魔の2歳児は第一次反抗期!でも親としては喜んだ方がいい!!

公開日: 子育て

mom-940771_550
うちの子も2歳になり、世間でいうところの「魔の2歳児」となりました。そう、第一次反抗期です。

毎日仕事をして、家事をして、子育てもして…こんなに大変なのに、子どもはイヤイヤと言うことを聞いてくれません。

子どもにとって重要な時期とはいえ、どう接したらいいか悩んでいるパパやママも多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2歳児の成長は見えづらい

baby-390555_500

0歳から1歳にかけては、赤ちゃんの成長を感じる機会が多いですよね。

寝返りをうったかと思うと、ハイハイしていたり。そのうち、立ったことに喜んでいると、いつの間にか歩き出したり。

身体の発達が著しく、子供の成長が目に見えて分かりやすいので、成長を実感しやすかったりします。

オガワくん
 寝返りした時とかハイハイしたときってやっぱりうれしかったですか?
コヤマ
 そりゃうれしいよ。おー!ってかなりテンションあがったもんね。

 

その点、2歳になるとそれまでの成長に比べて、目に見える成長が少なくなるように感じます。

ママに甘えることが多くなったり、イヤイヤ期が始まったりと、どちらかというと手のかかることが多すぎて、成長を感じる余裕もなくなっている時期なのではないでしょうか。

関連記事:パパ嫌い!!2歳児の息子がパパ イヤイヤ期に入った

しかし、2歳児も0歳児や1歳児と同じように、しっかりと成長しているんです。

 

2歳児は身体よりも心の成長が著しい

baby-165067_500

実際にうちの子を見ていると、内面的な成長を感じます。まだちゃんと喋ることができませんが、こちらの言っていることは、だいたい理解ができますし、コミュニケーションを取ることもできるようになっています。

また、これまでは他のお友達と一緒に遊ぶことができませんでしたが、徐々に一緒に遊べるようにもなってきました。時間はかかりますが、着替えの時に自分で洋服を脱ごうとしますし、私やうちの奥さんの真似をしたがるようになりました。

これは、自我が芽生え、いろいろなことを覚えられるようになり、自分の頭で考えることができるようになってきているのだと思います。

オガワくん
 へー、大きくなってきたんですね。
コヤマ
 そうなんだよ。意外と気づきづらいんだけど、こうやって挙げていくと、できることが結構増えているんだよね。

 

ダダをこねたり、パパのことがイヤイヤになるなど、手のかかることばかり目立ってしまうので気づきにくいですが、それこそ成長の証(あかし)なのです。

 

ダダをこねるのは自分を主張できるようになった証

baby-408262_500

自分を主張するということは、自分のしたいことがハッキリとあり、自分の意思を表すコミュニケーションを取り出した証拠です。

テレビが観たい、自分でしたい、ママに甘えたいといった気持ちを主張し、それが叶わないと、イヤイヤとダダをこねる。言葉がまだうまく話せないので、そういった態度で自己主張するようになっているのです。

そもそも、1歳頃からオモチャやものを投げ出すようになりますが、それも自己主張の表れです。自分のしたいことができないストレスを「物を投げる」という行為で表現しているわけです。

 

大事なのは理解したことを伝えること

baby-20607_500

こうした時の対応としては、子どもの意思表示を理解したことを伝えてあげること。そして、抱きしめてあげること。

私は、息子がイヤイヤをしたり、ダダをこねると頭を撫でながら「〜したかったんだね。」と伝わっていることを教えます。そして、その後は抱っこして抱きしめます。

なかなかすぐには泣きやみませんが、その場合は、外に出たりして気分転換をさせています。子どもって、違うことに気が向くと、意外とすぐに気分が変わるんですよね。

だから、ダダをこねていることを叱ったりする必要はありません。時間をかけてコミュニケーションを取れば、ちゃんと伝わるんです。

オガワくん
 子供にダダこねられると叱っちゃいそうです。
コヤマ
 ダメダメ!小さいうちのダダは自己主張の表れだから、そこで叱ったりして言うことを聞かせちゃうと、自分の意志を伝えられない子になっちゃう可能性があるから注意が必要だよ。
オガワくん
 ダダをこねなくなると、親としては「いい子になった」と思いがちですけどね。
コヤマ
 そもそも、いい子の定義が「親の言うことを聞く」とか「親の手がかからない」っていう親にとって都合がいいってことだからね。そんなのは親の勝手な定義なんだよ
オガワくん
 なるほど、勉強になります。

 

仮に、そこで叱ったりしてしまうと、子どもは自分の主張が理解されないと思ってしまいます。それが続くと、そのうち自己主張しなくなってしまう恐れがあります。

そうならないように、きちんと向き合う必要があるんです。

 

まとめ

せっかく子育てをしているのですから、しっかりと子どもの成長を感じたいですよね。そのためにも、ちゃんと子どもの成長のサインを気づいてあげたいものです。

そうすることによって、愛情はきちんと伝わってくれると思いますよ。

 

【ご紹介】

子どもを育てていると、何が正解なのか迷っていしまうことってありますよね。叱った方がいいのか、見守った方がいいのか。。。

小さいときの育て方でその後の子どもの一生が決まってしまうかと思うと、自分の育て方が正しいのか親としては不安になってしまいます。

下に紹介する本は、そんな不安を取り除いてくれるバイブルとなってくれます。親は、自分が育てられた方法を基準に子育てをしがちですが、しっかりと知識を持つと、子どもとの向き合い方が変わるかもしれません。

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

関連記事

保育園に入園できる条件は何!?どこが決めるの!?裏ワザは!?

世の中には「保活」なんて言葉もあるみたいですね。 うちの子は1歳と5ヶ月になり、奥さん

記事を読む

主婦業が大変だというけれど、週末主夫を始めて思ったこと…

少し前の話ですが、どんなに主婦が大変かを訴えているブログが、Facebookなどでシェアされ

記事を読む

自分の誕生日は親に感謝する日なんだってことに親になってから気づいた!

自分が親になると、両親の苦労が良く分かると言いますが、自分の子供が生まれてから、この言葉を身にし

記事を読む

共働きでも産休や育児休暇中は年末調整や確定申告で扶養控除が受けられるって知ってた!?

サラリーマンの皆さんはそろそろ年末調整の時期ですね。うちの会社でも申請書が回ってきていました

記事を読む

子供の将来は親が見えている世界の影響をうける

自分が他人に影響を与えるということを今まで意識したことがなかったのですが、子供が生まれて初めてそ

記事を読む

Gapモデルになれるチャンス!?「GapKids Class of 2014」に応募してみた

photo by @GapKids_JP 先日GAPに寄ったら、GapKids/babyGap が

記事を読む

もし突然親が死んでしまっても、あなたは後悔しないと言えますか!?

先日、私の母親が、定年後も働いていた会社の延長契約が満了し、退社することになりました。 長い間

記事を読む

子供が生まれたら一眼レフカメラとレンズを買おう!おすすめレンズを紹介します

子供が生まれてから一眼レフカメラを購入するお父さん方も多いと思います。 私が一眼レフカ

記事を読む

2歳児でも幼児教育に役立つといわれるジグソーパズルを好きにさせる方法

幼児教育に役立つと言われているジグソーパズルです。知育グッズとして昔から人気ですが、子供によ

記事を読む

出産祝いの絵本で他の人とかぶりたくない人におすすめなのが「どうよううたのえほん」

子供が大好きなものといえば、「うた」と「えほん」ですよね。うちの息子は、歌が特に好きなようで、音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
サッポロ一番みそラーメンが鍋になりました
サッポロ一番みそらーめんが鍋になっていたので買って作ってみた!

冬になるとかなりの頻度で食卓に出てくるのが鍋。 うちは私

タンコロまつり2015
江ノ電「タンコロまつり2015」が開催されていたので行ってきた!

先日ご紹介した江ノ電のイベント「タンコロまつり2015」が11

「江ノ電 タンコロまつり2015」が11/28・29に開催!電車好きのお子さんがいるなら見逃すな!

photo by 江ノ電 江ノ島にぶらっと家族で散歩に行って

はまりんフェスタ 2015
「はまりんフェスタ2015 in 川和」が開催されていたので行ってきた!

去る11月14日にて、毎年恒例となっている横浜市営交通お客様感

奥さんをお客様だと思えば家庭の9割はうまくいく

結婚してからしばらく経つと、会話がなくなり、たまに話せば喧嘩に

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑