働いている会社の持株会と投資信託、投資するならどっちがいいの!?

公開日: お金 , ,

profits-544953_500

今年の目標として投資を始めようと、いろいろとお金について勉強しています。

そんな中、投資先を検討しているのですが、候補に挙げているのが投資信託と、現在勤めている会社の持株会です。

そこで、いったいどちらに投資したほうが良いのか、検討してみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

持株会のメリットは会社からの奨励金

持株会での自社株購入のメリットといえば、会社から出る奨励金です。奨励金の額は会社によって変わりますが、例えばうちの会社では積立て金額の5%が上乗せされます。

毎月の積立てが10,000円だとすると、会社から追加で500円の奨励金が与えられ、毎月10,500円が持株会で積立てられることになります。自分で銀行に積立貯金をしたところで、5%の利息なんてつきませんよね。そう考えるとこの奨励金は、結構お得だと思います。

また、仕事をガンガン頑張って、会社の業績を上げ、株価が上がれば自分の資産も増えるわけですから、仕事のやる気も上がります。実際、給料は会社が決めるので、今まではどんなに頑張って働いて会社に貢献したとしても、なかなか簡単に収入が増えないということがありました。

しかし、営業職や開発職などで、会社の業績を押し上げるほどの業績を残したとすると、たとえ給料に反映されなかったとしても株価が上がり、資産を増やすことができます。

すると、仕事に対して、今まで以上にやる気になれるというメリットも生まれるわけです。

 

持株会のデメリットは資産の集中

それに対して、デメリットとして挙げられるのが、資産形成が勤めている会社の業績に依存されすぎてしまうということです。

例えば、会社の業績が下がり、経営も危うくなってしまうと大変です。ボーナスがカットされ、給料を減らされ、毎月の収入が減るだけでなく、資産として積立てていた持ち株の価値が目減りしてしまうことになるからです。

正直、このリスクはかなり大きいと思います。どんなに大企業だとしても、予期せぬ事故や不祥事で株価が一気に下がるなんてことはザラにありますからね。

そう考えると、同じカゴにタマゴを乗せるような投資は、避けたほうがいいのかもしれません。

 

複利のチカラを発揮できる投資信託は捨てがたい

自社の持株会が一社だけへの投資に対して、投資信託は日本に限らず世界中の企業に分散投資が可能です。一つの企業の業績に一喜一憂することなく、比較的低リスクで投資をすることができるのがメリットです。

そしてもう一つ、それが複利のチカラです。以前、セイトさんのブログでその威力を知って以来、複利の持つチカラに夢中です。

参考:500円が20年後に1326円。私が怖くて安易にお金を使えなくなった経緯|Star Metro

以前、知らないことは罪という内容の記事を書いたことがありますが、そんな偉そうなことを言っていても、まだまだ知らないことがたくさんあるんだということを思い知らされました。

関連記事:知らないのはみんな一緒、むしろ知ろうとせず調べないことが罪である。

というわけで、持株会が5%の奨励金であるならば、投資信託も年利5%で20年運用した場合どうなるか計算してみました。

 

【持株会の場合】
月10,000円を積立て、5%の奨励金で20年続けたとすると… 2,520,500円

【投資信託の場合】
月10,000円を積立て、年利5%で20年間続けたとすると… 4,166,310円

 

その差はなんと1,645,810円!!160万ですよ!160万!!この差はかなり大きいですよね。

まあ、実際に年利5%で20年も運用するのは、かなり眉唾な計算かもしれませんが、それでも現実的な話で考え、年利3%程度とするとどうでしょうか。

 

【年利3%で運用された投資信託の場合】
月10,000円を積立て、年利3%で20年間続けたとすると… 3,321,178円

 

年利3%として考えたとしても、その差は800,678円となります。

もちろん、勤めている会社の株価が上がり、その分の利益が出るかもしれません。投資信託が、年利3%どころかマイナスとなる可能性も否定はできません。それでも、分散投資でリスクも抑えられる投資信託の方がいいような気がしてきました。

 

結論は投資信託に比重を置いて持株会も運用

はい、結論から言うと両方に投資します。とは言っても、投資信託に重きを置いて、持株会も少しだけ持っておこうかと思ってます。

比率的には投資信託:持株会=2:1程度ですかね。

どう考えても投資信託の方がメリットが大きいのですが、せっかく頑張って働いて会社に貢献して株価を上げても、その恩恵を受けれないのは、きっと後悔すると思います。

あとは、現在うちの会社の株価は、右肩上がりで上がっているので、とりあえず乗っておこうというのがもう一つの理由。分散投資として考えれば、悪くない選択かなと思っています。

 

まとめ

どちらに投資するかは、働いている会社の状況や、投資の考え方によって様々だと思います。持株会なんてほとんどメリットなんかないから止めておけと言う人もいるかもしれません。

自分は何に投資した方がいいかというのは、人によってそれぞれ変わってくるかもしれませんので、慎重に選びたいものですね。

今回の話が、私と同じように投資先に悩んでいる人の役に立てれば幸いです。

それではまた、see you!

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

億男

【書評】川村元気「億男」にはお金と幸せの答えがあった

2015年の本屋大賞にもノミネートされた川村元気さんの「億男」。川村元気さんといえば、映画化

記事を読む

お金の正体とは!?お金は目的ではなく手段である

お金の価値は人それぞれ違うものです。年収が1千万円でお金持ちであると思う人がいれば、いやいや

記事を読む

【初めての株主総会】DeNA(2432)株主総会 2015に行ったらお土産を貰ってきた

今年になって、いろいろと投資の勉強を始め、DeNA株を購入し、晴れてDeNAの株主となりまし

記事を読む

ただ貯金をしているだけではダメ!貯金をするなら「使う貯金」と「増やす貯金」で分ける

貯金してますか!? 若い頃からお金の管理が全くできなかった私は、本当に貯金が苦手でした

記事を読む

お金は追いかければ逃げてしまう

仕事はなんのためにやっていますか?夢ややりがいのためですか?それともお金のためですか?

記事を読む

明日からでも出来る!!お金持ちになるために必要な5つのこと

お金持ちはお金を大事にしてお金を生かす使い方をします。 それに対してお金のない人ほどお

記事を読む

長期保有するならアメリカ株!?今年はアメリカ株にも投資してみる

これまで、投資信託や日本の個別銘柄に投資をしてきましたが、アメリカのNYダウ平均が歴史的高値

記事を読む

お金と人を引き寄せる法則

成功者が持っていて、そうでない人が持っていないのが「お金」と「人脈」です。 お金と人脈

記事を読む

【書評】「株2年生の教科書」で投資初心者からステップアップする

  投資信託や個別銘柄などに投資をするようになりましたが、まだまだ投資に関す

記事を読む

【書評】「神様が教えてくれたお金の話」を読んで、お金の使い方をもう一度見直すことができた

今回ご紹介するのは、またまたお金関連の本。お金関連の本と言えば、お金に対する向き合い方の本だ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑