Koyama Log -コヤマログ-

ビジネスハックやマインドハックを学んでサラリーマン脳からビジネス脳へ変換する

大きなことを成し遂げた成功者たちが教える、何かを成し遂げるための3つの言葉

      2014/04/12

スポンサーリンク

04915791e5e084534652c5cf6077016b_s

成功者たちの言葉というのは、多くの人々の心に響くことが出来ます。それは、大きな成功を得るために過去に多くの積み重ねをしてきたからだと思います。

これまでの多くの積み重ねは、成功者たちの様々な経験となり、血となり肉となって結果を生み出してきました。経験からくる言葉というのは、熱をもって人々の心を動かすことができるのです。

スポンサーリンク

何かを成し遂げるための3つの言葉

目標を見失いそうになっている人へ

あまりにも先の大きな目標を見すぎるよりも、今この時点で、やらなくちゃいけないことをしっかりやっていったほうが近道になる。
~元プロ野球選手 松井秀喜~

いきなり大きな目標や遠すぎるゴールを設定すると、何から手をつければいいか迷ったり、モチベーションが続かなかったりすることがあります。

そんな先の見えないものを追っかけるよりも、まずは目の前の問題を片づけ、一歩づつの小さな繰り返しが結局は一番の近道であるということです。

すぐに行動に移せない人へ

しっかりとした準備をして初めて、何かをしたいって言える資格ができる。
~ニューヨーク・ヤンキース イチロー~

成功者はアイディアが思いついたとき、行動に移すのが早い。それは、常に行動を起こすための準備を怠っていないからである。

何かを思いついてから行動するのでは遅い。思いついてから準備をして行動をしたのでは、もうすでにそのアイディアは誰かのものになっていることでしょう。

アイディアが思いついたときにすぐに行動に移せるよう、目標とするビジョンを描き、今の自分に何が足りないかを想像して足りないものを補っていく。

しっかりとした準備ができれば、もうすでに何をしたいかが決まっているはずです。

頑張っているのに、なかなか周りに認めてもらえない人へ

一番重要なことは”結果を出すこと”。
~ボストン・レッドソックス 上原浩治~

人は、自分への評価はどうしても甘くなってしまうので、頑張っても認めてもらえない現状には憤りを感じてしまうものです。しかし、これはビジネスに限った話でもないのですが、一番大事なのは頑張ったという経過ではなく、結果を出すということ。

何かを成し遂げるために努力するのは当たり前。その当たり前のことを認めてほしいというのは甘え以外の何ものでもありません。

努力を誉めてもらえる人は、ただの未熟者だけ。今まで努力なんてしてこなかった人に対しては『頑張ったね!』と誉めてくれる人もいるかもしれません。しかしながら誉められているうちは認められてはいないのです。

結果を求められ、それに応えることができて初めて一人前。当たり前のことですが、やはり結果を出すことが一番重要なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。私が野球好きということもあり、今回はスポーツ選手の言葉を紹介しました。いずれも日本球界を代表する選手たちであり、世界でも活躍するメジャーリーガーです。

やはり、大きなことを成し遂げた成功者の言葉というのは心に響きますね。

 

 - 名言 , ,