成功する人とそうでない人の違いはどのくらい先を見ているか

公開日: マインドハック

スポンサーリンク

girl-354579_500

行き当たりばったりという人をよく見かけます。常にその場の最善を尽くすと言えば聞こえはいいですが、計画性がなく視野が狭いだけとも言えます。

そういった人で成功している人をまず見かけません。

スポンサーリンク

 

成功する人は数年先を見ている

7f609fd32aff0e21b1e3f44065755229_s

明日のことも考えられない人が成功するわけがありません。

成功する人は未来を見据え、5年後10年後にどのような人生にしたいかというビジョンを描き、そこから逆算して道筋を決めます。

対して、いつまでたっても成功できない人は、目の前のことだけをやろうとします。すると、将来のビジョンがボヤけていて、道筋も曖昧なため、最短距離を突っ走ることができないからです。

目的に向かって進んでいるつもりが、少しづつ方向が狂い、いつの間にか全然目的に届かない努力を一生懸命しているということが起きます。努力が報われないという理由がまさにこれです。

 

人生設計も会社経営と同じ

building-290332_500

通常の会社を例に挙げてみましょう。企業では、5年先までの中期計画をたて、中期計画を達成させるために3年先の計画をたて、その年の年間計画をもとに半期、月次の計画を立てます。

全ての計画が繋がっており、進捗や社会環境の変化によって都度見直しを行うので、目的に向かって最短距離を突っ走ることができます。(計画に問題があるかどうかというのはおいておいて…)

同様に人生についても、この先どの様になりたいかというライフプランを持つことが大切です。ゴールを決め、ライフプランによって道筋を明確にすることによって、小さな目標を立てやすくします。

あとは、その小さな目標をひとつづつクリアしていくだけで成功に近づくことができるのです。

そういった意味では、人生設計もできない人は、会社経営なんてできないし、経営したとしても続けることは難しいでしょう。

 

今を生きるというのは明日も生きるということ

17591af4641675e4d51ec152a81dbafe_s

かつて、20代だった頃の私は、ライフプランなんて考えたこともなく、貯金もなく、行き当たりばったりの人生を歩んでいました。

「宵越しの銭は持たねぇ!」とか「今日が楽しければいい!」といった江戸っ子の真似事みたいなことを、言い訳のように言っていたのを思い出すと、後悔しかありません。

そんな人生を過ごしていたせいで、いざ何かを始めようとしても、スキルもお金もゼロから始めなければなりませんでした。

今の自分は、過去の自分が作り上げたというのであれば、過去に戻って何とかやり直したい気持ちで一杯です。

まともに人生を考えるようになったのは結婚してからですし、より具体的に行動を起こしたのは子供ができてからです。そういった意味でも結婚が私の人生を変えてくれたとも言えます。

関連記事:誰のせいでもない今の自分は過去の自分が作り出したもの。 

 

 まとめ

今を生きるというのはもちろん大切なことです。今があるから未来があるのですから、先ばかり見て足元が見れていないのも問題です。

しかしながら、昔の私のようにあまりにも先のことを考えていないのであれば、苦労するのは未来の自分です。

成功するためには、未来と現在を見つめるバランスを保つことが重要なのです。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

決断するときに必要な勇気の正体とは……

以前の投稿で決断をするのに一番必要なのは勇気であると言いました。 新しいことを始めると

記事を読む

もう怒らない!怒らないためのコツとは

会社や家庭に関わらず、人と接点を持つということは少なからずストレスを抱えるものです。自分の思

記事を読む

ドラマ「官僚たちの夏」を観ていて気づいた間違った信念の貫き方とは

お正月休みは、かなりのんびり過ごしていて、普段は観ないテレビを観ていたりしました。 そ

記事を読む

怒られるのはありがたいこと!人は怒られたくないから行動する

自分の意思で、何かを始められる人は放っておいても成長することができます。現状に満足せず次のス

記事を読む

「ゆとり世代」はなぜ叩かれるのか!?

先日の某TV番組で、「ゆとり世代は日本を救うのか!?」というテーマを取り上げていました。

記事を読む

学ぶことで満足するのではなく、学びながら考えてさらに行動しよう

日本の学校教育は学ぶことを主としています。教わったことを覚えることが重要だという方針だからで

記事を読む

嫌われない人の特徴5つ

なぜか人に嫌われない人っていますよね。「あいつならしょうがない」といって許されてしまう人。

記事を読む

変化することを望まないのは堅実という名の怠慢である

変化を望まない人がいます。「現状が一番いい、これ以上望んではいけない。」昔の人はそういいまし

記事を読む

人を動かすのに必要なのは理屈よりもコミュニケーションだ

仕事をするうえで、誰もが人の力を借りなければならないときがでてきます。 自分の能力だけ

記事を読む

思考力とは考える力!考える力を鍛えるのに必要なものとは…

成功者とそうでない人の違いは、自分でものごとを考える事ができるかどうかというところにあります。成

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑