不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

公開日: マインドハック

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言ったり、仕事帰りの居酒屋で仕事の愚痴を言っていたり…。

周りにこういう人がいると、いい加減にしてくれって思っちゃうんですが、会社で働いていると各部署に1人ぐらいは必ずいたりします。

今回は、そんな不満ばかり言う人の特徴をご紹介します

スポンサーリンク

 

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ

プライドが高い

プライドが高い人は、自分を上に見せるために他人のことを下に見る傾向にあります。そのため、他人のダメなところを探し、文句を言うことによって自分の価値を高めようとします。

また、プライドが高いため、自分の意見に絶対的な自信があります。なので、自分の意見が通らないと、あれが悪い、これが悪い、という文句を言ってしまいます。

ただ、そうすることによって余計に周りの評価が下がり、自分の意見が通らなくなってしまうので、自分で自分の不満のタネを作っているとも言えます。

完璧主義者である

人に対して不満ばかり言う人は、他人に対して完璧を求める傾向にあります。完璧主義者であるがために、周りの些細な欠点やミスが許せません。

そして、他人に対する要求が高いため、あれこれして欲しいと、他人が自分のために動くことを求めます。他人にして欲しいことを要求し、そのデキに不満を言うのですから、周りの人にしてみればたまったものではありません。

こういう人は、自分の評価が高く、他人への評価が低いので、不満がなくなることがありません。

他人のせいにしたい

自分で責任が取れない人ほど、他人のせいにして不満や文句ばかり言っています。

ものごとがうまくいかないのは他人のせい。自分がうまくいかないのも他人のせい。自分でなんとかする実力や能力がない人ほど他人のせいにして不満を口にします。

自分ではなんとかできないので、これからもずっと不満を口にし続けます。

視野が狭く自分の損得しか見えていない

自分基準でしか見ていないから周りが見えません。広い目で見れば違う見方ができるのですが、視野が狭く自分本位な考え方なので、不満ばかりが目につきます。

将来的にどうなるか?とか、トータルで考えたらどうか?という視点がないので、結局は自分の損得勘定しかできません。

自分が損して他人が得することを許さず、他人が損をしてでも自分が得することが優先なので、他人に不満をぶちまけます。

そんな人に周りが何かをしてくれるはずがないので、結局自分が一番損をしてしまい、また不満を口にし続けます。

自分のことを理解してもらいたい

今までの人生で、自分の思い通りにならない事ばかりだったので、自分のことや自分の意見を理解されないことに不満があります。

誰も自分を認めてくれず、誰も自分の意見を聞いてくれないので、それを引きずって不満を口にしてしまいます。

そもそも、認めてもらえないことや意見を聞いてもらえないのは、原因があるはずです。その原因を解決しない限り不満を口にしても何も変わりません。

解決するためには、まず自分が他人を認め、話を聞き、自分を変える努力をする必要があります。

周りの人の代弁者のつもりでいる

自分の意見は正しく、周りの人も同じように思っていると信じて疑わない人は、それが文句であることに気がついていません。

こういう人は、周りの人の代弁者のつもりでいるので、多くの支持を得ていると勘違いしています。

そのうち、代弁するのが自分の使命だと思いこみ、間違った正義感を振りかざして、悪びれもせず不満や文句を言い続けます。

結局行動しない

不満や文句を周りの人や他人に言い続ける人は、行動して自分でなんとかしようとしません。そもそも、行動する人は不満や文句を言う前に行動しています。

そんなに不満や文句があるのであれば、自分でなんとかすればいいのですが、自分でなんとかする実力がないので不満や文句を他人にぶつけるしかありません。

結局、何も解決しないので不満や文句を言い続けることになります。

 

不満を言う人は常に別の不満を言い続ける

目の前の事に不満を言う人は、それが解決したとしても、また別の不満を言いだします。常に何かに不満を持ち、常に何かに文句を言いたくなってしまうのです。

こういう人は、常に不満や文句を探す癖がついてしまっています。脳は、できるだけ慣れた思考をしようとするので、自分で意識しない限り直ることはありません。

関連【書評】「何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ」で自分を変えるための脳の習慣を知る

そもそも、現状の不満や文句を他人のせいにして変えてもらおうとしても何も変わりません。変わらなければならないのは自分なのです。

 

まとめ

いかがでしたか。不平不満が多い人に解決策をアドバイスしようとしても無駄です。そういう人は、どんなアドバイスも論破しようとして、いかに自分の力では解決できないかを言いだします。

そういう場合は、アドバイスなどせず、ただ聞き役に徹してあげるのが得策です。下手に反論して長引かせるよりも、好きなだけ文句を言わせてあげた方がいいでしょう。

不平不満が多い人が周りにいると、マイナスな言葉ばかり聞かされてしまうのでマイナスな思考がうつってしまいます。なので、できればあまり関わらないようにしたいものですね。

それではまた、see you!

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

学校教育に期待するのはムダ!日本の学校は「ある人間」を作ろうとする養成所である。

私たちの時代の学校教育は、「詰め込み教育」だの「偏差値重視」だの言われていた。 学校は勉強を教える

記事を読む

毎日続けるためのコツ3つ

何かを続けようとしてもなかなか続けられない人というのは多いですよね。勉強、運動、ダイエットな

記事を読む

世の中は、おかしくて矛盾だらけで理不尽だらけ!

先日、カフェでお茶をしていたら、隣の席に座っていた大学生くらいの若い子が「本当におかしい!マ

記事を読む

信用には銀行の金利のようなものがついている

今さらながら7つの習慣を読んでいるので、最近はそこで学んだ事に関するエントリーが多いのですが

記事を読む

学ぶことで満足するのではなく、学びながら考えてさらに行動しよう

日本の学校教育は学ぶことを主としています。教わったことを覚えることが重要だという方針だからで

記事を読む

話し方が不快な人の特徴9つ

話をしていて不快な話し方をする人っていますよね。 悪い人ではないし、話している内容も悪

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

努力とは才能を開花させるための手段

運動ができる、勉強ができる。持っている才能は人それぞれです。 しかし、才能だけでなんで

記事を読む

自立していない人ほど言い訳をするけれど、言い訳をして本当に責任から逃れることはできるの!?

成功する人と成功しない人の違いをみると、一番顕著に表れるのが言い訳をするかしないかということ

記事を読む

人の話を「聞く」のに大事なことは「深く聞く」ということ

人の話を聞くことが得意な人は、信頼を得やすいという特徴があります。 というのも、人は話

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑