ドラマやマンガなどに出てくるお金持ちって、なんで悪者扱いされてるの?

公開日: お金

banknote-15801_500

日本人はお金に対する知識、いわゆるマネーリテラシーが低いと言われています。特に、世の中のお金持ちの人に対する偏見は、妬みもあるのかもしれませんが、それにしても酷いものです。

今回はそんなお話です。

 

スポンサーリンク

 

金持ちは悪、庶民は善という設定

man-544542_500

多くのドラマや漫画に見られるのが、金持ちは悪で庶民は善という設定です。その代表的なのが水戸黄門などの大衆時代劇ではないでしょうか。

話としては、越後屋や悪代官たちが悪いことをしてお金を儲け、庶民はそれに苦しめられているというのが定番のあらすじです。すると、観ている人には、そういった印象操作によって金持ちは悪い奴だという認識が広がっていきます。

また、大衆漫画の代表作である藤子不二雄漫画にも似たような傾向があります。それが「ドラえもん」に出てくるスネ夫や、「キテレツ大百科」に出てくるトンガリです。

彼らは、水戸黄門などに出てくるような明らかな悪者とは違った設定ですが、読者に嫌な奴という印象を持たせるようなキャラクターです。家が金持ちであることを自慢し、ガキ大将に擦り寄り、庶民である主人公を馬鹿にしているのです。

これって、あまりにも偏見に満ち溢れているとは思いませんか?

 

お金持ちの子供が主人公でも偏見はある

未来

お金持ちの家の子が主人公という設定であっても、お金持ちに対する偏見は残ります。

例えば、親は自分の跡を継げばお金持ちになって幸せになれると信じているので、子供には親の言うとおりにさせようとします。それに対して子供はそれを望んでいないため反発します。

本来、本当に幸せなお金持ちならば、子供も同じようになりたいと思うはずです。なのにそうではないのは、子供から見て親の生き方は幸せではないと思っているからでしょう。

結局、主人公がお金持ちの子供だとしても、気持ちは庶民という設定になり、おかしいのはお金持ちの親という話になっています。

作り手としては、ドラマや漫画など、それを観る多くの人が庶民であるということを想定し、観ている人が喜ぶ・共感するものを作った結果なのかもしれません。

言ってみれば、これが日本人の持つお金持ちのイメージなのだと思います。

 

日本人のイメージにあるお金持ちは庶民の妬みから作られる

boy-529065_500

なぜこういったイメージをお金持ちに持つのか?それは、庶民の持つ妬みによるものだと思います。

お金は欲しい、でもお金持ちになんてなかなか慣れない。こんなに頑張ってもお金持ちになれないなんて、悪いことをしてお金を稼いでいるに決まってる!

自分がお金持ちではない理由を、こう決めつけてしまえば楽ですよね。今まで、お金について教わったこともないし、話すことも気が引けるので、お金のことについては誰にも聞けません。

誰も教えてくれないのは当たり前です。日本人は誰もお金の教育を受けてきていないのですから教えられる人のほうが少ないのです。

それならいっそのこと、お金持ちなんてならないほうが幸せだと思えば、救われますよね。

 

まとめ

私たちは、お金のことなんて考えず、頑張って働けば収入は後から付いてくると教わってきました。そして、お金では幸せは買えないし、お金よりも大切なものがあると教えられました。

しかし、実際はお金のことをきちんと知らなければ、いつまで経っても搾取され続けるだけだということに気がつかなければなりません。それに気がつかなければ、いつまでも嫌いな仕事を続けなければならなくなってしまいます。

もちろん、お金では幸せは買えませんし、お金よりも大切なものがあるのは事実です。でも、だからと言ってお金をないがしろにしても、幸せにはなれないのです。

お金に対して変な偏見を持たず、きちんとマネーリテラシーを高めたいものですね。

それではまた、see you!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

お金を増やすために、まずは自分のお金の使い方と向き合い欲求をコントロールする

独身時代の自分を反省し、お金について勉強をしているのですが、そのほとんどが、収入を増やす方法や、

記事を読む

【初めての株主総会】DeNA(2432)株主総会 2015に行ったらお土産を貰ってきた

今年になって、いろいろと投資の勉強を始め、DeNA株を購入し、晴れてDeNAの株主となりまし

記事を読む

カイジ「命よりも重い!お金の話」には正しいお金の使い方が書いてあった

40も手前になり、ようやくお金と向き合う気になりました。今年になり、お金に関する勉強を始めよ

記事を読む

お金は追いかければ逃げてしまう

仕事はなんのためにやっていますか?夢ややりがいのためですか?それともお金のためですか?

記事を読む

【書評】「神様が教えてくれたお金の話」を読んで、お金の使い方をもう一度見直すことができた

今回ご紹介するのは、またまたお金関連の本。お金関連の本と言えば、お金に対する向き合い方の本だ

記事を読む

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄に使いまくり、挙げ句にはクレジ

記事を読む

ピケティ来日で話題沸騰の「21世紀の資本」とは?その内容をまとめてみた

世界中で大ベストセラーとなっている「21世紀の資本」の著者で、フランスの経済学者トマ・ピケテ

記事を読む

明日からでも出来る!!お金持ちになるために必要な5つのこと

お金持ちはお金を大事にしてお金を生かす使い方をします。 それに対してお金のない人ほどお

記事を読む

お金を引き寄せる体質改善!

【書評】「マンガで学ぶ 心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善」で根本的な考え方を変える

今回紹介する本もお金にまつわる本です。著者の心屋さんといえば、心理カウンセラーとして数々のベ

記事を読む

ビギナーズラック!?初めて個別銘柄を購入したらあっさりとストップ高になってしまった話

今年に入ってからお金に関する勉強をするようになり、投資も始めるようになりました。 メイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑