自分の常識が世間の常識とは限らない

94ad9aab1e0645ca8e101969b722b214_s

相手とのコミュニケーションがうまくいっていない状況を分析すると、どちらかの言い分で出てくる「普通は…」とか「常識的に…」という言葉。

自分の考えが世間的な一般論で、大多数の力を借りて自分の考えが正しいということを証明したいのかもしれませんが、ちょっと待ってください。

その考えは本当に「普通」であり、「常識」なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

そもそもそれは本当に「普通」「常識」なの?

sit-364978_500

「普通」とか「常識」というのは、それまでの生活してきた環境に影響されるところがあります。日本の常識が世界の非常識であるというのはよくある話で、日本でも地域性によって「普通」「常識」は変わってきます。

同じように、育ってきた環境が違えば家庭の常識が世間の非常識であることもあり、そういった点では会社毎に「普通」や「常識」が違ったり、同じ会社でも事業所や所属する課が違えば、やはり「普通」や「常識」が変わる場合があります。

つまり、自分の考えている「普通」や「常識」が相手も同じ限らないので、それが「当たり前」という考えでは相手には伝わらないのです。

 

仕事ができない人ほど伝達不足を「普通」や「常識」という言葉で誤魔化す

group-366355_500

仕事ができる人というのは、「感じる力」を持っているので、もしかしたらこれでは伝わらないかもということに気づくことができます。それは、相手をよく知る努力をしているからこそ力量を把握することができるのです。

逆に仕事ができない人は自分の仕事で精一杯なので、相手のことを気にかける余裕がありません。よって、自分が「当たり前」と思っていることは相手も知っていて当然と思っているので、あえて伝える必要はないと判断します。

ひどい場合、自分で精一杯になってしまし、伝えなければならないことすらも忘れてしまうことがあります。

そして、「普通」「常識」という大多数の意見であるという力を借りて自分の意見を正当化し、伝わらなかった責任を相手に押しつけてしまうのです。

 

まとめ

「普通」「常識」という言葉は、意識や知識の共有化ができている関係で、はじめて成り立つ言葉です。お互いの意思疎通ができていないのに、暗黙のルールが成り立つ関係ができあがるわけがありません。

そういった状況を無視してしまっては、コミュニケーション不足によるトラブルはいっこうに減らすことはできないでしょう。

共有化できていないことを責任転嫁するのではなく、お互いに言葉が少なくても考えが通じる関係を構築していくことが大切なのです。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

アウトプットを続けている人の特徴3つ

自分を磨き上げるためにはアウトプットを続けるしかない!なんて言葉を聞いたことがあります。しか

記事を読む

信念を貫くのは何のため!?信念を持ち過ぎると自分の首を絞めることもある

自分の中に、譲れない信念があったりしますか? ブレない信念を持つことが正しいとことされ

記事を読む

承認欲求、若い世代が求めることは認められたいということ

苦しくても頑張る。頑張った結果認められる。と思うのが、これまでのサラリーマンの考え方でした。

記事を読む

パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」で!誤解を与えない指導の仕方

職場のパワーハラスメント(パワハラ)が近年社会問題となっています。 厚生労働省のデータ

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

自己管理ができない人間は独立や起業に向いていない

自己管理ができない人っていますよね。自分で目標を立てることができず、計画的に何かを進めること

記事を読む

世の中には自由な人と不自由な人の2種類の人間しかいない

  あなたの人生は、これまであなたが人生の中で選択してきた立場によって決まり

記事を読む

信用には銀行の金利のようなものがついている

今さらながら7つの習慣を読んでいるので、最近はそこで学んだ事に関するエントリーが多いのですが

記事を読む

ライスワーク・ライクワーク・ライスワーク、あなたの仕事はどの「ワーク」!?「たぬきと男の物語」から学ぶ3つの「ワーク」

仕事、私事、死事、志事という言葉があるという事を以前お話ししました。 『仕事』を『志事

記事を読む

上司も部下にするべき!?「報・連・相」が必要なのは部下や後輩だけじゃない

社会人なら誰もが知っていて当然の「報告」「連絡」「相談」の「報・連・相」。 これができ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑