新しいことを始めるときに必要なのは、お金や経験ではなく勇気

公開日: マインドハック ,

スポンサーリンク

fc12f966213343841441b68fa6396a3d_s

新しいことを始めるのはなかなか難しいものです。何か新しいことを始めるにはお金も必要ですし、もちろん経験も必要となります。しかしながら、新しいことを始めるのに必要なのは、実はお金や経験ではなく、決断を下すための勇気なのです。

決断を下す際に、この勇気や覚悟がなければ、お金や経験があってもなにもできません。

スポンサーリンク

 

勇気を持って決断すると、あなたの物語をはじめることができる

start_500

童話「桃太郎」でも、おばあちゃんの決断力がなければ物語ははじまらなかった

元livedoor CEOの堀江貴文氏は著書で、この勇気や決断力のことをノリの良さという言葉を使って表しています。

例えば、桃太郎という話のなかで、川で洗濯していたお婆さんが流れてきた桃をどうしよう?と悩んで取らなければ物語ははじまりません。

なんだかわからないけど桃が流れてきたし、とりあえず取るか。というノリの良さが桃太郎という物語をスタートさせたのだと言っていました。

責任を負う決断は、簡単ではない

なにかを決断するときというのは、本当に勇気がいります。私も起業して何度も決断しなければならない場面に遭遇しましたが、これが本当に勇気がいりました。

自分に責任がない場面では『こうすればいいんだ!』『ああすればいいよ!』と言うことができましたが、これがいかに無責任な発言だったかというのが痛感させられました。いざ自分が責任をもって決断しなければならない立場になると、そんなに簡単に決断できないのです。

また、ようやく決断したことも、本当にそれが正しかったのか、間違ってはいなかったのかと、怖くてガタガタ震えることが何度もありました。

 

 

 

必要な勇気の量は状況によって変わってくる

water_500

勇気の量は決断の先のリスクの大きさによって決まる

ただ、この決断するという行為も、お金や経験があったり、絶対に間違いないという自信があれば、勇気の量も少なくてすみます。

例えば、個人でも財布に1万円が入ってる時に、100円を使うのには勇気はいりませんが、1万円すべてを使うのには勇気がいりますよね?ましてや、すぐにまた1万円が手元に入ってくるなら別ですが、収入の見込みがないときに全額使うというのは、かなりの勇気が必要です。

要するに、自分にとってだったり、会社にとってのリスクが大きいか小さいかで、必要な勇気の量は決まってくるのです。

開き直りが勇気の代りとなることも

一方で、失敗してもなんとかなる!という開き直りによる決断という方法があります。この開き直りというのは一見なんの根拠にもならなそうですが、決断する上ではかなり有効な手段となります。

例えば、かりに仮に失敗しても、失敗したという経験を得ることができます。そうして開き直りで得た経験が、後に決断する時に、必要な勇気を少なくしてくれるのです。

ビビって経験しなければ、経験は増えないままです。成功するのかしないのか、何をしたら失敗してしまうのか、という経験値がないと毎回毎回大きな勇気が必要となってしまいます。

そうして、結局また勇気がなくて決断しないという負のスパイラルが、できあがってしまうのです。

 

まとめ

いきなり大きな決断は誰でもなかなかできないものです。でも、毎日のなかで勇気をもって小さな決断を繰り返せば、いずれその経験が大きな勇気となって成功へと導いてくれることでしょう。

関連記事:決断するときに必要な勇気の正体とは……

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

自分へ投資するというけれど、それって本当に投資になっていますか?

ビジネス書などを読むと、「お金持ちになりたければ自分に投資しろ!」というフレーズをよく目にし

記事を読む

学ぶことで満足するのではなく、学びながら考えてさらに行動しよう

日本の学校教育は学ぶことを主としています。教わったことを覚えることが重要だという方針だからで

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

『仕事』を『志事』と簡単に呼ぶ人たちに問いたい!本当の『志事』とは…

シゴトには4つの言葉があると言われています。 『仕事』 『私事』 『死事』 『志事』。

記事を読む

問題解決のコツは、「空・雨・傘」で考える

仕事だけの話に限りませんが、問題を解決するには、物事を論理的に考えることが必要です。

記事を読む

アウトプットを続けている人の特徴3つ

自分を磨き上げるためにはアウトプットを続けるしかない!なんて言葉を聞いたことがあります。しか

記事を読む

信念を貫くのは何のため!?信念を持ち過ぎると自分の首を絞めることもある

自分の中に、譲れない信念があったりしますか? ブレない信念を持つことが正しいとことされ

記事を読む

成功する人の特徴は自分を正しく評価できる人だった!

あなたは自分のことをどれだけ正しく評価できていますが? おそらく、ほとんどの人が、自分

記事を読む

なぜ努力は報われないのか?基準がズレると努力も無駄になる

「努力は報われる」という言葉があります。私の中学時代の恩師も「報われない努力は努力ではない」

記事を読む

人を動かすのに必要なのは理屈よりもコミュニケーションだ

仕事をするうえで、誰もが人の力を借りなければならないときがでてきます。 自分の能力だけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑