「知っている」「わかっている」という人ほど本当は何もわかっていない

公開日: ライフハック

スポンサーリンク

料理

料理が下手な人っていますよね。レシピを見ないで勘で作って下手ならまだいいんですよ。でもレシピを見ても料理が下手な人っているじゃないですか。

そういう人って、不器用とかそういう問題ではなくて、「知ってる」「わかってる」と自分の実力を過信しているからだったりするんですよね。

 

スポンサーリンク

 

「知っている」「わかっている」という思考の恐ろしさ

知ってる

まず、レシピを見ず、勘で料理を作ろうとする人は、レシピを「知ってる」「わかってる」と思っている人たちなんですね。「それぐらい知ってる」という過信から、ちゃんとしたレシピを見ずに記憶と勘で料理を作ろうとするんです。

実際、ちゃんとレシピを覚えているのであれば作れるはずなんだけれども、ちゃんと覚えてないので適当に作ってしまう。だから結局、ちゃんとした料理が作れないんですよね。

「知ってる」「わかってる」という過信が、それ以上の情報をシャットダウンしてしまい、正しいやり方を知ろうとしなくなってしまうんです。

これって、ものすごく恐ろしいことですよね。人の記憶なんて曖昧なので、正しいと思っていることも、実はちょっとづつ本当の事から離れていっているというのはよくある話です。途中で気づくことができれば、修正できるのに、「知ってる」「わかってる」で気づくことを拒否してしまえば、どんどん正解から離れていってしまいます。

 

過信している人はレシピを渡してもレシピ通りには作らない

pasta

「知ってる」「わかってる」という人で、よくあるのが、レシピを無視するということです。

例えば、レシピに「大さじ1杯」と書いてあっても、大さじを使わずに適当な量を入れてしまうんです。水の量も計量カップを使わず適当。調味料も適当なので、材料や作る手順が一緒でも、不味い料理しか作れないということが起こります。

しかし、それでも過信しているので、わざわざ調味料を量るということはしません。量らなくてもできると思いこんでしまっているからです。

仮に奇跡的に美味しい料理ができても、その味を正確に再現できることはありません。結局、そういった人たちが美味しい料理を作れるかどうかは運でしかないのです。

 

だからと言って正しレシピに頼りすぎてもダメ

ダメ

根本的に、レシピを知らないとかレシピを見ないというならば、見て作らせればいいので、少なからず救いようがあります。しかし、レシピを見てもそれ通りにしないのであれば救いようがありません。

正しい情報を取り入れることができないのですから、その人自身の考え方が変わらない限り美味しい料理を作ることができません。自分でちゃんと認識できなければ、誰が何をいっても変わらないんです。

じゃあ、レシピ通りに作れればいいのかというと、半分正解で半分不正解だと思います。料理も状況によって全然味が変わったりしますよね。

例えば、2人前のレシピでどうやって3人前を作るかとか。季節や温度、または食べる人によって、美味しいと思う味付けが変わるので、それに対応できるかとか。食材がないときに代用品を使うことができるかとか。レシピに頼る人はそういった臨機応変な対応が苦手だったりします。

確かにレシピ通りであれば、それなりに出来るかもしれませんが、そのレシピがものにできてれば応用できますし、ものにできてなければ、応用がきかないのだと思います。

 

これって仕事でも同じじゃない?

ビジネス

料理でいうレシピって、仕事でいうところのマニュアルと同じですよね。新人でもベテランでも、同じミスを繰り返す人って、マニュアルを無視するんです。

マニュアルを「知ってる」「わかってる」という認識で仕事をするのですが、結局大事なところでマニュアルを無視するので、同じミスを繰り返します。どんなに周りが注意しても「知ってる」「わかってる」なので、いっこうに改善しません。

また、マニュアルに頼る人は大きな失敗はしないのですが、ただそれだけです。マニュアル以上の仕事もしないので、新しく何かを生み出すことはできません。

臨機応変に対応できないので、新しいマニュアルを作ることもできません。それなりの立場にしかなれず、出世も期待できないでしょう。

料理でも仕事でも、必要なのは基本的なレシピやマニュアルの熟知と臨機応変な対応力なのです。

 

まとめ

レシピ通りにやらないのはダメ、レシピに頼ってもダメ。じゃあどうしろと言われてしまいそうですが、物事には順番があります。

まずはレシピをマスターするために、レシピ通りに作る。レシピをマスターできれば、そこから応用できるようにする。

応用ができるというのは、それこそ完全にマスターしたということですよね。食材の色、相性などを考慮すれば、似たような料理はレシピなしでも作ることができます。

それと同じように、仕事のマニュアルを完璧にマスターすれば、そこから臨機応変にいろいろな仕事にも対応できますし、新たなやり方や仕事を生み出すことができるようになります。

なんでも基本が大事というわけですよね。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

30代のうちにやっておくべき5つのこと

人生の中で、時間や金銭的なことがいちばん自由なのが30代かもしれません。 何も知らなか

記事を読む

日本に宗教が根付かないのは八百万の神がいるから

世界三大宗教と呼ばれるのは、仏教・キリスト教・イスラム教です。 世界中の国々ではこうし

記事を読む

20代のうちに失敗したほうがいいと言うけれど、わざわざ失敗する必要はあるのか!?

20代にやったほうがいいことを本やネットで探すと、たいてい出てくるのが、「20代のうちにたく

記事を読む

確定申告で後悔しないために知っておきたい!!医療費控除は日ごろの準備が必要です

確定申告なんて、自営業の人とか家買った人しか関係ないんでしょ?っていうサラリーマンが多いと思

記事を読む

プレゼンテーションの基本!?相手に伝えるのは話のツカミが大事

あなたが非常に頭も良く知識が豊富な人だとしても、それを上手く伝えることができるかというのは全

記事を読む

奥さんをお客様だと思えば家庭の9割はうまくいく

結婚してからしばらく経つと、会話がなくなり、たまに話せば喧嘩になったりしだすことがあります。

記事を読む

宗教への偏見をなくして学んでみると、ビジネス本や自己啓発本と同じようなことが書かれていた

世界にはたくさんの宗教があります。世界三大宗教と言われる仏教、キリスト教、イスラム教のほか、

記事を読む

これからの時代は自分の気持ちよりも相手の気持ちをくみ取る人が得をする

  先日ご紹介した「伝わっているか?」を読んでわかったことは、受け取り側の気

記事を読む

「BABYMETAL」に見る、異なるものをかけ算して「レアな存在」になるということ。

photo by BABYMETAL BABYMETAL が最近気になるという話は以前

記事を読む

結果を出すのは隙間の時間を活用している人たちである

勉強なり仕事なり、何らかの結果を残す人って、隙間の時間を使うのが上手い人が多いですよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑