「新ナニワ金融道」には学ぶべきお金の話が詰まっていた

公開日: お金

スポンサーリンク

oosaka

先週末に放送していた、「新ナニワ金融道」というドラマを観ました。SMAPの中居くんが主演している人気シリーズです。

これまでは何気なしに、ただのドラマとして観ていたのですが、お金の勉強を始めてから観てみると、実はタメになる話だったことに気がつきました。

 

スポンサーリンク

 

借金をする人の体質は慣れからくるもの

international-debit-card-388996_500

多くの人は、小さい頃から借金をしてはダメだ!と教えられてきました。ですから、借金をしたことがない人にとって、初めて借金をする時には非常に罪悪感があります。

しかし、様々な理由でお金が必要になってくると、仕方なく借金をしなければならないことがあります。最初は罪悪感があるので、できるだけ少ない金額にしようとか、早く返済しようという気持ちがありますが、繰り返し借金をすると、その罪悪感がなくなっていきます。

最初は親、兄弟。次に友人、知人、とまずは身近な人から無利子無担保でお金を借りようとします。そして、そこで借りれなくなると、次はクレジットカードのキャッシングを利用します。

このクレジットカードのキャッシングというのが厄介なんです。

ア◯ムやアイ◯ルなどの消費者金融から借金をすることに抵抗がある人も、サイフに入っているカードを使い、銀行やコンビニのATMでお金が借りれてしまうのですから、借金をするハードルとしては低くなってしまいます。

すると、いつの間にか自分の貯金を引き落とすように、限度額いっぱいまでお金を借りるようになっていきます。そして、限度額によってお金が借りれなくなると、消費者金融に走り、それでも足りなくなると、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという裏ワザを使うようになってしまうのです。

こうして、ありとあらゆる方法を使って、どんどんと借金を膨らませていくことになります。

最初は罪悪感がありながら仕方なくしてしまった借金が、いつの間にか気軽に借金をするようになってしまうのです。

 

契約書を読まない

keiyakusyo

ドラマの中で出てきたのが、契約書を読まないでサインをしたことによってピンチに陥るという事。実際、契約書の中身がよく分からず、なんとなくでサインをしてしまっている人も多いのではないでしょうか。

ドラマでは、あきらかに契約者が不利になる内容だったので、契約に問題ありとして反故に出来る可能性はあります。契約者に不利となる項目については内容を説明する義務がありますので、サインをしたからといって、全て騙されてしまうわけではありません。

しかしながら、現実で騙そうとする人にとっては、そんなことは百も承知です。分からないようにうまく説明し、契約者が不利だと一概には言えないような内容にする場合もあります。

そうすると、サインをしてしまったという事実はあるわけですから、裁判をしたとしても負ける可能性はあるということです。

契約書を読まない人が言うのは、「難しくてよく分からない」「相手を信用しているから大丈夫」といった理由が多いようです。でもちょっと待ってください、本当にそれでいいんですか?

大事なことを分かろうともせず、他人に委ねるなんて明らかにおかしいですよね?また、いい人だから信じてると簡単に信用しますが、相手はうまく騙そうとしているんですよ?

それこそ、いい人の振りをして信用させることなんて簡単です。少し優しくされたり助けてもらっただけで信用するなんて、騙されるべくして騙されたとしか言いようがないですよね。

 

共通するのはお金の知識がないこと

fall-163496_500

これらのことは、実際つい最近まで自分も経験してきたことです。軽い気持ちで借りた、たった10万円の借金から、いつの間にか何度もキャッシングを繰り返し、気がついたら150万まで増えていた時期かありました。

さすがに消費者金融からは借金をしませんでしたが、返しては借りてを繰り返していたので、全額返済するのに5年以上かかってしまいました。

また、自分は騙されるはずがないと根拠のない自信から、ほとんど契約書に目も通さずにサインをするなんてこともしばしば。幸い、騙されるようなことはありませんでしたが、それでもいつ騙されてもおかしくない状況でした。

「淀越しの金は持たない!」などと、東京生まれでもないくせに江戸っ子みたいなことを言い、今が楽しければいいと、将来のことを考えないようにしていたのは、お金に対する知識が全くなかったからだと思います。

いろいろとお金について学んでみると、堕落した人生を歩んできた理由が分かったような気がしました。

 

まとめ

お金に関するドラマって意外と多いんですよね。最近では同じSMAPの草濶くんが主演する「銭の戦闘」というドラマがやっています。

昨年は、「極悪がんぼ」というドラマが月9でやっていましたし、「闇金ウシジマくん」も人気でした。

それでも、他人事のように観てしまっているうちは何も得るものもありません。自分で何かに気づくしかないんですよね。

ただの娯楽とするか、そこから何かを学ぶか。全ては自分次第だということです。

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

ドラマやマンガなどに出てくるお金持ちって、なんで悪者扱いされてるの?

日本人はお金に対する知識、いわゆるマネーリテラシーが低いと言われています。特に、世の中のお金

記事を読む

ピケティ来日で話題沸騰の「21世紀の資本」とは?その内容をまとめてみた

世界中で大ベストセラーとなっている「21世紀の資本」の著者で、フランスの経済学者トマ・ピケテ

記事を読む

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄に使いまくり、挙げ句にはクレジ

記事を読む

ただ貯金をしているだけではダメ!貯金をするなら「使う貯金」と「増やす貯金」で分ける

貯金してますか!? 若い頃からお金の管理が全くできなかった私は、本当に貯金が苦手でした

記事を読む

【書評】「株2年生の教科書」で投資初心者からステップアップする

  投資信託や個別銘柄などに投資をするようになりましたが、まだまだ投資に関す

記事を読む

あなたは大丈夫!?世の中にあふれる無料という名の落とし穴

便利な世の中になった昨今、世間には無料のものがあふれています。 わざわざお金をかけなく

記事を読む

【初めての株主総会】DeNA(2432)株主総会 2015に行ったらお土産を貰ってきた

今年になって、いろいろと投資の勉強を始め、DeNA株を購入し、晴れてDeNAの株主となりまし

記事を読む

お金を増やすために、まずは自分のお金の使い方と向き合い欲求をコントロールする

独身時代の自分を反省し、お金について勉強をしているのですが、そのほとんどが、収入を増やす方法や、

記事を読む

【書評】「金持ち父さん貧乏父さん」が教えてくれたのはマネーリテラシーの大切さだった

今年の目標に、できるだけ多くの本を読むことをあげました。その中で、今までちゃんと気にしたこと

記事を読む

【書評】「せめて25歳で知りたかった投資の授業」は投資初心者必読の入門書だった

私が好きなマンガに、「インベスターZ」という投資マンガがあります。 その、「インベスタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

自分の価値は何?本当に価値があるのは相手に価値を与えられる人

  人間の価値って何だと思いますか? 容

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑