怒られるのはありがたいこと!人は怒られたくないから行動する

公開日: マインドハック

YUKA862_megane_500

自分の意思で、何かを始められる人は放っておいても成長することができます。現状に満足せず次のステップへと踏み出せるのですから、理想的な成長の仕方と言えるでしょう。

しかし、世の中の人はそういう人ばかりではありません。人は楽をする生き物です。現状維持を好み、大変な思いをしたくないという人の方がほとんどではないでしょうか。

それでも人は成長していきます。自分の意思で成長しているわけではないのに成長するのはなぜかと考えると、それは怒られたくないからという理由がありました。

 

スポンサーリンク

 

人は怒られたくないから行動する

denwa_500

中川淳一郎氏の著書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘 (星海社新書)』の中でも次のように書かれていました。

現場ではむしろ、「能力の向上」や「お客様の笑顔」なんかよりも、「怒られないこと」がすべての原動力になっていることが多いのだ。

夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘 (星海社新書)

本文中では、なぜ仕事をするのかに対する答えとして「怒られたくないから」と説明していますが、仕事にかかわらずすべての行動がこの「怒られたくない」という感情で動いているのです。

過去の人生を振り返ると、心当たりがあるのではないでしょうか。

  • 勉強するのは親や先生に怒られたくないから。
  • バイトを無断で休まないのは社員に怒られたくないから。
  • やりたくない仕事でもするのは上司に怒られたくないから。
  • 会社を辞めないのは親や奥さんに怒られたくないから。

人は常に誰かから怒られながら生きてきているのです。

 

怒られたくないのは承認欲求によるもの

BL003-500

人は誰もが承認欲求を持っています。自分という人間を認めてもらいたいし、自分のことが正しいと言ってもらいたいわけです。

怒られるというのはこの全く逆のことです。自分の行動を否定されますし、自分という存在が否定されたような気分になってしまいます。

相手が自分の生活に全く影響を与えない人間であれば、怒られたりクレームをつけられてもなんとも思わないでしょう。少なからず嫌な気分になるかもしれませんが、行動に移すまでではないかもしれません。

しかし、自分が認めてほしいと思っている相手から否定されるというのは、精神的なダメージが大きいものです。

精神的ダメージを受けたくない、否定されたくないという気持ちから怒られたくないと思うようになり行動に移すようになるのです。

 

どんな立場の人でも誰かに怒られている

fumareru_500

日常生活をしていく上で、誰かに怒られるというのは、人と関わる以上どうしても避けられないことです。

例えば、子どもだったら、親から独立したり、学校を卒業したり、仕事であれば出世したり会社を辞めて独立したり。そうやって、誰かの下という立場から卒業すれば怒られるというポジションから逃れられるのかと思いました。

しかし、実際は違います。

親元から離れ、学校を卒業したとしても仕事の上司に怒られます。出世したり独立して社長になったとしても、お客さんや取引先、株主から怒られます。

官僚は政治家に怒られますし、逆に政治家も官僚や先輩議員に怒られます。頑張って総理大臣になったとしても、国民から怒られてしまうわけです。

じゃあ、人と絡まないように一人でブログを書いて生活したとしたらどうでしょう。それでも読者に怒られ、炎上することがあります。

結局、怒られるということからは誰も逃れられないのです。

 

怒られないと何もしなくなる

okappa_500

では仮に怒られないと人はどうなるかというと、堕落してどうしようもない人間になってしまうのがほとんどです。

多くの宝クジ高額当選者が、その後の人生を狂わせてしまい、不幸になってしまうのは怒る人がいなくなるからです。

宝クジが当たって仕事を辞める→お金があるので怒られない

何もせず堕落した生活をする→お金があるので怒られない

結局、怒る人がいないので楽な生活に走り、お金を無駄に使ってしまって取り返しがつかなくなるパターンがほとんどです。

宝クジで1億や2億当たったところで、サラリーマンの生涯賃金と変わりません。同じ金額を小分けに貰っているか、いっぺんに貰えたかのに関わらず、怒られないと金銭感覚がマヒしてしまい人生を狂わしてしまうのですから、人間がどんなに弱い生き物なのかがわかります。

 

まとめ

いかがでしたか。怒ってくれる人というのは自分にとって重要な人物であるということが気づけたのではないでしょうか。

「怒る」「怒られる」というのはどちらの立場であっても嫌なものです。その嫌な立場を担ってくれるのですから、怒ってくれる人を「有難い」と思えることができたら、また一つ成長できることでしょう。

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

学校教育に期待するのはムダ!日本の学校は「ある人間」を作ろうとする養成所である。

私たちの時代の学校教育は、「詰め込み教育」だの「偏差値重視」だの言われていた。 学校は勉強を教える

記事を読む

ネガティヴ思考の人でも成功する唯一の方法とは…

後ろ向きな考えで、常にネガティヴ思考の人は、なかなか成功することができません。 失敗を

記事を読む

成功する人とそうでない人の違いはどのくらい先を見ているか

行き当たりばったりという人をよく見かけます。常にその場の最善を尽くすと言えば聞こえはいいです

記事を読む

あなたの「夢」が叶わないのは、運や才能だけが理由ではない!

あなたには夢がありますか? 誰もが、大人になるにつれて、いつの間にか夢を持たなくなって

記事を読む

イラッする前に行間を読み取ろう!!本当に言いたいことがわかるはずだ。

世の中には言葉や文章が溢れています。インタビュー記事やブログにコラム。インターネット上でもさ

記事を読む

愚痴を吐き続ける人はマイナスの運気から逃げられない人である

いつも愚痴っている人っていますよね。仕事の愚痴、人間関係の愚痴、家族に対する愚痴などなど。

記事を読む

好きなことを仕事をしているのに、なんで嫌いな仕事を保険にするの?

先日、好きなことをするために地方から出てきたという若者を紹介されて会ってきました。 そ

記事を読む

運がいい人と運が悪い人にはそれぞれ理由があった

運がいい人と悪い人っていますよね。目に見えないものに左右されていると考えるのは、少し腑に落ち

記事を読む

変化することを望まないのは堅実という名の怠慢である

変化を望まない人がいます。「現状が一番いい、これ以上望んではいけない。」昔の人はそういいまし

記事を読む

なぜ人は人をイジメるのか?その答えは人の弱さにあった

いつの時代も無くならないのがイジメという問題。 日々のニュースでは、学生が同級生にイジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑