承認欲求、若い世代が求めることは認められたいということ

スポンサーリンク

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s

苦しくても頑張る。頑張った結果認められる。と思うのが、これまでのサラリーマンの考え方でした。

しかし、最近では頑張ることをせず、認めてもらえないから辞めてしまうという人たちが増えています。

この考え方のギャップが、多くの企業人が持つ「ゆとり世代」への不信感に繋がっているのだと思います。

スポンサーリンク

 

「ゆとり世代」は結果だけでなくプロセスも誉められて育ってきた

baby-165067_500

「ゆとり世代」と我々の世代で根本的に違うことと言えば、育てられ方です。昔は父親が厳しく、母親も忙しくしていたので、親に誉められるということがほとんどありませんでした。

誉められるとすれば、勉強を頑張った結果、成績が良かった時や、部活を頑張った結果、大会などでいい成績を残したときなど、ほとんどが結果を残したときだけでした。

努力することは当たり前であり、努力は自分のためにしているのだから誉められることはない。というのが当時、多くの家庭での教育方針だったように思えます。

しかし、誉めて伸ばそうという子育て指南が広まり、一人っ子の家も増えてきたせいか、努力するという過程も誉める家庭が増えてきました。

すると、誉められて育ってきた若者たちは、誉められることが当たり前なので、努力していることを認めてもらえない会社や上司に対して不満を持つようになったのです。

 

誉めて伸ばした結果、指摘に対する耐性がない

water-358376_640

人は誰もが自分のことを認めてもらいたいものです。指摘をせず、誉めるだけであれば、相手に嫌われることもなく良い関係を保つことができるでしょう。

そのため、誉めて伸ばすという方法を誤解し、何でもかんでも誉めて済ませてしまい、どうやって怒ったらいいのかわからない親が多いのが現実です。

そうした結果、普段誉められるだけで指摘をされてこなかったことにより、他人からの指摘に対する耐性が弱まってしまった人が増えてしまいました。

すると、指摘する人は認めてくれない人。誉める人は認めてくれる人という誤った認識を持ってしまっているため、どんなに厳しく指導したところで、その言葉は届かないのです。

 

過程は誉めるのではなく感謝する

hand-226358_500

何でもかんでも誉めるというのは相手のためにならないということを理解しなければなりません。誉められたい人は結果が出なくても誉められたことに満足してしまうからです。

私は、部下や後輩に対して、努力や過程を認めるには誉めるよりも感謝することを心がけています。「頑張ってくれてありがとう。 」「努力してくれていることを感謝しているよ」そして感謝を伝えた後、こう話しています。

「指示したことを達成しようと努力していることは感謝している。でも過程は過程であり、それだけでは認められない。認めるのは結果が出てからだ。」

そして、少しでも結果が出た時には「よく頑張った!」と褒めるようにしています。

昔の上司にありがちなのは、少しの結果では満足せず、指示したことが100%できていなければ認めてくれないことです。それではモチベーションを維持するのは難しく、褒められて育ってきた世代はついてきてはくれません。

結果が足りなければ、褒めた後さらに結果が出るにはどうすればいいかと、アドバイスをしてあげればいいのです。そしてまた、過程を感謝して結果を褒めることを繰り返します。

認めてくれない人の言葉は届きませんが、少しでも認めてくれる人の言葉は素直に聞くことができます。人間関係がインセンティブになっているからです。

参考記事:仕事のやりがいを維持する5つのインセンティブとは

 

まとめ

人は他人から認められたいものです。特に今の若者は「ゆとり世代」かかわらず、その傾向が強い傾向にあります。

しかし、褒める側となる上司や先輩という立場の人たちは、褒めることは甘やかすことになると考える世代の人たちです。

どちらかが歩み寄って理解をしなければならないのであれば、私たち上の世代の人たちなのです。大きな器で、受け止めることができれば、きっと期待に応えてくれることでしょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

後悔しない転職活動をするために知っておくこと

転職活動をする際にポイントとなるのが転職の理由ではなく、どんな会社に働き、どんな業務をしたい

記事を読む

与えられた仕事と自分で生み出した仕事では仕事への気づきが違う

前回は、サラリーマンが恵まれていることをテーマとしましたが、今回は起業して良かったことについ

記事を読む

仕事をするのにいちいち上司の許可をとるよりも、失敗して謝罪した方がマシだ!

ネットを見ていたらnanapiの社長のブログにこんなことが書いてありました。 よく社内でい

記事を読む

新卒・転職問わず、就職先の会社規模は意外と重要

世の中、誰もが起業するわけではなく、大抵の人はどこかしらの会社で働きます。 そして、誰

記事を読む

出世に興味がないという人は自分の仕事だけしかしないと考えている人だ

最近、意外と多いのが、出世に興味がないという人たちです。 草食系男子が増えてきた影響か

記事を読む

パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」で!誤解を与えない指導の仕方

職場のパワーハラスメント(パワハラ)が近年社会問題となっています。 厚生労働省のデータ

記事を読む

人を動かすのに必要なのは理屈よりもコミュニケーションだ

仕事をするうえで、誰もが人の力を借りなければならないときがでてきます。 自分の能力だけ

記事を読む

「考動」「口動」「行動」成功者を作り出す3つの「コウドウ」とは!?

なかなか行動にうつせないというのは、誰もが経験があるのではないでしょうか。 しかしなが

記事を読む

横浜DeNAベイスターズ 中村紀洋選手の行動に見る部下と上司の関係

photo by 横浜DeNAベイスターズ 横浜DeNAベイスターズの中村紀洋選手がチ

記事を読む

コスト意識のない人間はサラリーマンでもフリーでも成功しない

私は、普段はサラリーマンをしながら、副業で会社を興して起業しているのですが、起業してみると、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑