出世に興味がないという人は自分の仕事だけしかしないと考えている人だ

公開日: ビジネスハック

スポンサーリンク

tree-338211_640

最近、意外と多いのが、出世に興味がないという人たちです。

草食系男子が増えてきた影響か、「サトリ世代」が増えてきた影響か分かりませんが、今の若い世代に多く見受けられます。

 

スポンサーリンク

 

出世するということは責任を負うということ

sad-219722_500

役職が上になればなるほど、背負う責任は大きくなります。取り扱う仕事の重要度も高くなりますが、それ以上に部下に対する責任も大きくなっていきます。

役職が上がればそれだけ部下も増えます。部下になる人間が多ければ多いほど、その部下たちに対する責任も取らなければなりません。

部下や部下の家族の人生を背負うと言ったら大袈裟かもしれませんが、上司からの評価が部下の生活を左右するのですから、部下の人生に影響を与えているというのも事実です。

 

出世に興味がないという人は責任を負いたくない人たち

cry-62326_500

出世をしたくないとか興味がないと言っている人たちとしては、そういった責任を負いたくないというのが理由だったりします。

もちろん、人間ですから誰もが「認められたい!」という欲はあります。しかし、「認められて嬉しい」という気持ちよりも「責任を負いたくない」という気持ちのほうが大きいため興味を失ってしまっているのです。

出世することに対するメリットが見いだせないために、目の前の上司のデメリットばかりが目立ち、そのような考えになってしまっているのではないでしょうか。

 

余計な責任を負わないとなると自分の仕事しかやらなくなる

computer-313840_500

今の若い世代は、我々の時代とは違い「給料がたくさんほしい」「いい車に乗りたい」「いい家に住みたい」という願望が少ないと言います。

そこそこの給料で、そこそこの暮らしが出来れば満足なので、余計な責任を負わされる出世には何も魅力を感じないのかもしれません。

すると、仕事も自分のテリトリーの仕事しかしなくなります。周りの人と協力して新しい仕事を生み出そうとか、たくさんの成果をあげようとするのではなく、与えられた仕事だけを無難にこなすことしかしなくなります。

結果、自分の仕事しかしなくなるのです。

 

出世しなければ自由な仕事はできない

girl-56683_500

しかし、出世をしないという選択をすることが本当に幸せなのでしょうか。

出世をしないということは、いつまでたっても上司の指示で仕事をしなければなりません。仕事を選ぶこともできず、やりたい仕事を任されるかどうかは運次第です。

また、そのうち年下が上司になることもあります。いつまでたっても出世できない人という印象を持たれてしまい、評価もされず嫌な仕事ばかり押しつけられるということもあるかもしれないのです。

 

まとめ

責任をとりたくない、楽なポジションでいたいという願望から出世を望まないかもしれませんが、結果としてそのようなポジションにいられるかどうかは分かりません。それもそのときの上司しだいとなってしまうからです。

出世したいと思って仕事をしても、出世できるとは限りませんが、それでも出世したいと思って仕事をする人と、しない人では仕事の取り組み方に差が出てきます。

出世する、しないは別として、前向きに仕事を取り組んでみませんか?周囲の人はその姿をきっと評価してくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

後悔しない転職活動をするために知っておくこと

転職活動をする際にポイントとなるのが転職の理由ではなく、どんな会社に働き、どんな業務をしたい

記事を読む

スティーブ・ジョブスの感動スピーチに学ぶ、未来の自分を助けるのは過去にどれだけ点を増やしたか

自分に迷ったり、行き詰ったとき、Apple 創業者のスティーブ・ジョブスがスタンフォード大学

記事を読む

人を動かすのに必要なのは理屈よりもコミュニケーションだ

仕事をするうえで、誰もが人の力を借りなければならないときがでてきます。 自分の能力だけ

記事を読む

金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか

今週発売されたPRESIDENTの特集は「金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか」で

記事を読む

新卒・転職問わず、就職先の会社規模は意外と重要

世の中、誰もが起業するわけではなく、大抵の人はどこかしらの会社で働きます。 そして、誰

記事を読む

会社員は恵まれている!?起業してから気づいたこと

フリーランスと違い、サラリーマンには仕事を教えてくれる上司や先輩、助けてくれる仲間、仕事を取

記事を読む

ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉7つ

最近では、正しい敬語が使えない人が多くなってきました。 自分では正しく使えているつもり

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

褒めると調子に乗る部下への対処法とは

部下への指導の仕方で、褒めて伸ばすということを、なかなか実践できないという人も多いそうです。

記事を読む

「忙しい」はただの言い訳、仕事ができる人は「忙しい」とは言わない

自分で仕事ができると勘違いしている人は、「忙しい」という言葉を頻繁に使います。さも、自分は仕

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑