頑張らなければ続かない人は頑張らない方法を探した方がいい

公開日: マインドハック

track-81050_500

#100日チャレンジをきっかけに、腹筋を始めたのですが、三日坊主で終わるどころか結構続いちゃっているわけですよ。

理由は簡単。たった10回という地面スレスレのハードルから始めたからです。

 

スポンサーリンク

 

何かを始めたのは目的があったから

darts-102919_500

何かを始めるっていうのは、その先に目的があるから始めるものですよね。英語がしゃべりたいと思えば英会話を始めたり、痩せたいと思えば、ダイエットを始めたり。

TKalice(@hiroumi3799)さんもブログで言っていますが、三日坊主でやめちゃう人って、途中の過程がめんどくさくなって目的がどうでもよくなっちゃうんですよね。

例えば大学生とかで同じ資格勉強を一緒に始めて試験日まで勉強できる人と途中でやめちゃう人がいます。
客観的に見ていた人は「長く続いた人は根気のある人」で「途中でやめた人」は飽きっぽい人に見えるかも知れないけど実はそうじゃない。
単純に前者は試験勉強を最後までやりたいと思ってやっただけで、後者は途中でやめたいと思っただけ。

続きしない人は頑張って続けようとしてはいけない。三日坊主星人より。 -APOLLON-

これ本当に、続かない人の真理をついていると思います。

ただ、思い出して欲しいのは、何かを始めようと思ったってことは、最初は目的を持っていたってことなのです。

 

辛くなったら辛くない方法で続ければいい

舌を出す

途中でやめる理由は、先ほど出てきましたよね。「途中の過程がめんどくさくなって目的がどうでもよくなっちゃう」というのが原因であれば、途中の過程がめんどくさくない方法をとればいいってことです。

私が始めた腹筋の回数は、たったの10回です。たった10回。大事なことなので2回言いました。

この、地面スレスレのハードルに設定した理由が、まさにわたしにとっての「この途中の過程がめんどくさくない方法」だったというわけです。

日に日に慣れてきて、今週の腹筋は10回から20回に増えていたり、朝晩どちらかだけだったのが、気がついたら朝晩両方やっていたりと、勝手に頻度を増やしています。

しかしそれでも、掲げたハードルはたった10回という地面スレスレのハードルのままです。

たった10回だから、突然嫌になったり、めんどくさくなったりしません。しばらくすると習慣になってくるので、やっておきたい!やらなきゃ気持ち悪い!という習慣を維持するための救済措置だと思えばいいかと思います。

 

走り続けて疲れたなら歩けばいい

beach-391266_500

2年前、大阪マラソンに参加するために、ジョギングを始めた頃に思ったことがあります。学生時代、あんなに走ることが嫌いで、マラソン大会が学校行事で一番嫌いだったにもかかわらず、大人になって高いお金を出して、大阪にまで遠征して走るなんて自分でも信じられませんでした。

何故、あんなに嫌だったマラソンを、大人になってからやっているのかというと、走る距離を自分で決められるからです。長い距離が嫌なら走れる距離だけ走ればいいし、疲れたら歩いても誰にも文句は言われません。

自分のペースでやれるから、楽しいことしかないんですよね。

辛かったらやめればいい、これ本当です。大人になって自由を手にしたのに、なぜ誰かに強要されなければならないのでしょうか。強要されるのは、仕事と家庭だけで十分です 笑。

 

まとめ

続けるもやめるのも自分次第です。やる前から自分には続かないというのであれば、やらなければいいんです。

やりたいからやる、やりたくないからやらない。やりたいけど続けられないのであれば、いくらでもコツがありますが、やりたくないことを続けられるコツなんて、そんな都合のいいものありません。

好きなこと、興味があることを無理せずにやるというのが、最大のポイントなのだと思います。

関連記事:1.01と0.09の法則に見る継続することの大事さ

関連記事:小さなことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

面倒くさいと考てしまう5つの心理とは

  何かをしなければいけないのに、したくない理由のひとつとしてあるのが、「面

記事を読む

なぜ人は人をイジメるのか?その答えは人の弱さにあった

いつの時代も無くならないのがイジメという問題。 日々のニュースでは、学生が同級生にイジ

記事を読む

愚痴を吐き続ける人はマイナスの運気から逃げられない人である

いつも愚痴っている人っていますよね。仕事の愚痴、人間関係の愚痴、家族に対する愚痴などなど。

記事を読む

時間=命、無駄な時間を過ごすのは無駄に命を削ることだ

成功者、もしくはこれから成功するであろう人と、そうでない人の違い。あなたは何か分かりますか?

記事を読む

好きなことをしているなら人からの評価は気にしなくていい

  ブログを書いていて、PVが気になったり、コメントやシェアされた数、はてブ

記事を読む

新しいことを始めるときに必要なのは、お金や経験ではなく勇気

新しいことを始めるのはなかなか難しいものです。何か新しいことを始めるにはお金も必要ですし、も

記事を読む

自立とは自らの足で立ち、そして歩くことである。

人として自立していない人間は責任を取ることをしません。 責任を取らないので責任を指摘さ

記事を読む

人の話を「聞く」のに大事なことは「深く聞く」ということ

人の話を聞くことが得意な人は、信頼を得やすいという特徴があります。 というのも、人は話

記事を読む

自分へ投資するというけれど、それって本当に投資になっていますか?

ビジネス書などを読むと、「お金持ちになりたければ自分に投資しろ!」というフレーズをよく目にし

記事を読む

新しい自分を見つける20の方法

現状に満足していなかったり、変化を求めようとしても、どうしたら新しい自分を見つけることができ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑