従業員の多様性を活かす!大手企業が推進しているダイバーシティとは?

ビジネス

ダイバーシティという言葉をご存知でしょうか。昨今、大手企業において推進されているダイバーシティは、これからの企業の発展に左右しかねない大きな問題です。

企業のCSR活動のうち、各企業が特に力を入れているダイバーシティとは、いったい何なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ダイバーシティとは…

afroamerican-349806_500

ダイバーシティとは、「多様性の受容」のことであり、人それぞれ個々の違いを受け入れて、認めましょうということです。

ちなみに、ここでいう多様性には、二通りの多様性があります。それは、「外面的多様性」と、「内面的多様性」です。

【外面的多様性】
性別や人種など、身体的な違い
(例)・性別 ・人種 ・国籍 ・身体障害の有無

【内面的多様性】
価値観や生活スタイルなど、個人の内面的な違い
(例)・役職 ・経歴 ・信仰 ・性格 ・考え方

単純に、個々の違いというので思いつくのが、性別や人種、身体障害の有無などでしょうか。

男性と女性の違いや、異国籍の人の宗教や生活習慣の違いなどはパッと浮かびますが、役職や経歴、さらには性格や考え方までも含まれるというのは盲点だと思います。

しかし、ダイバーシティとは、多様な人材がお互いを尊敬しながら、それぞれの能力を発揮できる環境を作る雇用の在り方を指すのですから、性格や育ってきた環境も含めて個性として尊重しなければならないというわけなのです。

 

なぜダイバーシティを推進する必要があるのか!?

architecture-22039_500

日本においては「少子高齢化による労働力の減少」という社会環境の変化により、「多様な人材の活用」が必要となり、ダイバーシティが推進されてきました。

また、企業がグローバル化を進めるにあたり、世界中にいる、考え方や価値観の違う人材の登用と、そのマネジメントが不可欠となったからです。

逆を言うと、ダイバーシティの推進が遅れてる企業は、将来的に人材不足に悩まされ、マーケット変化・グローバル化の波に乗れず、企業の発展を阻害する恐れがあるというわけです。

 

ダイバーシティを実現するために必要なこととは!?

business-456757_500

企業において、多種多様な価値観をもった人たちが、プライベートと仕事のどちらも大切にし、モチベーション高く働き続けることは、会社の発展にとって必要なことです。

生活と仕事。つまり、ワークライフバランスが取れた状態が、社員が安心して働ける職場の、あるべき姿であると言えます。

というのも、これまでの日本の企業は、プライベートよりも仕事を優先とし、家庭を犠牲にしながら働くことを当たり前としてきました。

しかしながら、近年では、女性の社会進出が進み、家事や子育ては女性がするものという考え方はすでに時代遅れとなり、夫婦が協力して家庭のことをすることが当たり前になってきたのです。

また、高齢化が進み、両親が要介護となった場合、理解のある会社でなければ、安心して働けなくなってきました。

すると、家庭と仕事、どちらか片方に比重が傾いてしまった場合、どちらもうまくいかなくなってしまい、安心して仕事ができず、結果として十分な成果が上げられなくなってしまうというわけです。

そういった状況にならないように、会社や従業員同士が「多様性」を受入れ、協力しながら仕事ができる環境づくりをしていく必要があるのです。

 

日本の多くの企業でダイバーシティは勘違いされている

girl-504315_500

日本の企業で進められているダイバーシティは、特に女性の働く環境の整備や、女性の管理職への登用、障害者の採用といった、一部分に特化した取り組みが多いように見受けられます。

しかし、本来のダイバーシティは、個々それぞれの個性の尊重という意味合いが強いため、「ゆとり世代」社員への理解なども含まれるというわけです。

これまで、「普通は…」とか、「常識的に考えて…」という言葉を耳にすることがよくありました。しかし、それこそ自分の意見をその他大勢の意見かのように振る舞い、発した意見を正当化しているに過ぎないということを理解しなければなりません。

他人の意見を否定し、自分の意見を押し付けるのではなく、「そういう考え方もあるよね」というお互いの意見を歩み寄る努力をすることも、ダイバーシティ推進の一つとなるのです。

 

まとめ

さまざまな人が働きやすい職場環境が作られれば、多くの人材がその企業で働きたいと願うようになり、優秀な人材を確保しやすくなります。

すると、優秀な人材が、より能力を発揮しやすくなり、仕事の成果が上がり、会社に利益をもたらしてくれるようになります。

企業にとって、ダイバーシティとは、取り組まなければならない「課題」ではなく、企業発展のための「戦略」となるものなのかもしれません。

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

出世に興味がないという人は自分の仕事だけしかしないと考えている人だ

最近、意外と多いのが、出世に興味がないという人たちです。 草食系男子が増えてきた影響か

記事を読む

新卒・転職問わず、就職先の会社規模は意外と重要

世の中、誰もが起業するわけではなく、大抵の人はどこかしらの会社で働きます。 そして、誰

記事を読む

自分の常識が世間の常識とは限らない

相手とのコミュニケーションがうまくいっていない状況を分析すると、どちらかの言い分で出てくる「

記事を読む

自己管理ができない人間は独立や起業に向いていない

自己管理ができない人っていますよね。自分で目標を立てることができず、計画的に何かを進めること

記事を読む

パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」で!誤解を与えない指導の仕方

職場のパワーハラスメント(パワハラ)が近年社会問題となっています。 厚生労働省のデータ

記事を読む

あなたは大丈夫?部下に嫌われる上司の特徴5つ

自分の部下と上手く関係を築けず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。なぜ嫌われてしまうの

記事を読む

タスク管理のコツは忙しいときほど急ぎではない仕事を少ししておくこと

いつも忙しい忙しいと、やることに追われている人っていませんか?そういう人ってタスク管理が苦手

記事を読む

独立・起業に向いている人と向いていない人の違い

誰もが独立して起業することは可能です。最近では、人に雇われて働くのが向いていないからと、会社

記事を読む

ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉7つ

最近では、正しい敬語が使えない人が多くなってきました。 自分では正しく使えているつもり

記事を読む

経営者目線で仕事をしたほうがいい理由

企業で働いていると、たまに言われるのが「経営者目線で仕事をしろ」ということ。実際、私も転職し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑