「ゆとり世代」はなぜ叩かれるのか!?

公開日: マインドハック

スポンサーリンク

person-371015_500

先日の某TV番組で、「ゆとり世代は日本を救うのか!?」というテーマを取り上げていました。

しかし、テーマとは裏腹に、その内容は「団塊世代」のコメンテーターが「ゆとり世代」を一方的に叩くというような悪意があるとしか思えない内容でした。

 

スポンサーリンク

 

「ゆとり世代」がすぐにネットに頼るのはダメなのか!?

c778c9458c4c88bb7376c3fb00fa7297_s

まず、出てきた話題は、「若い世代は何でもかんでもネットで調べて自分では考えない」という指摘でした。それに対して「ゆとり世代」の若者は、「自分で調べろと教えられてきたのに調べたらネットに頼ると言われるのはおかしい」と反論します。

「団塊世代」のコメンテーターは、ネットで調べただけで終わりにしてしまうのが問題だとさらに反論しました。

このことで思ったことは、何かを調べるのに、新聞を読んだり、本で調べるという今まで団塊の世代たちがしてきた方法が正しいとし、便利なネットを否定するというのは、時代の流れに乗れない愚かな人間の発想だと言わざるおえないということです。

 

ネットによって、知りたいことへショートカットできる

away-352280_500

無駄な時間がネットによって短縮できるのですから、それのどこが悪いのかと言いたくなります。得た情報に対して、それ以上考えないというのは人それぞれであり、それは「ゆとり世代」に限った話ではありません。

むしろ、「団塊世代」などは、得られる情報源が限られた環境しかなかったため、新聞やTVで得た情報だけで物事を判断するしかありませんでした。そのため、いろいろな考えが思いつかず、「仕事とはこういうものだ」というような偏った考えだけしか出てこないのです。

逆に「ゆとり世代」はネットによって様々な立場の人の考えや生き方を知ることができるので、多種多様な考えを持つことができるのです。

どちらが正しいとは一概には言えません。しかし、これからの時代、どちらが幸せになるかといったら、間違いなく「ゆとり世代」の生き方のほうが幸せになると言えます。

 

団塊世代とゆとり世代の考え方は何故違う!?

steinbach-56641_500

そもそも、「団塊世代」と「ゆとり世代」では学校教育の方針が違うのですから、考え方が違うのは当たり前です。

「団塊世代」は、会社の歯車になるように個性を否定して、画一的な人間を作ろうとしていたのに対して、「ゆとり世代」は個性を尊重して多種多様な人間を作ろうとしました。

根本的な考えが180度違うにもかかわらず、自分たちの考えが正しいとする「団塊世代」がおかしいのです。

 

ゆとり世代と上手に付き合う方法

brother-314113_500

根本的な考えが違うのであれば、相手の考えを理解しようとすればいいのです。同じ日本人なのにこのような問題が起こるのであれば、根本的な考えが異なる海外の人たちとは仕事ができないということになります。

それでは、グローバル化の進む世の中の流れに乗り遅れ、ビジネスチャンスを失うことになってしまうでしょう。

自分の常識が全てだという考えを捨て、相手を理解するためにコミュニケーションを重視すれば、世代は違えど、きっと上手くいくのです。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

イラッする前に行間を読み取ろう!!本当に言いたいことがわかるはずだ。

世の中には言葉や文章が溢れています。インタビュー記事やブログにコラム。インターネット上でもさ

記事を読む

面倒くさいと考てしまう5つの心理とは

  何かをしなければいけないのに、したくない理由のひとつとしてあるのが、「面

記事を読む

責任転嫁してもしょうがない!他人のせいだろうが自分のせいだろうが目の前の事実には変わらない

自分に非がなく、理不尽な理由で不利な状況に追い込まれることってありますよね。 特に仕事

記事を読む

ドラマ「官僚たちの夏」を観ていて気づいた間違った信念の貫き方とは

お正月休みは、かなりのんびり過ごしていて、普段は観ないテレビを観ていたりしました。 そ

記事を読む

明日やろうはバカ野郎!!行動できない人の7つの特徴

「明日やろうはバカ野郎!」という言葉をご存知ですか? 昔やっていた、「プロポーズ大作戦

記事を読む

ライスワーク・ライクワーク・ライスワーク、あなたの仕事はどの「ワーク」!?「たぬきと男の物語」から学ぶ3つの「ワーク」

仕事、私事、死事、志事という言葉があるという事を以前お話ししました。 『仕事』を『志事

記事を読む

誰のせいでもない今の自分は過去の自分が作り出したもの。

現在の状況を愚痴る人がたくさんいます。職場での待遇や自身の評価の低さなど。愚痴る内容は誰もが

記事を読む

怒られるのはありがたいこと!人は怒られたくないから行動する

自分の意思で、何かを始められる人は放っておいても成長することができます。現状に満足せず次のス

記事を読む

努力とは才能を開花させるための手段

運動ができる、勉強ができる。持っている才能は人それぞれです。 しかし、才能だけでなんで

記事を読む

もう怖くない!プレッシャーを克服する方法4つ

「あなたはプレッシャーを感じたことはありますか?」そう質問して「プレッシャーを感じたことはあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑