銀行口座からお金が消える!?「預金封鎖」は過去の話だけではない!

公開日: お金

 

husa_500銀行に預けていたお金が、ある日突然自分のものではなくなったら、あなたはどうしますか?そんなことあるわけがないと思っているかもしれませんが、これは実際に日本であった話です。

それが、戦後の日本で行われた「預金封鎖」です。

先日、NHKで特集されてから、話題となっていますが、本当にそんなことが起こるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

「預金封鎖」とは…

bank_500

預金封鎖とは、国民が銀行に預けている預金を自由に引き出すことを制限することで、戦後の日本において、インフレ対策と国債返済の手段として実施されました。

当時の日本では、戦争の資金を確保するためにバンバン国債を発行していました。また、戦争の影響によりインフレがすすんだこともあり、経済破綻直前に陥っていました。

そこで政府は、日本の貨幣を新円に切り替えることを発表し、それまでの旧円の預金から新円で引き出せる額を制限し、すぐに全額を新円で引き出せなくしたのです。

そして、引き出せなくなった旧円の預金には、「財産税」という税金をかけ、預金金額によって最大90%の税率をかけて国民の資産を国が奪っていきました。

「国の借金は国民が負担するべき」という思想から行われた施策です。

 

21世紀でも「預金封鎖」は行われている

gyouretsu_500

こんな話、現在ではありえないと思われるかもしれませんが、21世紀になっても世界では行われています。キプロスでは課税処置のための預金封鎖が2013年3月に行われました。

現在、日本政府は、アベノミクスによってデフレ脱却を図ってはいます。しかしながら、思ったような成果が得られなかった場合、「預金封鎖」のような大ナタを振らないとも限りません。

実際、民間企業の法人税を引き下げ、個人の税金を引き上げる施策をしているような政府ですから、何が起きても不思議ではないというのが、現在注目されている「預金封鎖」への不安です。

実際、日本の政府債務残高はGDP比約250%となっており、戦後に「預金封鎖」が行われた際の政府債務残高の規模(GDPF比)約267%に迫っている状況です。

1990年代に財政健全化を行い、現在では100%前後で推移している欧米諸国などと比べて、最悪な財政状況であると言われているわけです。

 

「預金封鎖」への対策はあるのか?

mansion-559278_500

「預金封鎖」をしてしまえば、政治家自身も資産を失ってしまう恐れがあります。そんなことを政治家自身が行うことはあるのでしょうか?しかし、そこにはしっかりと抜け道を用意しているものです。

当時の資産家や政治家たちが「預金封鎖」の抜け道として選んだのが、不動産の取得と株式への投資です。奪われるのは預金ですので、その預金を事前に不動産や株などに投資して旧円から新円への換金の影響を受けないようにしました。

また、個人名義の不動産などは「財産税」の名目で税金徴収の対象となってしまうので、法人化して個人の資産にならないようにしました。

つまり、「金持ち父さん貧乏父さん」に書かれている「株」「不動産」の取得と「法人化」が、預金封鎖への対策というわけです。

関連記事:【書評】「金持ち父さん貧乏父さん」が教えてくれたのはマネーリテラシーの大切さだった

 

金持ちはどこまでも金持ちであり、そうでない人はどんどんと搾取される

winston-churchill-572604_500

世の中の仕組みを作っているのは、政治家と一部のお金持ちの人たちです。彼らは自分たちの利権を守りつつ国策を決めます。自分たちが不利益になることは、絶対にしません。

例えば、大手企業の社長や役員は、不祥事があって役員報酬の一部を返還したとしても大したダメージとはなりません。何故なら、自社株を大量に所持しているため、配当金によって収入を確保しているからです。

日本では、小泉政権時の政策で、証券優遇制度によって、所得税と住民税が優遇されているので、働いて稼ぐよりも配当金でお金を得るほうが、税金は安くすみます。

資産が多い人は、それだけ多くの株式を取得していることが多く、税負担率が少なくなっていき、節税効果は高くなります。

また、日本を代表する企業のトヨタ自動車が、5年間も法人税を払っていなかったという事実もあるように、儲かっている人、儲かっている企業が、税金をたくさん払わなくても済む仕組みが、日本の経済をおかしくしているのだと思います。

関連記事:アウトプットを面倒だという人は、これからも金持ちに搾取される側でいるだけ

 

まとめ

私たちは、小さいころから「貯金しなさい」と教えられ、銀行にお金を預けていることが当たり前で安全なことだと思っていました。

しかしながら、現在の日本の経済状況では、何かのバランスが崩れた時に、全てを失う恐れがあります。

国が、お金持ちを優遇する政策ばかり進めるのであれば、マネーリテラシーを高めて、自分たちも同じように優遇される対策を打つしかないんですよね。

あなたの財産は大丈夫ですか?

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

お金を増やすために、まずは自分のお金の使い方と向き合い欲求をコントロールする

独身時代の自分を反省し、お金について勉強をしているのですが、そのほとんどが、収入を増やす方法や、

記事を読む

【書評】「神様が教えてくれたお金の話」を読んで、お金の使い方をもう一度見直すことができた

今回ご紹介するのは、またまたお金関連の本。お金関連の本と言えば、お金に対する向き合い方の本だ

記事を読む

億男

【書評】川村元気「億男」にはお金と幸せの答えがあった

2015年の本屋大賞にもノミネートされた川村元気さんの「億男」。川村元気さんといえば、映画化

記事を読む

ドラマやマンガなどに出てくるお金持ちって、なんで悪者扱いされてるの?

日本人はお金に対する知識、いわゆるマネーリテラシーが低いと言われています。特に、世の中のお金

記事を読む

ピケティ来日で話題沸騰の「21世紀の資本」とは?その内容をまとめてみた

世界中で大ベストセラーとなっている「21世紀の資本」の著者で、フランスの経済学者トマ・ピケテ

記事を読む

長期保有するならアメリカ株!?今年はアメリカ株にも投資してみる

これまで、投資信託や日本の個別銘柄に投資をしてきましたが、アメリカのNYダウ平均が歴史的高値

記事を読む

【書評】「金持ち父さん貧乏父さん」が教えてくれたのはマネーリテラシーの大切さだった

今年の目標に、できるだけ多くの本を読むことをあげました。その中で、今までちゃんと気にしたこと

記事を読む

お金を引き寄せる体質改善!

【書評】「マンガで学ぶ 心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善」で根本的な考え方を変える

今回紹介する本もお金にまつわる本です。著者の心屋さんといえば、心理カウンセラーとして数々のベ

記事を読む

7年で年収を倍に増やした私が教える収入を増やす方法5つ

今の収入を増やしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。どうしたら収入が増えるか?そう

記事を読む

【書評】「株2年生の教科書」で投資初心者からステップアップする

  投資信託や個別銘柄などに投資をするようになりましたが、まだまだ投資に関す

記事を読む

Comment

  1. こういう事が真面目に起こったら混乱の極みですね、めちゃくちゃ怖いですが今の政治家ならやりかねないのが怖いところです、ですが預金なんてものはほとんど無いので良いけど会社からの給料でさえ危なくなりますから他人事ではないんだろうなと感じます^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑