謝れない人は成功しない!?謝れない人の特徴5つ

公開日: マインドハック

LIG86_yutorisedainikirerujyousi500

自分のミスや間違いを認めることができない人って結構いますよね。

いろいろな要因がありますが、どうやら小さい頃から誉められて育てられてきた人に多いようです。

そういった人は若い人に多いのですが、決して「ゆとり世代」に限ったわけではなく、20代後半~30代前半ぐらいの人にもいたりします。

スポンサーリンク

 

謝れない人の特徴5つ

girl-204326_500

プライドが高くミスを認めたくない

小さい頃から誉められてきたので、自分を過大評価している傾向にあります。

「自分がミスをするはずがない」という思いが強いので、「ミスをした」「間違えた」という結果を認めたくないし認めない、といった態度をとってしまいます。

責められたくない

誉められて育ってきたので、人から責められるようなことを経験してきていません。経験してきていないため、責められるとどうしたらいいのか対処できないのです。

すると、責められたくないという気持ちが強くなりミスや間違いを認めることができません。逆に「何故責められなければならないんだ」と逆上する場合もあります。

責任をとりたくない

ミスや間違いを認めることができない人は、自立していない人が多いです。

常に周りの人がなんとかしてくれていたため、自分で責任をとったことがなく、責任という言葉にひどく拒否反応を示します。

負けず嫌いである

ミスや間違いを認めることは相手に負けたと思ってしまいます。負けず嫌いなので、どんな状況になっても負けたくないという気持ちが強く、頑なにミスや間違いを認めることはしません。

論点を別のことにすり替え、最終的にはミスや間違いを無かったことにしようとすることもあります。

自己否定されたくない

プライドが高く、負けず嫌いで責められたくない人に共通するのが自己否定をされたくないということ。

正しいと思っていたことを間違っていると否定されるので、自分のすべてを否定されたと思い込み、頑なにそれを認めようとしません。

 

恥なのは「間違ったこと」ではなく「間違いを認めない」こと

girl-56683_500

間違いを認めない人は、間違えたことを恥だと思っている傾向にあります。そういう人たちには、間違ったことが恥なのではなく、間違いを認めないことが恥なんだということを教えなければなりません。

人は誰しもが何かを間違えながら生きていくものです。そこでどのような態度をとれるかが、その後の人生に大きく関わっていくということを理解させる必要があります。

そういった人は、他の人の話として伝えると意外と素直に受け入れることがあります。他人のことは冷静に分析することができるからです。謝らないことを直接指摘したりするよりも、効果的であることがあります。

また、謝罪しなければならない相手に「謝罪しろ」と言われても素直に聞けません。「謝罪すべき」というアドバイスをするときは、あなたが第三者の立場の時でなければ聞き入れてもらえないでしょう。

興奮状態の時に話してもムダなので、少し時間をおいて冷静になった時を見計らって話をするなど、アドバイスをするタイミングも大事なのです。

 

謝罪できない人は成功できない

sit-364978_500

謝罪ができないということは、自分のミスや間違いを修正するきっかけを失うことになります。ミスや間違いといった失敗は人を成長させるためのチャンスでもあるのです。

失敗を受け入れ、見直すことができる人は同じ過ちを繰り返さず、成長することができます。成功する人にすんなりと謝罪できる人たちが多いのもそういった理由からです。

謝罪できない人は、失敗をチャンスに変えることができないので、成長する機会を失ってしまうのです。失敗を認め、謝罪ができるようになるのも、成功するための秘訣といえるでしょう。

さて、あなたは謝ることができる人ですか?

それではまた、see you!

 

この記事を読まれた方には、こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

感謝の気持ちを忘れる人は幸せも忘れてしまう

人は、ありがとうと思ったときに幸せを感じることができます。物理的な欲求では得られない幸せです

記事を読む

「竜兵会」上島竜兵に見る新しいかたちのリーダー像

by ダチョウ倶楽部 オフィシャルブログ リーダーの資質というと、知識があり、リーダー

記事を読む

人を動かすのに必要なのは理屈よりもコミュニケーションだ

仕事をするうえで、誰もが人の力を借りなければならないときがでてきます。 自分の能力だけ

記事を読む

新しいことを始めるときに必要なのは、お金や経験ではなく勇気

新しいことを始めるのはなかなか難しいものです。何か新しいことを始めるにはお金も必要ですし、も

記事を読む

頑張らなければ続かない人は頑張らない方法を探した方がいい

#100日チャレンジをきっかけに、腹筋を始めたのですが、三日坊主で終わるどころか結構続いちゃ

記事を読む

人の話を「聞く」のに大事なことは「深く聞く」ということ

人の話を聞くことが得意な人は、信頼を得やすいという特徴があります。 というのも、人は話

記事を読む

世の中ムダなことなどない、むしろムダなことから新しいものが生まれる

無駄なことをしないというのは確かに論理的であり、目的へ向かう最短距離だったりします。有名なト

記事を読む

毎日続けるためのコツ3つ

何かを続けようとしてもなかなか続けられない人というのは多いですよね。勉強、運動、ダイエットな

記事を読む

自立するという意味は依存から卒業するということではない

最近、どういう人が大人な人間かを考えていた時、一番初めに思いついたのが自立している人であると

記事を読む

知らないのはみんな一緒、むしろ知ろうとせず調べないことが罪である

今の時代、だいたい一家に一台はPCがあります。そのため、分からないことがあってもネットでしら

記事を読む

Comment

  1. 後藤田正治 より:

    謝らない企業に上場企業が多い。コンブラのプレッシャーのなか、告白できない社風があるのでしょう。
    本気でWinWinの関係があると思い込み、逆に客に謝罪を求めてくる始末。相手の執行役員が青く見えてならない。付き合うこちらが疲弊する。
    彼らはどんなキャリアを積んできたのだろう。
    自然と口元がゆるむ(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑