子供が生まれて気がついたこと

公開日: 子育て

baby-390555_500

子供がハイハイをするようになり、掴まり立ちをしながら歩くようになって、子供と同じ目線で接することが今まで以上に多くなりました。

すると、目線の高さが同じになっただけではなく、気づくことも子供と同じになっていったんです。

スポンサーリンク

 

目線を下げてみたら気がつくことがたくさんあった

infant-318093_500

子供と接するときは、目線を同じ高さにするっていうのは子育ての基本ですよね。数ある育児書には当たり前のように書いてありますが、そんなこと読まなくても、愛情を持った人なら親に限らず自然と目線を同じにします。

特にグズったときなんかだと、高い位置からでは目線を合わしてもらえないので、子供の顔と同じ高さまで体を屈めて話さなければ、聞いてもらえません。

オガワくん
へぇー、そうなんですね。
コヤマ
オガワくんも子供ができたら分かるようになるよ。

遊んでるときも、一緒にハイハイして家中を行進したり、ゴロゴロと転がり回ったり。同じ目線でいると、「あっここは段差があって危ないな」とか、「ここにモノがあるとハイハイするのに邪魔だな」ということに気づいたりします。

今までと目線が変わり、子供と同じになっただけで新しい気づきがありました。

 

目線を下げてあげたほうがいいのは子供だけとは限らない

155f71986c8eb724ddcff6ca595bbdce_s

で、ふと思ったのが、これって仕事で部下や後輩に接するときも同じなんじゃないかってことです。

大人にとって何気ない日常や家の中でも、子供の目線だと冒険がいっぱいで危険もいっぱいです。同じように、仕事に慣れた人ならどうってことないことでも、仕事に慣れていなかったり、未熟だったりすると、やりづらいことやわからないことだらけなんですよね。

それを上から目線でいると「できて当然」とか「何でこんなこともできないんだ」と思ってしまうんですよね。

オガワくん
おっ!なんか先輩っぽい発言ですね。
コヤマ
うるさい。笑

 

最初は周りの環境を整えてあげると結果が変わる

tree-338211_640

大事なのは子供に対する接し方と一緒で、目線を同じにして気づいてあげることなんでしょうね。すると、はじめての人や慣れていない人では分かりづらい資料やデータだったり、慣れるまで時間がかかるような作業の仕方だったりと、人を改善させるよりも先に周りの環境や状況を変える努力をしてあげればよいことに気がつくことができます。

子供がケガをしないように危ないものを片付けたり、ハイハイしやすいように障害物をどけたり、段差を埋めたりするように、部下や後輩が仕事をやりやすいような環境を作ってあげれば、同じように仕事をこなしてくれるようになるのではないでしょうか。

ただ、それだけでは考える力が身に付きませんし、成長がないので力量に応じて課題を与えてあげます。少しづつ求めるレベルと越えるべきハードルを上げればきっと結果が変わってくることでしょう。

オガワくん
これからも、優しくご指導お願いします。笑
コヤマ
オガワくんには、もっとハードルを上げないとね。いっぱい課題を与えてあげるよ。笑
オガワくん
げ!…お手柔らかにお願いします。

甘やかしすぎだと思われるかもしれませんが、それも愛情だと思えば別に悪いことではないと思いませんか?

 

まとめ

子供って、手をかけて愛情を注いでいると、ちゃんとそれに応えてくれるんですよね。

四六時中一緒にいる嫁には勝てませんが、それでも休みの日や平日会社にいく前などにたっぷり遊んでいると、遊びたいときにはちゃんと私のところにきてくれます。私を見つけて、笑顔でハイハイしながら近づいてくる瞬間は、本当に幸せだなぁと思ったりします。

部下や後輩も同じですよね。たっぷり手をかけて愛情を注げば、必ずそれに応えてくれるのです。まだ応えてもらえてないのであれば、その愛情が部下や後輩には届いていないので、届ける方法を見直したほうがいいですよ。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

共働きでも産休や育児休暇中は年末調整や確定申告で扶養控除が受けられるって知ってた!?

サラリーマンの皆さんはそろそろ年末調整の時期ですね。うちの会社でも申請書が回ってきていました

記事を読む

保育園に入園できる条件は何!?どこが決めるの!?裏ワザは!?

世の中には「保活」なんて言葉もあるみたいですね。 うちの子は1歳と5ヶ月になり、奥さん

記事を読む

子供の将来は親が見えている世界の影響をうける

自分が他人に影響を与えるということを今まで意識したことがなかったのですが、子供が生まれて初めてそ

記事を読む

【保存版】子供の年齢別おすすめレンズを紹介します!

うちの息子も1歳と9カ月になり、私が休みの日には毎週のように公園にお散歩に連れてっています。

記事を読む

【子どもに伝えたい】お金を稼ぐということ

子どもが2歳になり、これからだんだんと、いろいろなことを教えていかなければならないのですが、

記事を読む

TVのB−CASカードが子供に抜かれる!!すぐにできそうな対策6つ

子供が成長すると、家の中にあるものをいろいろと弄られて困ったりしますよね。うちの子も1歳になり、

記事を読む

パパ嫌い!!2歳児の息子がパパ イヤイヤ期に入った

息子が2歳になり、自我が強くなってきて第一次反抗期が始まりました。それに伴い、今まで以上にママっ

記事を読む

絵本「モモちゃんのひなまつり」で知った雛人形を飾る意味

昨年の9月に生まれた娘のために、先日ひな人形を買いに行ってきました。 その際、お店から

記事を読む

子供には無限の可能性があるけど、大人にだって可能性がないわけじゃない

最近、息子を寝かしつけるコツがわかってきたのか、嫁よりも上手く寝かしつけることができるように

記事を読む

子供が生まれたら一眼レフカメラとレンズを買おう!おすすめレンズを紹介します

子供が生まれてから一眼レフカメラを購入するお父さん方も多いと思います。 私が一眼レフカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑