腹が立つなら一足上がれ!イライラしたときに気持ちを治める方法

公開日: マインドハック ,

腹が立つことってありますよね。人に嫌なことを言われたり、腹が立つような態度を取られたりすると、私もよく腹が立ってしまいます。

先日も、奥さんのひと言にイラっとしたんですが、そのときに私の気持ちがスッと収まることがありました。

スポンサーリンク

 

イラっとしたときに引いたおみくじのタイムリーすぎる言葉

先日、ひと月遅い初詣に行ってきました。そのとき、奥さんの言った些細なひと言に対してイラっとしてしまい、本当に腹が立ってしまいました。

しかし、そこで何かを言い返してしまうと、そのまま夫婦喧嘩が始まってしまうと思い、何も言い返さずに我慢したのですが、やっぱり怒りは収まりませんでした。

で、怒りが収まらないまま神様にお参りしてしまうのも失礼な話なので、冷静になり、イラっとしたことを反省しながらお参りしました。

しかしながら、やっぱり怒りが収まらず、機嫌が悪いままおみくじをひいたのですが、おみくじの裏に書かれた言葉が、あまりにもタイムリーな言葉でした。

 

腹が立つなら一足上がれ。岩の下をば水がいく。

腹が立つなら一足(ひとあし)上がれ。岩の下をば水がいく。
一歩あがれ。世の中に尽きぬ、諍い(いさかい)の種も、親心になり、神心(かみごころ)になって眺めてみれば、腹も立たぬ、憎くもない。むしろ、優しい気持ちになれる。
神様、御照覧(ごしょうらん)の下(もと)、穏やかな気持ちになって導いてやれ、救ってやれ、助けてやれ。そのためにも先ず(まず)自分が一歩退いて反省することが肝要(かんよう)である。

この言葉を読んだとき、あまりにもタイムリーすぎて、ビックリしてしまい、気がついたらイライラしていた気持ちがどこかに行ってしまいました。

以前、私自身も同じような内容の話をこのブログで書いていたこともあり、常々イラっとしたときには一歩上がることを思うようにしていました。

参考もう怒らない!怒らないためのコツとは

しかしながら、実際にはなかなか実践することが難しく、その瞬間はどうしてもイラっとしてしまうことが多くありました。

 

私の解釈とは違った本当の言葉

このおみくじに書いてある言葉を読むと、基本的には私が思っていたことと似ていたのですが、その先にある行動が、私が思っていたことと違っていました。

そもそも私が思っていたことは、自分が上にいくというよりも相手を下に見て「見下す」ということ。自分で言うのもなんですが、本当に性格の悪さが出る考えです。

しかしながら、おみくじの言葉は違いました。さすが神様!自分が一歩退いて反省することが肝要だと言っています。

私の場合、見下しているので、自分に対する反省がありません。だから毎回イラっとしてしまいます。やはり、性格が悪い考えだとダメですね。

しかし、相手を見下すのではなく、一足上がることができれば、自ら一歩退く余裕も生まれますし、反省することもできます。

そうやって、本当の意味でも親心や神心を持つことができれば、イラっとしたり腹が立つこともなくなっていくのだと思います。

 

まとめ

あまりにもタイムリーすぎる言葉で、鳥肌が立ってしまいました。おみくじの言葉って、あまり意識して読んだことがなかったのですが、そのときはなんとなく読んだということは、自分にとって本当に必要な言葉だったのでしょう。

言葉にも縁があると思っているので、今回出会えたこの言葉も大切にしたいと思います。

それではまた、see you!

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

自立するという意味は依存から卒業するということではない

最近、どういう人が大人な人間かを考えていた時、一番初めに思いついたのが自立している人であると

記事を読む

なぜ努力は報われないのか?基準がズレると努力も無駄になる

「努力は報われる」という言葉があります。私の中学時代の恩師も「報われない努力は努力ではない」

記事を読む

自立していない人ほど言い訳をするけれど、言い訳をして本当に責任から逃れることはできるの!?

成功する人と成功しない人の違いをみると、一番顕著に表れるのが言い訳をするかしないかということ

記事を読む

自分の常識が世間の常識とは限らない

相手とのコミュニケーションがうまくいっていない状況を分析すると、どちらかの言い分で出てくる「

記事を読む

アウトプットを面倒だという人は、これからも金持ちに搾取される側でいるだけ

世の中、大半の人は何もアウトプットせず、ただ毎日消費を繰り返すだけです。 それは、自分

記事を読む

変化することを望まないのは堅実という名の怠慢である

変化を望まない人がいます。「現状が一番いい、これ以上望んではいけない。」昔の人はそういいまし

記事を読む

もう怒らない!怒らないためのコツとは

会社や家庭に関わらず、人と接点を持つということは少なからずストレスを抱えるものです。自分の思

記事を読む

努力とは才能を開花させるための手段

運動ができる、勉強ができる。持っている才能は人それぞれです。 しかし、才能だけでなんで

記事を読む

世の中は、おかしくて矛盾だらけで理不尽だらけ!

先日、カフェでお茶をしていたら、隣の席に座っていた大学生くらいの若い子が「本当におかしい!マ

記事を読む

信用には銀行の金利のようなものがついている

今さらながら7つの習慣を読んでいるので、最近はそこで学んだ事に関するエントリーが多いのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑