Koyama Log -コヤマログ-

ビジネスハックやマインドハックを学んでサラリーマン脳からビジネス脳へ変換する

未経験者の転職での採用の決め手は、どれだけ本気度が伝わるかどうか

      2014/10/06

スポンサーリンク

work-222768_500

昨日のエントリーでは、業界未経験者がマスコミ業界に転職する方法をpostしました。ただ、未経験者が転職するのは、何もマスコミ業界だけではないですよね。

関連記事:未経験でマスコミ・出版業界に転職する方法

そこで、週末起業とはいえ、会社を経営している人間として、未経験者の採用について思うところを書きたいと思います。

ちなみに、言っていることは戯言です。何を偉そうにと少しでも思ったのであれば、そっとスルーしてください。

それでも平気という人だけ、参考になるかならないかはわかりませんが、いち経営者の意見として読んでみてください。

 

スポンサーリンク

 

未経験者は採用されづらいのか

これは、会社の体力にもよると思うんですね。経験者のメリットって即戦力なわけですから、中途採用するなら経験者のほうがいいに決まってます。

未経験者であれば、仕事を教えなければならないわけですから、戦力にならないのに給料が発生します。さらに教えている人の手間が増え、作業効率が落ちるわけですから、未経験者の給料以上にマイナスが発生するわけです。このマイナスを抱える体力があるかどうかで未経験者を採用できるかどうかが決まります。

次にその未経験者が、マイナスを抱えてでも採用したくなる人材かというところ。どんなに経験があったとしても、戦力として使えなければ意味がないんですよね。

だから、未経験者に熱意とパワーがあれば、経験の差をあっという間に埋める努力をすればいいんです。単純に、経験者の仕事を数ヵ月でこえられるのであれば、将来的にはその未経験者のほうが戦力になりますからね。先行投資をする価値が出てきます。

つまり、未経験の人がその業界に入りたいという熱意がどれだけあるかってことなんですよ。「未経験者お断り!」ってだけで諦めるくらいなら入社してからもたかがしれてるでしょうね。

「自分は未経験だからできなくて当然、だからちゃんと教育してください!ちゃんと教えてくれれば戦力になりますよ!!」なんて、そんな人に先行投資なんてする気にはならないわけです。

会社は学校じゃないんです。授業料ももらわず、逆に給料を払ってまで教わってもらわなければならない人は必要ありません。それなら経験者を採用したほうがいいっていうのはそういう理由です。

そんな人材よりも「自分は未経験だけど熱意とやる気だけはあります。アルバイトでも何でもいいんで使ってください!その代わり、すぐに認めてもらえるように頑張ります!!」なんて人がいたら、考えちゃうかもしれません。実際、そうやって未経験の壁を突破してきた人なんて山ほどいるんじゃないですかね。

 

最初の壁すら越えられないならどんな壁も越えてこない

採用条件が業界経験3年以上というのを結構見ますが、これって未経験者にとって最初の壁ですよね。未経験者が働く場合、経験者に比べて働き出したあともたくさんの壁にぶち当たると思うんですね。それなのに、最初の壁すら越えられない人を誰が信じられると思うでしょうか。

求人に応募してくる人が知っている人なら、それなりに人間像とかで判断できるかもしれません。しかし、多くの場合、求人に応募し、数枚の紙切れと数回の面談で判断しなければなりません。それをふるいにかけるために壁を設けるのです。無駄な選考と、無駄な採用を減らすためです。

だったら、その数枚の紙切れと数回の面談において、自分という商品に対する最高のプレゼンテーションをすればいいのです。採用時の応募要項に、履歴書とエントリーシートを提出と書いてあった場合、大抵の人は履歴書とエントリーシートしか提出しません。

しかし、これしか送ってはいけない決まりはないのです。それとは別に自分を売り込む資料や作品を送る人ってそうそういないんですよね。皆さん真面目というか、応用がきかないというか…

書類選考の資料って、言葉は悪いですが、言ってみればDMや広告チラシと同じですよね。一目見ただけのワンチャンスで、どれだけ相手に興味を持ってもらえるかどうか。

まわりと同じならば、あっという間にゴミ箱行きです。(実際に履歴書をゴミ箱に捨てる人は居ませんが)パッと見たときに、「この人物と話をしてみたい!」と思わせることができたら面接に進めると思うんです。だから未経験者なら特にインパクトが大事。提出した書類で印象を残す努力が必要だと思います。

 

direction-255294_500

 

実際に未経験で入社した私の友人の話

これは、実際に未経験で入社した私の友人の話です。

もとはインターネット回線の飛び込み営業をしていた友人は、業界未経験ながら広告代理店に転職を希望していました。当然のように、正社員での採用なんてできません。

しかし、もともと飛び込み営業をしていたぐらいですから、自分という商品を売り込むなんてわけがありません。なんとか大手広告代理店のグループ会社に契約社員ですが入ることができました。広告代理店とはいえ、しょせん契約社員ですので、年収は頑張って実績をあげても300万程度です。

しかし、彼はそこからがすごかった。すぐに実績をあげ、売上もトップクラスになり、数年で正社員になります。さらに売上をあげ、人脈を作り、最終的には自分で独立して起業するまでになりました。今では年商数億円の会社の社長です。

彼にはこんなエピソードがありました。広告業界では当たり前と言われる酒の席での全裸芸というのがあるのですが、若手の頃は毎回接待の席で脱がされるそうです。しかし、彼はもともと酔っぱらうと脱ぐ癖があったため、他の人間が躊躇するところ、平気で脱いでいたそうです。

他の人間にとって壁となることも、彼にとっては壁にはなりませんでした。運が良かったということもありますが、彼自身もたくさんの努力をしたのです。なので、スタート時の広告業界未経験というハンデは、これっぽっちもハンデにはならず、成功できたというわけです。

 

まとめ

末端企業のしがない週末社長の戯言です。一概にすべての会社に当てはまるわけではありません。しかし、経営者にとって、なかなか持たせるのが難しい熱意とやる気を持っている人というのは、少なからず手もとに置いておきたいと思うのではないでしょうか。その熱意とやる気が本物ならば!ですけどね。

面接だけやる気と熱意をアピールする人はいっぱいいます。その場かぎりの見せかけの飾りのようなやる気です。でも、そんなのはすぐに見破られてしまうんですよ。

少なからず会社を経営しているわけですから、それぐらいは見極められます。ちゃんとした会社の人事担当者なら余計に簡単なのではないでしょうか。

そういった人たちにも伝わる本物のやる気と熱意があれば、未経験だとしても、きっと採用してもらえますよ。

 

 

 - 戯言