Koyama Log -コヤマログ-

ビジネスハックやマインドハックを学んでサラリーマン脳からビジネス脳へ変換する

「忙しい」はただの言い訳、仕事ができる人は「忙しい」とは言わない

      2014/06/16

スポンサーリンク

tie-349439_500

自分で仕事ができると勘違いしている人は、「忙しい」という言葉を頻繁に使います。さも、自分は仕事ができてたくさんの仕事が回ってくるから大変だ!ということをアピールしているかのようです。

しかしながら、本当に仕事ができる人は「忙しい」という言葉を使いません。「忙しい」という言葉を使う人と使わない人。この違いはどこからくるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

余裕がなく仕事をする人はチャンスを逃す

workshop-66823_500

上司から見て、毎日忙しそうにバタバタと仕事をしている人には新しい仕事を頼みづらいところがあります。

なにか仕事を頼もうとしても、「こんなに忙しいのに無理です」と言われてしまうと、次から仕事を振ろうとは思わなくなってしまいます。

するとどうなるか。あなたが「面白そう」「やりたい」と思うような仕事も任せてもらえなくなってしまうのです。

たとえ「忙しいので無理」というようなことを言わなかったとしても、上司はあなたの仕事ぶりを見ていますから、余裕がない仕事ぶりではやはり仕事は頼みづらいと思われてしまうでしょう。

白鳥が水面下では脚をバタバタさせて必死に泳いでいるのと同じように、どんなに忙しくても余裕があるかのように立ち振る舞うことが大事です。

仕事ができるエリートサラリーマンが余裕がなく必死に仕事をしているイメージがありますか?どちらかといえば、スマートに仕事をこなしている印象があると思います。

どんな仕事でも余裕をみせながらスマートに仕事をこなしていれば、自分がやりたい仕事も自然に回ってきますし、回ってこなかったとしても、自分からやりたいと言えば上司はきっと認めてくれることでしょう。

 

「忙しい」という人ほど本当は忙しくない

stress-111426_500

「頼み事は忙しい人にしろ」という言葉があります。中途半端に忙しいと思っている人に頼み事をすると、あっさり「忙しいから無理」と断られてしまいます。

しかし、本当に忙しい人というのは、頼まれごとを後回しにすると、いつまでたっても片付かないことを知っているので、納期に間に合わせてすぐにやってくれます。

暇な人は、いつでもできると思っているので、興味を持つまでなかなか手をつけようとしません。また、忙しいと思っている人は、時間管理が下手なので頼まれた仕事を処理することができません。

忙しい人は、時間管理がうまいので、他の仕事の合間に手を付けて処理することができるのです。

 

「忙しい」と言うのは断る口実

b82cafed0f69358b9debde92f5b1f761_s

「忙しい」という理由は、頼みごとを断る口実としては非常に便利な言葉です。興味がないことや、興味がない人からの誘いに対して、「興味がないから断る」とは言えないものです。そこで、「忙しい」という理由をつけて断っているのです。

例えば、異性からデートの誘いを受けたとします。その相手に興味がある場合、どんなに忙しくても時間の都合をつけてデートをしようとします。今週がダメでも、別の日を代替え案として提案することでしょう。

仕事でも、どんなに忙しい状況だとしても、今まで自分がやりたいと思っていた仕事を担当するチャンスがあれば、なんとしてもそのチャンスをつかもうとするはずです。

つまり、「忙しい」という言葉は、興味がないという言葉と同意語なのです。

 

まとめ

忙しい人というのは、忙しいのが当たり前なので、いちいち口に出すことがありません。口に出したところで忙しさが解消されるわけではないことを知っているからです。

忙しいという漢字は、「心」を「亡くす」と書きます。「忙しい」と口にすればするほど、心を亡くしていくのです。本当に忙しい人は、心を亡くさないためにも心に余裕を持ち、忙しいということを認めないでしょう。

つい「忙しい、忙しい」と言ってしまう人は、まずは「忙しい」という言葉の呪縛から解放されてみましょう。

 

 - ビジネスハック