般若心経を現代訳すると意外とためになることを言っていた。

公開日: 雑学 ,

91f71e3435a9fab2e719246196b86c10_s

世の中にはいろいろな宗教が存在します。仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教などなど。

宗教というと、日本人には悪いイメージしかありませんが、その教えはそれぞれ素晴らしいことを言っています。

悪いのは宗教ではなく、それで金儲けをしたり、悪用したり、自分勝手な解釈をする人たちなのです。

スポンサーリンク

 

般若心経を現代訳してみる。

般若心経は修行僧ではなく庶民のための教え。

宗教が嫌いといっても、日本人に一番なじみの深い宗教は「仏教」ではないでしょうか。日本には数多くのお寺があり、その歴史はかなり古いものです。

「仏教」の教えの中で有名な般若心経は、それまで厳しい修行をしなければ幸せになることはできないという考えを真っ向から否定し、そんなことをしなくても幸せになる方法があるんだよってことを教えてくれています。

超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる (知的生きかた文庫)

 

超訳 般若心経

良いことも悪いこともすべてまぼろしです。そんなことにとらわれると、一喜一憂してしまい、心の平穏は続きません。

この世の中の常識や固定観念など、人それぞれ違うのですから「俺が正しい」とか、「お前は間違っている」なんて何の意味もないことなのです。

例えば、味や匂いなんて人それぞれ感じ方が違いますよね。あなた一人の感覚なんて他人にとっては無意味なものなのです。

だからすべてを受け入れ、ありがたく受けとめるほうが、幸せになることができます。

 

自分の欲求を追い求めるなんて馬鹿げたことです。なぜなら自分の努力だけではどうすることもできないこともあるからです。

例えば、年を取ったり、死んでしまうのは自分ではどうすることもできませんよね。だからそんなことにとらわれていたら幸せに生きることなんてできません。

自分の思いばかりが強いと、苦しいことばかり集まってしまいます。そうならないように他人を愛し、思いやることで我を捨てればいいのです。

そうすれば人生の見方がガラッと変わります。今を受け入れる自由な考え方、自由な生き方こそ究極の幸せなのです。

 

自力で苦悩を取り払おうとしても無駄です。そんなことよりも簡単な方法があります。それは真言を唱えることです。

意味なんて気にせず、一心不乱にくり返せば心が明るくなり、悩みや苦しみが消えることでしょう。

「ぎゃーてい ぎゃーてい はらぎゃーてい はらそうぎゃーてい ぼーじーそわーか」

心配しなくてもいい、変わることはいたって普通のことである。

 

般若心経はこれまでの仏教の教えにもとらわれるなと言っていた

何かを禁止して生きるのではない。

仏教の大事な教えで、「五戒」というものがあります。その五つのしてはいけない決めごとの中に「不殺生」というものがあります。

生きものの生命を殺してはならないという決めごとです。それを本当に守ろうとするならば、肉や魚だけでなく、植物も生きものですから野菜だって食べれません。「野菜はいいんだ」っていうのは個人の勝手な解釈に他ならないことになります。

また、「不邪淫戒」というものもあります。男女の肉体関係は禁止だという決めごとです。

このような不条理な決めごとを守っていたら、食事はとれないし、子孫繁栄もままならず、人類は滅亡してしまいます。

般若心経では、そんなことにとらわれず、食事をするときには生物の尊い命を「いただきます」と感謝しながら食べ、愛する男女が深く優しい情を交わして生きる。これこそが真の極楽なのだと言っているのです。

大事なことは過去の常識や「善い」「悪い」ではない。

大事なことは過去の常識や「善い」「悪い」ではありません。ましてや仏様でもない。あなた自身が重要であり、「即身是仏」つまりあなた自身が仏なのだと言っています。

しかし、仏ならば自力で安らぎを得なければならないのでしょうか。般若心経では自力で安らぎを得ることが出来ないのならば、他力で安らぎを得てもいいと言っています。

それが「真言」を唱えるということです。

誰もが知っている日本古来からの真言

「ぎゃーてい ぎゃーてい はらぎゃーてい はらそうぎゃーてい ぼーじーそわーか」なんてなかなか唱えることなんてできないですよね。でも、実はあなたも子供のころから知らぬ間に真言を唱えていたのです。日本人なら誰もが知っているあの真言です。

「南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)」

阿弥陀仏はもともと修行なんかしなくても苦悩から救えるという教えでした。そこで、浄土宗の開祖である法然上人が苦しんだ時には「阿弥陀仏」の名前を唱えなさいと教えました。

「阿弥陀仏」の上に「南無(すばらしい)」という感嘆詞をつけて唱える真言がそれから生まれました。

また、日蓮は法華経こそ永遠の真理だと結論付け、真言を教えました。

「南無妙法蓮華経(ナムミョウホウレンゲキョウ)」

これもまた、日本人なら誰もが知っている真言ではないでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。最近ではロック調の現代訳など様々な形で般若心経が見直されています。

言っている中身を知ると、考え方や生き方のヒントに十分なるほどタメになることを言っていることに気が付きます。

他の宗教もそうですが、先入観を捨てて一度読んでみると、悩んだ時のヒントになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

飲み会で使える雑学ネタを教えよう Part 2

あなたは飲み会の席などで、持ちネタを持っていますか?気の利いたトークは場の雰囲気を和ませ、一

記事を読む

宗教への偏見をなくして学んでみると、ビジネス本や自己啓発本と同じようなことが書かれていた

世界にはたくさんの宗教があります。世界三大宗教と言われる仏教、キリスト教、イスラム教のほか、

記事を読む

知っておきたい!!飲み会で使える国民的アニメの雑学を教よう

どんなに仕事ができても、飲み会の席などでトークのできないつまらない男なんて、何の魅力もないで

記事を読む

日本に宗教が根付かないのは八百万の神がいるから

世界三大宗教と呼ばれるのは、仏教・キリスト教・イスラム教です。 世界中の国々ではこうし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑