「忙しい」はただの言い訳、仕事ができる人は「忙しい」とは言わない

公開日: ビジネスハック

スポンサーリンク

tie-349439_500

自分で仕事ができると勘違いしている人は、「忙しい」という言葉を頻繁に使います。さも、自分は仕事ができてたくさんの仕事が回ってくるから大変だ!ということをアピールしているかのようです。

しかしながら、本当に仕事ができる人は「忙しい」という言葉を使いません。「忙しい」という言葉を使う人と使わない人。この違いはどこからくるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

余裕がなく仕事をする人はチャンスを逃す

workshop-66823_500

上司から見て、毎日忙しそうにバタバタと仕事をしている人には新しい仕事を頼みづらいところがあります。

なにか仕事を頼もうとしても、「こんなに忙しいのに無理です」と言われてしまうと、次から仕事を振ろうとは思わなくなってしまいます。

するとどうなるか。あなたが「面白そう」「やりたい」と思うような仕事も任せてもらえなくなってしまうのです。

たとえ「忙しいので無理」というようなことを言わなかったとしても、上司はあなたの仕事ぶりを見ていますから、余裕がない仕事ぶりではやはり仕事は頼みづらいと思われてしまうでしょう。

白鳥が水面下では脚をバタバタさせて必死に泳いでいるのと同じように、どんなに忙しくても余裕があるかのように立ち振る舞うことが大事です。

仕事ができるエリートサラリーマンが余裕がなく必死に仕事をしているイメージがありますか?どちらかといえば、スマートに仕事をこなしている印象があると思います。

どんな仕事でも余裕をみせながらスマートに仕事をこなしていれば、自分がやりたい仕事も自然に回ってきますし、回ってこなかったとしても、自分からやりたいと言えば上司はきっと認めてくれることでしょう。

 

「忙しい」という人ほど本当は忙しくない

stress-111426_500

「頼み事は忙しい人にしろ」という言葉があります。中途半端に忙しいと思っている人に頼み事をすると、あっさり「忙しいから無理」と断られてしまいます。

しかし、本当に忙しい人というのは、頼まれごとを後回しにすると、いつまでたっても片付かないことを知っているので、納期に間に合わせてすぐにやってくれます。

暇な人は、いつでもできると思っているので、興味を持つまでなかなか手をつけようとしません。また、忙しいと思っている人は、時間管理が下手なので頼まれた仕事を処理することができません。

忙しい人は、時間管理がうまいので、他の仕事の合間に手を付けて処理することができるのです。

 

「忙しい」と言うのは断る口実

b82cafed0f69358b9debde92f5b1f761_s

「忙しい」という理由は、頼みごとを断る口実としては非常に便利な言葉です。興味がないことや、興味がない人からの誘いに対して、「興味がないから断る」とは言えないものです。そこで、「忙しい」という理由をつけて断っているのです。

例えば、異性からデートの誘いを受けたとします。その相手に興味がある場合、どんなに忙しくても時間の都合をつけてデートをしようとします。今週がダメでも、別の日を代替え案として提案することでしょう。

仕事でも、どんなに忙しい状況だとしても、今まで自分がやりたいと思っていた仕事を担当するチャンスがあれば、なんとしてもそのチャンスをつかもうとするはずです。

つまり、「忙しい」という言葉は、興味がないという言葉と同意語なのです。

 

まとめ

忙しい人というのは、忙しいのが当たり前なので、いちいち口に出すことがありません。口に出したところで忙しさが解消されるわけではないことを知っているからです。

忙しいという漢字は、「心」を「亡くす」と書きます。「忙しい」と口にすればするほど、心を亡くしていくのです。本当に忙しい人は、心を亡くさないためにも心に余裕を持ち、忙しいということを認めないでしょう。

つい「忙しい、忙しい」と言ってしまう人は、まずは「忙しい」という言葉の呪縛から解放されてみましょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

「無理」とか「出来ない」と言うのは一番楽な逃げ道である

私は、普段はサラリーマンとして企業で働いて、それとは別に副業として起業しているのですが、どち

記事を読む

自己管理ができない人間は独立や起業に向いていない

自己管理ができない人っていますよね。自分で目標を立てることができず、計画的に何かを進めること

記事を読む

新卒で入れなくてもリベンジ転職!今こそ憧れの会社へ転職を

新卒の就職活動ってかなり大変ですよね。景気が回復したとは言え、バブル期のような売り手市場には

記事を読む

従業員の多様性を活かす!大手企業が推進しているダイバーシティとは?

ダイバーシティという言葉をご存知でしょうか。昨今、大手企業において推進されているダイバーシテ

記事を読む

仕事をするのにいちいち上司の許可をとるよりも、失敗して謝罪した方がマシだ!

ネットを見ていたらnanapiの社長のブログにこんなことが書いてありました。 よく社内でい

記事を読む

褒めると調子に乗る部下への対処法とは

部下への指導の仕方で、褒めて伸ばすということを、なかなか実践できないという人も多いそうです。

記事を読む

ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉7つ

最近では、正しい敬語が使えない人が多くなってきました。 自分では正しく使えているつもり

記事を読む

あなたは大丈夫?部下に嫌われる上司の特徴5つ

自分の部下と上手く関係を築けず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。なぜ嫌われてしまうの

記事を読む

「考動」「口動」「行動」成功者を作り出す3つの「コウドウ」とは!?

なかなか行動にうつせないというのは、誰もが経験があるのではないでしょうか。 しかしなが

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑