【スーパープレゼンテーション】聴衆を魅了するTED流プレゼンテーションテクニックを紹介!

公開日: ビジネスハック

presentation

世界的プレゼンテーションイベントのTEDをご存知でしょうか。YouTubeなどで探せば、たくさんのプレゼンテーションが出てきますが、そこには、様々なプレゼンテーションのテクニックが使われています。

NHK Eテレで毎週放送されている「スーパープレゼンテーション」という番組で、毎回TEDのプレゼンを観ることができるのですが、ずいぶん前に、そんなプレゼンテーションのテクニックを紹介しした回があったのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

プレゼンテーションの技 その1

「self」「us」「now」

政治家などでよく使われるプレゼンテーションの技なのですが、あのオバマ大統領もスピーチで取り入れている手法です。

「self」まずは自分の体験を伝え、「us」相手の共感を誘います。それを元に「now」行動を促します。

例えば、名門ハーバード大学の教授であり、法律学者のローレンス・レッシングが語った『アメリカの政治と金の問題をなくすための法律を変えよう』と提案するプレゼンテーションでもこの手法が使われていました。

私は6歳の息子のことを思った。で、医者がこう言うのを想像した。「息子さんは脳腫瘍の末期で打つ手がありません」。もし言われたら、私は何もしないのか?諦めて、代わりにグーグルグラスでも開発する?いいえ、できることは何でもします。なぜなら、それが愛だから。
皆さんには、その愛がありますか?
私たちは共和国を失った。皆で力を合わせて取り戻さないといけません。

このプレゼンテーションでも、「self」「us」「now」が使われています。

「self」自分の子供への愛について話し、「us」愛があれば皆さんも同じように行動するでしょ?と呼びかけ、「now」最後に、この国でも同じようなことが起きてるんですよ?だったら行動しませんか?と訴えかけています。

すると、聴く側も、話している内容を想像しやすく、理解しやすくなります。理解しやすくなるので、何をしなければならないのかということが、すんなりと入ってくるようになります。

 

プレゼンテーションの技 その2

「観客を参加させる」「ボディランゲージ」「小道具」

どんなに素晴らしいプレゼンテーションをしようとしても、観ている人が自分に注目して聴く準備ができていなければ、聴いている人に伝わるプレゼンテーションをすることはできません。

そこで、様々な方法でプレゼンテーターである自分に注目してもらう必要があります。

注目してもらうための手法として、次の3つの手法があります。一つは「観客を参加させる」。二つ目は「ボディランゲージをつける」。最後に「小道具を使う」です。

まず、「観客を参加させる」ですが、これは会社での研修や、学校の授業でもよく使われるテクニックです。

一方的に喋り、聴く人も一方的に聴くだけでは、どこか他人事に聴こえてしまい、飽きてきてしまいます。聴いている人に質問して答えてもらったり、キーワードを繰り返させたりすることによって、聴いている人を発表に参加させ、自分のことのように聴かせることができるテクニックです。

そして、「ボディランゲージ」や「小道具」を使って、聴衆の視線や意識を引きつけることにより、プレゼンテーションに集中してもらう効果があります。

 

プレゼンテーションの技 その3

「emotion(感情)」

喋っている人達の気持ちが観ている人達に伝わると、観ている人達も同じ気持ちになるという効果が、脳にはあります。

発表者が、その時の自分の気持ちや感情を上手に表現することによって、観ている人たちも、その時の体験に参加したような気持ちになることができます。

そして、参加することによって、このプレゼンテーションのインパクトが高まってすごく効果的になるというテクニックです。

感情を表す方法はいろいろあります。「ゆっくりと喋る」「話す声に抑揚をつける」「ボディランゲージをつける」「話しの間を開ける」などなど。

声に抑揚がなく、早口で感情がない言葉は、人の耳には入ってきません。人は、耳だけでなく、目と耳と、心で人の話を聞くからです。なので、そうした目や心に訴えかけるプレゼンテーションが、相手に伝わりやすいプレゼンテーションとなります。

 

まとめ

いかがでしたか。プレゼンテーションといっても、必ずしも大観衆の前での発表とは限りません。会議での発言、友人との会話、顧客の前での営業活動など、発表会だけでなく様々な場面で活用することができます。

これらのテクニックを使うことにより、あなたの主張に説得力が生まれ、自分の意見が相手に伝わりやすくなるのです。

もしも、話すことがなかなか相手に伝わりにくいと思っているならば、これらのテクニックを試してみてはいかがでしょうか。

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

「考動」「口動」「行動」成功者を作り出す3つの「コウドウ」とは!?

なかなか行動にうつせないというのは、誰もが経験があるのではないでしょうか。 しかしなが

記事を読む

従業員の多様性を活かす!大手企業が推進しているダイバーシティとは?

ダイバーシティという言葉をご存知でしょうか。昨今、大手企業において推進されているダイバーシテ

記事を読む

褒めると調子に乗る部下への対処法とは

部下への指導の仕方で、褒めて伸ばすということを、なかなか実践できないという人も多いそうです。

記事を読む

上司や先輩に媚びなくても期待される「かわいがられ力」とは

6月に入りもうすぐ2週間が経とうとしています。企業では、新入社員研修が終わり、各部署に配属さ

記事を読む

独立・起業に向いている人と向いていない人の違い

誰もが独立して起業することは可能です。最近では、人に雇われて働くのが向いていないからと、会社

記事を読む

スティーブ・ジョブスの感動スピーチに学ぶ、未来の自分を助けるのは過去にどれだけ点を増やしたか

自分に迷ったり、行き詰ったとき、Apple 創業者のスティーブ・ジョブスがスタンフォード大学

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

与えられた仕事と自分で生み出した仕事では仕事への気づきが違う

前回は、サラリーマンが恵まれていることをテーマとしましたが、今回は起業して良かったことについ

記事を読む

パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」で!誤解を与えない指導の仕方

職場のパワーハラスメント(パワハラ)が近年社会問題となっています。 厚生労働省のデータ

記事を読む

上司も部下にするべき!?「報・連・相」が必要なのは部下や後輩だけじゃない

社会人なら誰もが知っていて当然の「報告」「連絡」「相談」の「報・連・相」。 これができ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑