もしかしたら地域情報紹介サイトはブルーオーシャンなのかもしれない

公開日: ブログ

blog-327072_500

最近、全然このブログを更新していませんでしたが、何をしていたかというと、懲りずにまた新しいブログを作っていたわけです。

もともと飽き性なもんで、すぐに新しいことを始めたくなるのが悪い癖。

で、今度は何を始めたかというと、住んでいる地域の情報サイトなんです。

 

スポンサーリンク

 

地方都市の地域情報ポータルサイトはブルーオーシャンだった!

sailing-boat-596462_500

地域情報サイトを作ろうと思った理由は単純です。休みの日に食べたラーメンや、夜に飲みに行ったことをキチンとアウトプットしようと思ったから。

食べただけ、飲んだだけでは何も生み出しませんからね。それが、アウトプットできてマネタイズできれば、それらの消費が取材費と言う名の経費として計上できます。

さらにそれらがネタになり継続的にお金を生み出してくれるようになれば、これほどオイシイことはありません。まあ、そんな下心満載な気持ちで作り出したんですが、ブログを公開してから意外な盲点に気づきました。

それは、ちゃんとSEOを意識して地域情報を公開しているブログやサイトが少ないということ。

7月から更新して、約20数記事アップしたんですが、更新した記事のほとんどが、検索ワードで1ページ目に上がっているんです。

 

ライバルは「ぐるなび」や「食べログ」と行政のホームページばかり

computer-313840_500

地域のお店を紹介しているブログは、主婦などが日記代わりに書いているブログがほとんど。主にアメブロなどが多く、SEOを意識なんてしていません。

そのため、1ページ目にあがってくるのは、ぐるなびや食べログといったサイトしかなく、口コミはあるものの、それよりも検索順位の低い個人ブログの方が見てもらえる傾向にあるようです。

つまり、写真満載な個人サイトのお店レビューは、後発でも他のサイトに勝ちやすい傾向にあるということです。

そもそも、iPhoneなどのガジェット系ブログや、子育て系のブログ、ビジネス系のブログなどは、ライバルが全国にいるわけですから、かなりのレッドオーシャンです。生半可なSEO知識では、なかなかブログを更新する時間の取れない人に勝ち目はありません。

時間が取れない人が、ブログをマネタイズするには、ブルーオーシャンの戦場で戦うしかないということ。そういった意味では、地域情報サイトというのは、意外な穴場だったわけです。

 

地域情報サイトは需要があるのか!?

job-chage_500

私が地域の情報サイトを作る上で、一番不安だったのが、『その情報に需要があるのか?』ということ。都会の情報ならまだしも、地方都市の情報を求めている人がどれだけいるのか?という不安がありました。

しかし、その不安は杞憂に終わりました。そもそも、このブログの方が読者の役に立つ情報が少ないわけで、それよりは読者が役に立つ情報がたくさん書けているみたいです。

例えば、食べ歩いているお店レビューも人気ですが、それよりも地域のイベント情報などが人気です。

ブログを始めて気づいたんですが、地域のイベント情報をまとめたサイトって意外とないんですよね。それぞれの団体がそれぞれの主催のイベントしかサイトに載せていないので、いろいろな情報を集めようとすると、数多くのサイトを周回しなければなりません。

それを、まとめた記事を作ってSEOを意識したタイトルをつけるだけで、意外と簡単に検索上位に上がり、安定したPVを確保できます。これって、かなりオイシイですよね。

しかも、自分も地域のイベントを知ることができるので、家族で出かけたりすることもできるわけです。そして行ったらそれがまた記事になる。

これこそ、自分と読者が本当に役立つ記事なんじゃないかと思うようになりました。

実際、地域情報サイトで有名な「ひらつー」は、月100万PV以上を稼いでます。まあ、向こうは更新頻度も違うし、個人サイトというよりもライターを雇って、複数人で更新しているので、比較にはなりませんが、似たようなサイトでも30〜50万PVといった実績があります。

そして、どのサイトも大都市とは言えない地方都市の情報サイトです。であれば、自分の住んでいる街でまともな地域情報サイトがなければ、チャンスだというわけです。

 

ブログを分けた理由

blog-372771_500

では、何故このブログではダメなのかというと、住んでいる場所を公開する気がないからという理由です。私ひとりの情報など別にどーってことないのですが、一応奥さんと子供が居るので、家族のことを考えたら、やはり別ブログがいいだろうという結論に達しました。

ブログのテーマは特化したほうがSEO的にも良いと言いますし、好き勝手なことを書けなくなるのが嫌で、このブログは友人・知人には紹介していないんですが、別の名義で作った地域情報サイトであれば、友人・知人に対してたくさん宣伝できます。個人情報を出すことをためらいながら匿名でブログ運営をしている人にとって、複数の名義を持ち、名義ごとにプライベートな情報を出す範囲を決めておけば、リアルもうまく活用できるかなと考えました。

また、一つのブログでPVを増やす壁にぶつかったら、複数ブログで合計のPVを増やせばいいのかなとも考えました。例えば、10万PVで行き詰まったら、10万PVのサイトを2つ作れば20万PVになるかと。PVや収益の停滞は、ブログに対するモチベーションに直結してきます。ある程度のところまでブログが育ってしまうと、更新しようがしなかろうが、PVも収益もそんなに変わらなくなります。すると、さらに更新意欲がなくなってきてしまうんですよね。

 

まとめ

複数ブログの更新で、さらに更新頻度が下がってしまいますが、ある程度めどがたったところで、更新頻度のバランスを考えて運営していこうと思います。

というわけで、このブログはテーマも関係なく、自分が書きたいことを書く雑記ブログとして残していきますので、不定期更新になりますがこれからもよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

好きなことをしているなら人からの評価は気にしなくていい

  ブログを書いていて、PVが気になったり、コメントやシェアされた数、はてブ

記事を読む

気がついたらブログ開設1周年だったので、これまでを振り返ってみた

気がついたらいつのまにか、ブログを開設して1年が経ちました。 最近は、意図的にブログに

記事を読む

ブログを開設して3か月間毎日更新してみた結果

起業した軌跡と、マインドハックを備忘録として記録しようと2014年3月7日にブログを開設して

記事を読む

埋もれてしまっているブログ記事を掘り起こして自薦してみる

ブログ開設から5ヶ月と少し。ブログをはじめてから、毎日コツコツと記事を積み重ね、昨日までに1

記事を読む

ブログのアクセスが増えない!?ではドラッカーとブログの話をしよう

かつての私もそうでしたが、先人の教えに従って、毎日のようにブログを更新してみたけれど、なかな

記事を読む

ブログ開設3か月で結果が出せなかったブログの6か月後のアクセス状況を公開します

おかげさまで、このブログを開設してから6か月が経ちました。 ブログをはじめたら、とりあ

記事を読む

半年間毎日更新して月4,000PVしかなかったブログをたった1ヶ月でアクセスアップさせた方法

ブログを開設して早8ヶ月が経過しました。 ブログ開設当初は、先人の知恵に従えと、何も考

記事を読む

自分で選ぶ『コヤマログ』のオススメ記事#手前味噌良記事3選

Twitterのタイムラインで、こんなのを発見しました。 【本日更新の記事】→あなたの

記事を読む

私がブログを書く理由

ブログを開設して5ヶ月が経ちました。3ヶ月たった頃よりは多少PVも増えてきましたが、それでも

記事を読む

3か月間毎日更新したブログの100記事目で思うこと

先日、ブログ開設から3か月が経ちましたが、今回のこの投稿でちょうど100記事目です。 区切りの10

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑