20代のうちにやっておいてよかった5つのこと

公開日: ライフハック

IUK_ookinajyumokutosarari-man500

本日のエントリーは昨日の続きです。昨日とは逆に自分自身が20代でしておいてよかったと思うことを書きたいと思います。

スポンサーリンク

 

20代のうちにしておいてよかった5つのこと

いろんな年代の人たちと遊んだ

PAK15_saikindeaiganaina-500

学生時代から草野球をやっていたこともあり、同年代と遊ぶよりも、かなり上の世代の人たちとも飲みに行くことが多かったです。

そこで得たことは、同年代からでは教えてもらうことができない先輩たちの言葉だったり、遊び方だったり、行ったことがないような店だったりといろいろ。

また、年上の方たちとお付き合いがあったので、就職してからも上司や先輩にかわいがってもらうことができました。

同じ年代とだけの付き合いでは世界が狭くなってしまうので、異世代との交友関係は積極的に持ったほうがいいです。

 

プライベートを削ってまで働いた

PAK82_desumacyuunodansei20140125500

大学を卒業して最初に就職した会社は、町工場のような中小企業でした。そこでは、入社してすぐにめちゃくちゃ忙しくなったことと、作業者が次々とやめてしまったことが重なったこともあり、技術職で入ったにもかかわらず現場の作業者を1年ほど経験しました。

その時の残業時間は月200時間近くに達し、それこそ寝る間も惜しんで仕事をしていました。幸い、土日はきちんと休ましてもらえたのですが、それでも平日にはプライベートの時間なんてありませんでした。

別にブラック企業で働けということを言っているわけではありませんし、労働基準法に引っかかるレベルで残業することを勧めているわけでもありません。

ただ、私自身は今現在どんなに忙しくて夜中まで働かなければならない状況でも頑張れるのも、仕事が終わって家に帰り、夜中まで週末社長の仕事ができるのも、その時に頑張れていた経験が生きているのだと思います。

がむしゃらになって働けるのも20代だからこそということもあります。

 

転職した

39198189e583587846c913ca7249c41a_l

ひとつの会社に固執して、文句を言いながら行動ができないひとが当時の私の周りにたくさんいました。そんな中で、転職することを決意し、行動して町工場から一部上場企業に転職できたのはラッキーもありましたが、決意を行動に移したからだと思います。

転職は癖になるので注意が必要ですが、だからと言ってしないのはチャンスを逃すことになります。

何が自分にとってベストなのかを常に考えることができれば、より良い選択をすることが出来るでしょう。

 

自分に投資した

pho038

今の会社から2度目の転職しようと考えた時に、クリエイティブな仕事がしたくてPC教室に通い、イラレとフォトショを習いに行きました。結果的には転職するのをやめて今の会社に残りましたが、その時に得たスキルが起業してから役に立っています。

何がその後の人生で役に立つかわからないので、自分には投資をしておいたほうがいいです。

 

キャバクラに通った

904e291b7e8c83d70656b069af5033f3_s

突然何を言いだすんだと言われそうですが、これはこれで私自身にとってはとても意味があることでした。

というのも、私は学生時代から全くと言っていいほどモテなかったので、女性に対してどのように接すればいいのか本当に自信がなかったのです。

それが、働きだしてキャバクラに通うようになり、女性と話す自信が持てるようになったのです。相手は仕事ですから優しく接してくれたり、話を聞いてくれたりするので、当然といえば当然です。

これこそまさに、堀江貴文氏が著書で説明していた経験によって自信を得るということであり、女性と接するという経験値をここで得ることができたのです。

何が言いたいかというと、キャバクラに行けということではなく、「経験を積め」ということです。

私にとってはそれが「キャバクラ」でしたが、自分が足りない経験を補うことを早いうちにしておけば、あとあと役に立つよってことです。

 

まとめ

いかがですか?共感できることもできないこともあったかと思います。私の場合、ろくな生活を送っていなかったので20代でやっておいたことが本当に少なかったことが実感できました。

20代でやっておくべきことをどれだけやっておけたかが、その後の30代、40代での苦労を減らすことができるかどうかに繋がりますし、成功が早いか遅いかにもかかわってきます。

自分の過去を振り返る意味で、これらのことを考えてみても面白いかもしれません。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

クレーム処理歴15年の私が教える奥さんや彼女の怒りを鎮める方法4つ

彼女や奥さんと些細なケンカをすることはありませんか?すぐに仲直りできればいいのですが、相手の

記事を読む

こんな場所に出会いが!友達や恋人と出会う方法

自分の周りにいい人がいないという言葉をよく聞きます。しかし、そういう人は自分から行動できず、

記事を読む

電車やバスで席を譲ったら断らずに譲られて欲しい

電車やバスなどでお年寄りや、小さな赤ちゃんをダッコしている若いお母さんなどに席を譲ろうとする

記事を読む

男女の考え方の違い

昔から男性は女性が何を考えているのか理解できませんし、女性も男性の考えが理解できません。

記事を読む

毎日続けるためのコツ3つ

何かを続けようとしてもなかなか続けられない人というのは多いですよね。勉強、運動、ダイエットな

記事を読む

価値観が違うから夫婦仲が上手くいかないわけじゃない

付き合ってた時は、ものすごく仲が良かったのに、一緒に住んだり、結婚して子供ができると、急に仲

記事を読む

人は見た目が9割!?第一印象はたいてい外見で判断されてしまう

人が、人に対する情報を得るのに主に使うのが視覚です。次に聴覚、そして嗅覚、触覚といったところ

記事を読む

家族に気兼ねなく趣味に没頭できるようにする方法。

好きなことをしたい。休みの日には思う存分趣味に没頭したいという気持ちがあるけれど、家族の手前

記事を読む

本を出版する方法

ブログなどの文章を書いている人が、いつかは自分も!と憧れるのが本を出版するという方法ではない

記事を読む

20代にやっておけばよかったと思う9つのこと

たまにプライベートで20代の子たちと飲む機会があるのですが、彼らや彼女らと話していると、自分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑