【書評】一〇三歳になってわかったこと

公開日: 書評

スポンサーリンク

103sai_wakattakoto

数えで一〇三歳となった今も第一線で活躍されている、美術家の篠田桃紅氏の著書です。

百歳越えの著者の考えですから、どの言葉も非常に説得力があります。

キレイごとを並べず、本音で語る言葉の数々は、悩みを持つ現代人にとって、非常に役立つ本だと思います。

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

 

スポンサーリンク

 

自らの足で立っている人は、過度な依存はしない

私は、二十四歳で実家を出てから、ずっと一人で暮らしていますが、孤独をあたりまえだと思っています。一人の時間は特別なことではなく、わびしいことでもありません。誰かが一緒にいないと寂しくてたまらない、と思ったこともありません。ごく自然に、一人でいることを前提に生きてきました。

過去記事でも何度か自立に関して取り上げていますが、誰かのことを当てにしている人ほど自立していません。逆に、自立している人ほど、誰かのことを当てにせず、自分で行動を起こすことができます。

関連記事:主体的であるということは自分の人生に責任をもつこと

では、どちらが幸せだと思いますか?

誰かに依存するということは、依存する人の行動によってその人の幸福度が変化してしまいます。依存される方も自分の人生を生きているのですから、毎回かまってなどいられません。

すると、依存した相手が当てにならなくなると、どうすることもできなくなってしまいます。反対に依存していない人は、すべての出来事を自分の行動で決めることができ、他人を当てにしていないので、自分の行動のみで幸せになることができます。

後者の方が、明らかに自分の人生をコントロールできているとは思いませんか?

関連記事:自立とは自らの足で立ち、そして歩くことである。

 

完璧にできなくたっていい

あそこへ行きたいと思ったらいく。私のような歳になると、やれることとやれないことがでてきます。
ですから、体が丈夫なうちは、自分がやっておきたいと思うことはどんどんやったほうがいいと思います。
そうすれば、死ぬとき、思い残すということが少ないかもしれません。

失敗を恐れると何も行動を起こすことができません。同様に、完璧を求めすぎても行動にうつすことができません。

行動を起こせる人のほとんどが、見切り発車だったりします。行けそうだと思ったら、すぐに行動を起こし、走りながら考えるのがコツなのだそうです。

関連記事:知らないと損する!?仕事ができる人とできない人の特徴5つ

そもそも、どんなに完璧にシュミレーションしたところで、どんなことにでも想定外ということが起こります。100%完璧に準備ができるケースなどまれなのだそうです。

また、死ぬときに一番後悔することが、「もっと○○をやっておけばよかった」と思うのだそうです。やった後悔はすぐに忘れますが、やらなかった後悔は一生残ります。

自分の人生、後悔しないように生きたいものです。

関連記事:死ぬ前に後悔したくない20のことに学ぶ、悔いのない人生を送るための5つの教訓

 

お互いに違うことを面白がる

さまざま人種、文化、習慣を持つ人々が集まるニューヨークでは、なんでもアリ。お互いに文化を持ち寄っているので、何がいいかなんて決めつけることはせずに、違うことを面白がっている。こんなに楽しい街はない、と私は思いました。影響を受けることも、それによってっ変化することもいとはない。いつも新しくなにかをつくろうとしていました。

こだわりを持つことは良いことですが、他人を否定したり、拒否したりするのは幸せなことではありません。狭い世界で満足したところで、そこには本当の幸せはないからです。

関連記事:信念を貫くのは何のため!?信念を持ち過ぎると自分の首を絞めることもある

こだわって、自分の意見と違うことを否定して、自分の常識を押し通そうとしても、そこには軋轢が生じ、無駄なトラブルやいざこざを生み出してしまうことになります。

結果的に、そこに幸せはありません。

まず、自分の常識が世間の常識ではないことを理解すべきです。考え方や習慣も多種多様、だからいろんな人が居ると思えば、大抵のことは受け入れられるはずです。

異国人の行動や、異国の常識であれば、受け入れられるのに、同じ日本人だと受け入れることができないのはおかしな話です。それぞれの育ってきた環境が違うのですから、同じ日本人でも違うことは山ほどあります。単純に男と女でさえも違うことがたくさんあるのですから。

であれば、違うことを面白がり、受け入れることが幸せになるコツなのではないでしょうか。

だから、小さなこだわりなど、今すぐに捨ててしまいましょう。

 

まとめ

本書を読んでみると、仏教的な考え方が多く見受けられました。大正生まれの著者ですから、少なからず影響を受けているのかもしれません。

宗教というと、日本人は嫌う方も多いのですが、仏教などでは本当に役に立つ考え方が多数あります。実際、私も仏教を勉強するようになってから、心がとても軽くなり、余計なトラブルが減ったように思います。

関連記事:宗教への偏見をなくして学んでみると、ビジネス本や自己啓発本と同じようなことが書かれていた

人生に迷いがある人に是非とも読んでいただきたい1冊です。

それではまた、see you !

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

 

関連記事

【おすすめ】2015年1月に読んだ本を紹介します!!

最近、読書していますか? 私は、今年の目標に、月5冊の本を読むというのを掲げました。そ

記事を読む

【書評】「せめて25歳で知りたかった投資の授業」は投資初心者必読の入門書だった

私が好きなマンガに、「インベスターZ」という投資マンガがあります。 その、「インベスタ

記事を読む

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

【書評】堀江貴文「なんでお店が儲からないかを僕が解決する」は飲食店経営者必読の本だった!

「飲食店経営はやっぱり難しい…。」 これは、10年経営していたお店を閉店した私の友人が

記事を読む

ブロガー必見!テレ東的、ブログのネタを量産する7つの秘訣

最近、テレビ見てますか? テレビ東京と言えば、昔はアニメか旅か演歌というイメージだった

記事を読む

伝わっているか?

【書評】『伝わっているか?』は、「伝える」を「伝わる」に変える最強メソッドだった!

自分の気持ちや考え方を、相手に伝えるのって難しいですよね。自分では一生懸命伝えているつもりで

記事を読む

【書評】ドランクドラゴン鈴木拓「クズころがし」がビジネス書として良書だった

最近気になる芸人がいます。それが、ドランクドラゴンの鈴木拓です。 クズ芸人として、10

記事を読む

口ベタでも、上手くいく人はコレをやっている

【書評】誰にも教えたくない「口ベタでも上手くいく人は、コレをやっている」こと

コミュニケーション力が高い人といえば、「話し上手で相手の気持ちをつかむのが上手な人」というイ

記事を読む

何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ

【書評】「何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ」で自分を変えるための脳の習慣を知る

何をやっても続かないことってありますよね。高い意識を持ち、目的を達成させる強い意志を持ってい

記事を読む

【書評】「株2年生の教科書」で投資初心者からステップアップする

  投資信託や個別銘柄などに投資をするようになりましたが、まだまだ投資に関す

記事を読む

億男

【書評】川村元気「億男」にはお金と幸せの答えがあった

2015年の本屋大賞にもノミネートされた川村元気さんの「億男」。川村元気さんといえば、映画化

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


ギブアンドテイクでギブばかりしていると損をすると思う人へ

以前、ギブアンドテイクに関する記事を書きましたが、最近こんなコ

空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑