には様々な規模の会社があります。上場している大企業や、上場していない中小企業。設立して間もないベンチャー企業などなど。

そこで、働く先の企業を選ぶうえで、いろいろな規模の会社の特徴を整理したいと思います。

スポンサーリンク

 

安定感なら大企業

building-290332_500

安定を選ぶなら大企業です。ただし、やりたい仕事ができるとは限りません。大企業病という言葉があるように、社員は会社に振り回される傾向にあります。

関連記事:「大企業病」と呼ばれる症状の5つ特徴 

社員の幸せよりも会社の発展が重要だからというと、ブラック企業と変わらないと思うかもしれませんが、社員を使い捨てにするという意味ではなく、個人より組織が最優先されるという意味です。

福利厚生が充実し、働きやすい環境にある反面、地方への転勤があったり、子会社への出向など、意にそぐわない異動があったりします。

また、仕事を個人に依存させないため、会社において個人の存在意義を持つためには、よほど仕事ができなければなりません。大企業では、人材の変わりはいくらでもいるのです。

 

やりたいことをスピーディーに実現させるならベンチャー企業

keyboard-338507_500

やりたいことをやるなら断然少人数のベンチャー企業が向いています。意思決定が早く、社員は全て戦力として働いてもらわなければならないので、年功序列などと面倒なことは言ってられない完全実力主義です。

入社年数にかかわらず、意識が高く能力が高い人たちが多いため、周りの影響をうけて自然と仕事を生み出すことができる人間になります。

また、意外とやりたいことをやらせてもらえるので、経験値も増えます。

ただし、経営規模が小さいこともあり、事業が失敗して倒産というリスクは少なからずついてまわります。

また、社長がワンマンだったり、人が少ないのでかなりブラックだったりといったリスクはあったりもします。

 

ベンチャーと大企業の特徴を併せ持ったのが中小企業

car-repair-362150_500

会社という器の中で組織を学び、かつ早いうちから戦力として様々な経験を得るには中小企業が向いています。

大企業では、5年経って他部署の人からも認めてもらえる仕事を任され、10年経ってようやく評価されますが、中小企業ではベンチャー企業と同じで、そんな悠長なことは言ってられません。

すぐにでも戦力になってもらわなければならないので、仕事がデキる人には仕事をバンバン任されます。すると、経験値としてはかなり増えるので、20代後半から30代前半で転職しようと考えたときに、思わぬ厚待遇を受ける場合もあります。

また、ベンチャー企業よりも会社としての組織が固まっていたりするので、組織が優先されるなかで仕事をするという経験も得られます。

ベンチャー企業との違いは、やりたいことがなかなかできず、組織としてやらなければならないことが優先されるので、大企業に近い理不尽な思いもたくさんします。

そして、やはり経営規模が小さいため、福利厚生や休日・給与といった待遇はあまり期待できません。ベンチャー企業と同じように、社長がワンマンだったり、ブラックだったりする場合もあります。

 

まとめ

どんな規模の会社でも、少なからず一長一短はあります。なので、会社を選ぶためには、どんな仕事をしたいか?どんな待遇で仕事をしたいか?どんなステップアップを目指しているか?ということを明確にする必要があります。

一生その会社で働くつもりなのか、転職してステップアップするのか、将来的には起業するつもりがあるのかなど、より具体的に将来を見据えることによって、おのずと選ぶべき会社の規模を決めることができるのです。

関連記事:後悔しない転職活動をするために知っておくこと

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

人の話を「聞く」のに大事なことは「深く聞く」ということ

人の話を聞くことが得意な人は、信頼を得やすいという特徴があります。 というのも、人は話

記事を読む

30代のうちにやっておくべき5つのこと

人生の中で、時間や金銭的なことがいちばん自由なのが30代かもしれません。 何も知らなか

記事を読む

承認欲求、若い世代が求めることは認められたいということ

苦しくても頑張る。頑張った結果認められる。と思うのが、これまでのサラリーマンの考え方でした。

記事を読む

あなたは大丈夫!?自己満足の残念な夫の話

結婚してから痛感したことは、価値観や大事にしていることが違うと本当にうまくいかないということ

記事を読む

これからの時代は自分の気持ちよりも相手の気持ちをくみ取る人が得をする

  先日ご紹介した「伝わっているか?」を読んでわかったことは、受け取り側の気

記事を読む

コスト意識のない人間はサラリーマンでもフリーでも成功しない

私は、普段はサラリーマンをしながら、副業で会社を興して起業しているのですが、起業してみると、

記事を読む

出世する人の特徴5つ

先日、普段サラリーマンとして働いている会社の部長と飲んでいたときに、どんな人が課長になれるの

記事を読む

人は見た目が9割!?第一印象はたいてい外見で判断されてしまう

人が、人に対する情報を得るのに主に使うのが視覚です。次に聴覚、そして嗅覚、触覚といったところ

記事を読む

本を読む時間がない人に贈る!時間がなくても本を読む方法7つ

忙しい毎日の中、本を読む時間を確保するのもなかなか大変ですよね。1冊をじっくり読むのもいいの

記事を読む

金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか

今週発売されたPRESIDENTの特集は「金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか」で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑