【子どもに伝えたい】お金を稼ぐということ

公開日: 子育て

baby-20607_500

子どもが2歳になり、これからだんだんと、いろいろなことを教えていかなければならないのですが、教えるにしても、自分の考えがしっかりしていないと子どもにもちゃんと伝わらないですよね。

というわけで、子どもが大きくなったら伝えようと思っていることをメモしておきます。

今回は、「お金を稼ぐということ」

スポンサーリンク

 

お金を稼ぐということ

money-256306_500

お金を稼ぐ方法は二つあります。一つは嫌なことを我慢して稼ぐこと。もう一つは人が喜ぶことをして稼ぐこと。多くの人は嫌なことをしてお金を稼ぎます。我慢したことに対する対価としての報酬ですね。

しかし、人間は誰もが嫌なことはしたくないと思っています。なので、できるだけ嫌な思いをしている時間を短くしようとしますし、楽をしようとします。

だから、できれば仕事には行きたくないし、行ってもできるだけ楽してサボろうとしてしまいます。自分の周りにこういう人、結構いますよね。

この場合、嫌なことをしているので努力もしないし、やる気もおきなくなります。その結果、もらえる報酬だけの仕事しかしないので、それ以上報酬が増えるはずもなく、ずっとお金がない状態が続きます。

オガワくん
 うわ、めちゃくちゃイタイところつきますね。
コヤマ
 深く考えないで働いている人が多いけど、仕事やお金に対してきちんと向き合えているかどうかで、全然変わってくるからね。子供にはちゃんと伝えたいんだ。

 

原因は幼少期のお小遣いのあげかた!?

money-79657_500

では、なぜそうなってしまうのかというと、幼少期の親のしつけにあるのではないでしょうか?一番悪いのは子供の頃に親がお小遣いをあげるために家の手伝いをさせることだと思ってます。

やりたくない家の手伝いの対価としてお小遣いが貰えるということは、小さい頃からやりたくないことをしないとお金が貰えないと教えているのと同じです。

そうではなく、お金は人が喜ぶことをするとそのお礼として貰えるということを教える必要があります。

例えば、子供にお手伝いをさせてお小遣いを渡すのであれば、お手伝いの対価としてお小遣いが貰えるのではなく、お手伝いをしてもらうと親がありがとうと思う、そのありがとうの対価としてお小遣いが貰えるのだと教えてみてはどうでしょうか。

おじいちゃんやおばあちゃんが孫にお小遣いをあげるのも同じです。会いに来てくれてありがとう、一緒に遊んでくれてありがとうという気持ちをお小遣いという形で表しているのです。

オガワくん
 そういう考え方をしたことなかったなぁ。でも、この考え方の違いってすごい大事なのかもしれませんね。
コヤマ
 うん、すすんで人を喜ばそうとする人間に育ってほしいんだよ。そうすれば、いつの間にかお金もついてくるからね。

 

どんな仕事でも人の役に立っている

afroamerican-349806_500

どんな仕事でも自分や相手を幸せにすることができます。お金を払ってくれるお客さんはもちろんですが、一緒に働く仲間や同僚、上司や部下、外注先の人も仕事に関わる人です。仕事に関わる全ての人が幸せになれば、その成果は必ず報酬に反映されてきます。

仕事に関わる人には当然家族も含まれています。例えば家族のためにイヤイヤ仕事をしていても、自分は幸せになれません。犠牲になっているとう気持ちしかないので、あとあと必ず後悔してしまいます。

しかし、考え方を変えてみると、そういった後悔をしなくて済むかもしれません。仕事に行くことによって家族を幸せにすることができて、家族の幸せ=自分の幸せであれば、仕事に行くことは自分も幸せになるということになります。

解釈の違いかも知れませんが、このような考え方の違いだけで、お金を多く稼げる人とそうでない人の差が出てくるのだと思います

オガワくん
 これ、子どもだけでなく、大人にとっても大事なことですね。
コヤマ
 そう思えるなら、オガワくんもさらに成長するね。笑
オガワくん
 はい!頑張っていっぱい稼げる人間になります!!笑

 

まとめ

これから先、小学校、中学校、高校、大学と進学しても、こういった考え方を教えてくれる人はなかなかいません。今の学校教育は、社会に出て、何も疑問に持たず企業の歯車になる人間を作り上げようとしているからです。

参照記事:学校教育に期待するのはムダ!日本の学校は「ある人間」を作ろうとする養成所である

まぁ、そもそも、教師もこのような教育を受けていないので、こういう考え方の教師が少ないというのも理由の1つだと思いますけどね。

だから、親自身がこれから始まる「なんで?なんで?」にきちんと答えられるように準備していく必要があるのだと思います。

 

【ご紹介】

お金に対する教育は、学校では教えてくれません。親がしっかりと理解し、子どもに教えてあげなければなりません。しかし、親もまたお金の教育を受けていないのですから、子どもにどう伝えればいいのか分かりませんよね。

下に紹介するのは、お金について何も知らず、貯金0で散財し続けていた私がお金と向き合う大事さを学べた本です。

目からウロコのことが分かりやすく書かれているので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

もし突然親が死んでしまっても、あなたは後悔しないと言えますか!?

先日、私の母親が、定年後も働いていた会社の延長契約が満了し、退社することになりました。 長い間

記事を読む

絵本「モモちゃんのひなまつり」で知った雛人形を飾る意味

昨年の9月に生まれた娘のために、先日ひな人形を買いに行ってきました。 その際、お店から

記事を読む

自分の誕生日は親に感謝する日なんだってことに親になってから気づいた!

自分が親になると、両親の苦労が良く分かると言いますが、自分の子供が生まれてから、この言葉を身にし

記事を読む

子供が生まれたら一眼レフカメラとレンズを買おう!おすすめレンズを紹介します

子供が生まれてから一眼レフカメラを購入するお父さん方も多いと思います。 私が一眼レフカ

記事を読む

出産祝いの絵本で他の人とかぶりたくない人におすすめなのが「どうよううたのえほん」

子供が大好きなものといえば、「うた」と「えほん」ですよね。うちの息子は、歌が特に好きなようで、音

記事を読む

Gapモデルになれるチャンス!?「GapKids Class of 2014」に応募してみた

photo by @GapKids_JP 先日GAPに寄ったら、GapKids/babyGap

記事を読む

子供の将来は親が見えている世界の影響をうける

自分が他人に影響を与えるということを今まで意識したことがなかったのですが、子供が生まれて初めてそ

記事を読む

カメラ持ち込みOKの「LIFE STUDIO 下北沢店」で今年も撮影をしてきました!

昨年、息子の1歳の誕生日記念に「LIFE STUDIO 湘南店」で撮影してもらってきたんです

記事を読む

主婦業が大変だというけれど、週末主夫を始めて思ったこと…

少し前の話ですが、どんなに主婦が大変かを訴えているブログが、Facebookなどでシェアされ

記事を読む

パパ嫌い!!2歳児の息子がパパ イヤイヤ期に入った

息子が2歳になり、自我が強くなってきて第一次反抗期が始まりました。それに伴い、今まで以上にママっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑