Koyama Log -コヤマログ-

ビジネスハックやマインドハックを学んでサラリーマン脳からビジネス脳へ変換する

お金は追いかければ逃げてしまう

      2015/02/14

スポンサーリンク

money-case-163495_500

仕事はなんのためにやっていますか?夢ややりがいのためですか?それともお金のためですか?

生活のためのお金のために働くのはしょうがないのですが、必要以上にお金儲けをしようとすると逆にお金は逃げていくのです。

スポンサーリンク

 

優秀な営業マンは売上を追いかけない

business-257872_500

例えば、営業マンが目先の売上をあげるために、相手に都合のいいセールストークを並べたりしたとしても、それはただ単に目先の売上があがっただけであり、その売上は長くは続きません。

売上をあげる近道は、その商品のファンを多く作ることがなので、ファンを裏切る行為というのは、決していい結果を生まないのです。

せっかくファンになってくれた人たちが離れるのは簡単です。ファンを裏切り信頼を失えばすぐにファンは離れます。そして一度失った信頼はなかなか元に戻すことはできません。

お客様との信頼関係を築くことが目先の売上をあげるよりも大切なのです。

営業マンの手法

営業マンのテクニックとして、「自分から商品を売るな!」という格言があります。

商品を売るのが営業マンの仕事なのになぜ?と思うかもしれません。

しかし、信頼関係ができていない相手に何かを売るというのが非常に難しいからなのです。

まず売ろうとしない

デキる営業マンの共通点は「話をする」のではなく「話を聞く」というところです。

自分から話をしたがる営業マンに対して、お客様は騙されまいとして買おうとはしてくれません。話をしたがる営業マン は、なかなか信頼を掴むことができないのです。

逆に自分の話をするのではなく、お客様の話を聞こうとする営業マンのことは信用してもらいやすくなります。すると、営業をしていないにもかかわらず、お客様の方から「この営業マンから買いたい」と指名買いをしてくれるようになります。

ものを売るべき際に必要なのは商品の説明よりもお客様との信頼関係なのです。

 

ネットのマネタイズも同じ

blog-327072_500

ネットで収入を得ようとした場合でも同じです。

お金を目的として高額なアフィリエイトサイトを作ったとしても、なかなか売上には結びつきません。マネタイズを成功させている方々のサイトを見ると、商品を売ろうとしているのではなく、本当に使ってみてオススメなものに特化して紹介しています。

自分でオススメしている商品の紹介なので、文章にもその商品への熱が伝わってくるのです。

また、アフィリエイトがメインではなく、ブログにGoogle アドセンスを設置しているだけのサイトは、読者が本当に喜ぶ内容をアップしているので、自然とファンが増えてPVを増やして収益をあげています。

これらに共通することは、全てお金を追いかけていないということなのです。

 

まとめ

追いかけて逃げるのは恋愛とお金です。追いかければ追いかけるほど、恋愛もお金も逃げてしまうものです。

がむしゃらに追いかけるのではなく、結果として手に入れられる方法を模索したほうがよい結果に繋がるかもしれません。

 

 

 - お金