もう怒らない!怒らないためのコツとは

公開日: マインドハック

スポンサーリンク

punch-316605_500

会社や家庭に関わらず、人と接点を持つということは少なからずストレスを抱えるものです。自分の思った通りにならず、イライラしたり、怒ったりしてしまうこともあるでしょう。

しかし、驚くことに、怒るというメカニズムを考えると、怒る原因は自分自身にあったりするのです。

スポンサーリンク

 

怒る原因

cry-62326_500

怒る原因の一番の理由は、相手の力量を把握していないことにあります。相手の力量を把握していないために、過大評価して期待してしまっているのです。

相手に対して、これぐらいできるだろうと考えてしまうのが一番の問題です。相手のことをしっかり見極める前に期待をしてしまうので勝手に過大評価をしてしまうのです。

相手に対して期待が大きければ大きいほど、それに答えてくれないことに対して落胆し、やがて怒りへと変わってしまうのです。

 

相手は自分が思った通りには動いてくれないもの

emotions-371238_640

怒りは相手の行動が自分の思った通りにならないときに沸き起こることが多いものです。しかし、他人はあなたの望むような行動をとってくれません。

であれば、思った通りにならないことも想定しておけば、無駄に怒ることもなくなるのです。

他人によって怒らされてると思うかもしれませんが、考え方を変えてみましょう。どんなに相手の行動が影響しているとしても、怒るということを決めるのは自分です。

決して他人が怒ってくださいとお願いしているわけではありません。ということは、怒らないということを決めるのも自分だということなのです。

 

怒らないためのコツ

baby-165067_500

少し強引な方法ですが、相手が自分よりもずっと下の立場の人間だと思うと怒りはなくなります。

余裕がある大人は、赤ちゃんがする些細なことに対して怒ったりしません。それは、赤ちゃんが自分よりもずっと劣っている相手だという認識があるからです。

セレブな大人が、若い愛人のわがままを怒りもせずに聞き入れてあげるのも、同じ土俵に立っておらず、余裕があるからです。相手と同じ土俵に上がって、対等か少しくらいの立場の差のつもりで相手をするから期待してしまうのです。

こちらが期待したこともできないほど未熟な人間なのだから怒ってもしょうがないと割りきれば、怒るという選択肢をなくすことができます。そして、未熟な相手でもわかりやすいように丁寧に教えてあげればいいのです。

 

ただし、相手を侮辱していいわけではない

85de43073a37c13d3a98abab43d36eee

気を付けなければならないのは、決して相手をバカにしたり侮辱したりしてはいけないということです。

子供や赤ちゃんに対して、わざわざバカにしたり侮辱したりしますか?年上に対して敬った対応ができなかったり、敬語が使えなくても怒ったりしませんよね。

わざわざ「自分の方が立場が上だから言うことを聞け」というような態度をとるのは愚かな人間のすることです。自分が怒らなくても相手に不快な思いをさせては意味がありません。

怒らないためだけでなく、相手との関係を築くためにも、余裕のある行動をとることが大切なのです。

 

まとめ

いかがですか、かなり強引な方法で実行するのはなかなか難しい方法かもしれませんが、相手の行動に左右されず怒りをコントロールすることができます。

怒るというのは、かなりの労力を使います。怒った後、怒りを抑えるのにも時間がかかり、嫌な気分が続きます。

出来る限り怒らずに済むために、自分の感情をコントロールできるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

問題解決のコツは、「空・雨・傘」で考える

仕事だけの話に限りませんが、問題を解決するには、物事を論理的に考えることが必要です。

記事を読む

好きなことをしているなら人からの評価は気にしなくていい

  ブログを書いていて、PVが気になったり、コメントやシェアされた数、はてブ

記事を読む

なぜ正論を言う人は嫌われるのか!?

正論って、なぜ伝わらないのでしょうか。正論とは正しいことであり、それが通るのが本来の姿である

記事を読む

ミラーニューロンがあなたに幸せをもたらしてくれる

ミラーニューロンというものをご存知でしょうか。周りの人の感情が移るのがミラーニューロンです。

記事を読む

自立とは自らの足で立ち、そして歩くことである。

人として自立していない人間は責任を取ることをしません。 責任を取らないので責任を指摘さ

記事を読む

主体的であるということは自分の人生に責任をもつこと

頑張るのも自分、諦めるのも自分。自分の人生において責任をとるのは常に自分です。 人のせ

記事を読む

誰もあなたのことを見てはいない!だから他人の目から自由になろう

死ぬ前に後悔したくない20のことの中で、以下のような言葉がありました。 他人は自分が思うほ

記事を読む

アウトプットを面倒だという人は、これからも金持ちに搾取される側でいるだけ

世の中、大半の人は何もアウトプットせず、ただ毎日消費を繰り返すだけです。 それは、自分

記事を読む

新しい自分を見つける20の方法

現状に満足していなかったり、変化を求めようとしても、どうしたら新しい自分を見つけることができ

記事を読む

ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコメントをいただきました。 他

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑