あなたは大丈夫!?自己満足の残念な夫の話

公開日: ライフハック

スポンサーリンク

eyes-19695_500

結婚してから痛感したことは、価値観や大事にしていることが違うと本当にうまくいかないということ。

産後クライシスなんて言葉がありますが、うちはまさにこれ。今でこそなんとかうまくやっていますが、当時は本当に離婚寸前でした。

ただ、その時は気づけなかったんですが、今考えると全部自分が悪かったんだなと思いました。

 

スポンサーリンク

 

夫は奥さんのことを考えるが、奥さんは子供のことを考えている

girl-907931_550

世の中の母親は子供のことを第一に考えます。それに対して、良い夫でいようと努力する気がある人は、奥さんのことを考えます。

普通なら、奥さんのことを第一に考える良い旦那さんなんて素敵!って思うじゃないですか。しかし、夫婦で、お互いが大事にしようとするものが違うので、些細なトラブルが生まれるようになります。

例えば、自分は家族のことをちゃんと考えられる人間だと自負している夫がいるとします。もうすぐ記念日なので、奥さんのためにサプライズデートを用意して喜んでもらおうと考えました。

しかし、奥さんとしては、そんなことを望んでいるわけではなく、そんなこと考えるくらいなら一緒に子供のことを気にしてほしいと考えていたりします。

夫としては子供だけでなく、奥さんのことも考えてのことだったのですが、奥さんにしてみれば、ただでさえ普段から自分任せなのだから、せめて余裕がある時くらい子供のことを考えてほしいと思っているという例です。

 

その優しさは、自分本位の自己満足ではないのか?

monku_550

相手に喜んでもらおうと思って企んでたとしても、それを相手が望んでなければ、ただの自己満足になります。

にもかかわらず、せっかく喜んでもらおうと思ったのに…といった愚痴がでてしまうのは、「嫁のためにサプライズを考える俺、いい旦那!」と思っているからです。

根本的な目的が、「嫁に喜んでもらう」ということから「自分がいい旦那だという自己満足」であるからこういったギャップが生まれてしまうわけです。

雑誌やネットなどでは、「育児も大切ですが、夫婦の時間もしっかり取りましょう」といった情報があふれていますが、そういった情報を鵜呑みにせず、目の前の奥さんが何を求めているのかを見極めることが大切です。

もちろん、奥さんが「自分の時間が欲しい」とか「たまには夫婦2人の時間が欲しい」と思っているならその欲求に応えてあげるべきでしょう。しかし、夫婦の時間を取るために他の人に子供を預けるのは不安と思っていては、意味がありません。

普段子育てに参加する機会が少ない男性は、簡単に親に預ければいいと考えます。しかし、子供に対する接し方は人それぞれです。過保護すぎるくらい接したい人もいれば、少しぐらいほっといても大丈夫と考える人もいます。

子供に対する接し方が、自分と同じ考えの人ならば、安心して預けられますが、そうでなければ、預けていることが不安になってしまい、とても夫婦の時間を楽しむ余裕などありません。

ここら辺が、女性と男性の認識の差なのだと思います。

 

自己主張の少ない女性ほど自分よりも子供が優先

girls-555657_550

ただ、これらの傾向は、奥さんのタイプによるところもあります。控えめで自己主張が少なく、自分のやりたいことなどがあまりない人ほど、子供に対する比重が大きくなります。

それに対して、普段から行動的で、自分のしたいことなどを自己主張できる人は、奥さんのことを考えてくれる夫を求めていたりします。

傾向としては、積極的にブログやFacebookなどを頻繁に更新する人などがこのタイプにあたるようです。

奥さんがそういうタイプだと、夫からのサプライズデートやサプライズプレゼントを素直に喜び、ブログやFacebookにUPしたりします。

喜んでもらおうとしたことを素直に喜んでくれるのですから、夫としては非常にわかりやすくて助かるんですけどね。

 

まとめ

奥さんのことを思っての行動なのであれば、奥さんが何を求めているかも考えることが大切です。せっかく行動するのですから、奥さんにも喜んでもらいたいですよね。

ちなみに、これらの事例は全て自分が体験したことです。振り返ると、奥さんのためとか言いながら、結局は自己満足で行動していただけでした。

自分本位ではなく、相手本位で行動しなければ、うまくいきませんね。

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

毎日続けるためのコツ3つ

何かを続けようとしてもなかなか続けられない人というのは多いですよね。勉強、運動、ダイエットな

記事を読む

奥さんをお客様だと思えば家庭の9割はうまくいく

結婚してからしばらく経つと、会話がなくなり、たまに話せば喧嘩になったりしだすことがあります。

記事を読む

価値観が違うから夫婦仲が上手くいかないわけじゃない

付き合ってた時は、ものすごく仲が良かったのに、一緒に住んだり、結婚して子供ができると、急に仲

記事を読む

家族に気兼ねなく趣味に没頭できるようにする方法。

好きなことをしたい。休みの日には思う存分趣味に没頭したいという気持ちがあるけれど、家族の手前

記事を読む

20代のうちにやっておいてよかった5つのこと

本日のエントリーは昨日の続きです。昨日とは逆に自分自身が20代でしておいてよかったと思うこと

記事を読む

20代のうちに失敗したほうがいいと言うけれど、わざわざ失敗する必要はあるのか!?

20代にやったほうがいいことを本やネットで探すと、たいてい出てくるのが、「20代のうちにたく

記事を読む

後悔しない転職活動をするために知っておくこと

転職活動をする際にポイントとなるのが転職の理由ではなく、どんな会社に働き、どんな業務をしたい

記事を読む

がむしゃらに働く前に知っておきたい年収を増やす方法

世の中の人で、収入を増やしたいと思っている人はどのくらいいるでしょうか。おそらく、大半の人が

記事を読む

成功の定義とは人それぞれだけど成功=幸せとは限らない

人によって成功の定義は違います。お金持ちになること、名誉を得ること、地位を得ること。人によっ

記事を読む

確定申告で後悔しないために知っておきたい!!医療費控除は日ごろの準備が必要です

確定申告なんて、自営業の人とか家買った人しか関係ないんでしょ?っていうサラリーマンが多いと思

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑