Koyama Log -コヤマログ-

ビジネスハックやマインドハックを学んでサラリーマン脳からビジネス脳へ変換する

自分の価値をどう伝えるか!?何をやってもうまくいかないのはあなたの人生にマーケティングが足りないから

      2019/09/26

スポンサーリンク

あなたは、自分の人生をどのように生きていますか?

夢や目標、目的を持って生きている人。

ただ流されるまま、目の前の毎日をただ過ごす人。

どんな毎日を過ごすかは、あなた自身で選ぶ人生です。どちらが正しいかを決めるのもあなた次第。

しかし、どちらの人生を選択しても、それでうまくいく人もいればうまくいかない人もいます。

なので、自分の人生がうまくいくかいかないかは、夢や目標があるかないかなんて関係がないということですよね。

では、自分の人生を左右する大事な要素とは一体なんなのでしょうか。

スポンサーリンク

 

価値とは求める人がいて初めて生まれるもの

よく、好きなことを仕事にしよう!とか、得意なこと仕事にしよう!という言葉を耳にします。

実際、このブログでも同様な記事をpostしていますが、それでうまくいかないということは、何かが足りないということです。

関連好きなことを仕事にするのではなく結果が出ることを仕事にした方がいい

その何かとは、求める人のこと。

自分の好きなことや特技を探して、自分の価値を提供しようとしても、その価値を求めている人がいなければ、なんの価値もありません。

自分で野菜を作っている農家の人に野菜を売ろうとしても買ってもらえませんが、野菜が手に入らない場所で売れば、相場よりも高く売ることができます。

価値とは、それを求める人がいて初めて生まれるものだからです。

 

闇雲に好きなことや得意なことだけするのは宝クジを買うようなもの

そこで役に立つのがマーケティングです。

マーケティングとは、簡単に言うと「価値を求める人にその価値を提供することによって対価を得ること」。

なので、闇雲に自分の好きなことや得意なことをして価値が伝わらないのであれば、徹底的に周りが求めていることをリサーチして、自分なら何ができるかを見つけ出し、価値を提供する方がスピードも早く圧倒的に成功する確率は高くなります。

もちろん、たた自分が好きなことや得意なことだけをするだけでも成功しないわけではありません。

価値を提供する場が、その価値を求めるところであれば成功しますし、需要がなかったとしても、提供する価値の需要を作り出せば、大きな成功となります。

しかし、その確率は低く、宝クジを買うようなものです。

 

新規開業したお店がすぐに潰れるのは価値を提供できていないから

素人でも簡単に開業できるのは、お店を出すことです。飲食店だったり、カフェや雑貨屋さんだったり。

これらのお店は、気軽に開業できる反面、簡単に潰れて閉店していきます。

街中で、「あれ!?この前できてたお店、もうなくなってる」というような経験、誰にでもあるのではないでしょうか。

開業し、うまくいかずに潰れてしまうお店の多くには、「価値を求める人」つまりお客さんになる人のことを考えずに出店しているケースが多々あります。

こういうお店は、自分ができることやしたいことがもとになってお店を出し、価値を提供しているのだから需要があると思い込んでいます。

価値とは、求める人がいて初めて生まれるものなのに、自分で価値があると思い込んでしまい、「お客さんのため!」と言いながら全然まわりを見ることができず、自分ばかり見ているような状況です。

これって、ビジネスにかかわらず自分の人生でも同じようなことが言えるのです。

 

仕事でも人生でも問題を解決するには正しい道筋が必要

どんなことでも、うまくいかないことには原因があります。しかし、自分の人生を振り返り原因を追求して改善をするような人はあまりいません。

仕事の場合、問題に対して原因を追求し、解決策を立案して行動するのが当たり前なのに、なぜ自分の人生についてはこれをやらないのでしょうか。

闇雲に努力したとしても、道もわからない土地で地図も見ずに勘で歩き回っているのと変わりありません。

問題を解決するには、正しい道筋が必要なのです。

そのためにも、自分の人生の中で一度立ち止まり、何が問題なのかを明確にして原因を探り、マーケティングを駆使して対策を進めていくことが必要です。

例えば、上司に評価されていないのであれば、冷静にその原因を分析する必要があります。

上司はどのような人を評価しているのか。

上司にとって、自分はどのように見られているのか。

上司の困りごとは何か。

今の自分の立場と能力で、上司が評価する仕事や困りごとを解決する仕事は何か。

などなど、上司をお客さんに見立ててマーケティングを行えば、自ずとやるべきことが見えてきます。

同様に、婚活中であれば結婚相手としての対象をお客さんに見立ててマーケティングを行う。

家庭内に問題があり、それを解決するなら家族をお客さんに見立ててマーケティングを行う。

対象者に価値を認めてもらうことができれば、きっとあなたの人生は好転することでしょう。

 

まとめ

自分の価値を他人に認めてもらうのは、とても難しいことのように思うかもしれません。

しかし、価値を認められている人は、自然にやれていることだったりするので、その考え方さえ理解できれば、誰もが価値を提供できるようになるものです。

そのためにも、価値を求める人の思考を想像する「顧客目線」というものが何よりも大切になります。

自分の思考よりも他人の思考に寄り添うことができるかどうか。

つまりは、他人に対して興味を持ち優しさが持てるかということが価値ある存在になる秘訣なのかもしれませんね。

さて、あなたは誰かに求められる価値を提供できていますか?

それではまた、see you!

 

 - マインドハック