褒めると調子に乗る部下への対処法とは

公開日: ビジネスハック ,

buka02_500

部下への指導の仕方で、褒めて伸ばすということを、なかなか実践できないという人も多いそうです。褒めると調子に乗ってしまうからというのが理由のようです。

そこで、褒めると調子に乗る部下への対処方についてまとめてみます。

 

スポンサーリンク

 

世間が勘違いしている褒めて伸ばすという指導方法

buka_500

褒めると調子に乗ってしまい、自分は仕事ができる人間だと勘違いしてしまう部下の場合、失敗した時に叱ると不貞腐れてしまうので、対処に頭を抱えている上司も多いようです。

すると、褒めて伸ばすという指導の仕方に問題があるのではないか?やはり昔と同じように厳しく指導したほうがいいのではないか?と褒めて伸ばすという方針を疑うようになります。

しかし、そういったうまくいかない指導者に限って、正しい方法で褒めて伸ばすという指導を実践している人はいません。上手く指導できていないのは、実は指導の仕方を正しく理解していないからなのです。

 

正しい指導は褒めたあとに伸ばしてあげる

buka03_500

大抵の人が間違っているのは、褒めて伸ばしているのではなく、ただ褒めているだけということです。本来、褒めて伸ばすのであれば、褒めた後に伸ばす方向に導いてあげなくてはなりません。

世間的に勘違いされているのは、褒めたら勝手に伸びてくれると思っていることです。褒めるだけ褒めて、後は放置しているから、褒められた部下は調子に乗ってしまうのです。

褒められると、人はモチベーションが上がります。若い人は特に認められたいという願望があるので、それを満たしてくれる人に悪い印象を持ちません。

この、モチベーションが上がっている状態で「あとはもう少しこうすればもっと良くなるよ」と次のステップへの道標を与えてあげると、もっと認められたい!という願望から頑張ろうとしてくれるのです。

関連記事:承認欲求、若い世代が求めることは認められたいということ

ここで、間違いやすいのが、高すぎるハードルや遠すぎるゴールを与えて放置してしまうことです。せっかく褒められて認められたと思っているところで、高すぎるハードルや遠すぎるゴールを提示されると、「結局、認められてない」と思ってしまいます。

絶妙なサジ加減で、小さいハードルを与え、ハードルの高さやゴールの距離を力量に合わせて少しづつ伸ばしてあげる必要があるのです。

 

将来の目標を与えるなら褒めるために使う

buka04_500

高いハードルや、遠くのゴールを提示するのであれば、「将来的にはここまでなって欲しいし、君ならできると思っているので、頑張ろう。」と方針を示しながら褒めるときに使います。当然、そのあとに小さなハードルを与えることも忘れてはいけません。

せっかく褒めても、「でもまだまだ!ここまでなって一人前だ!」と言われてしまうと褒められたモチベーションが半減してしまいます。せっかくモチベーションをあげるのに成功したのに、全く意味がなくなってしまいます。

同じ将来の目標を与えるのであっても、前者のほうが、部下のモチベーションを保つことができるでしょう。

関連記事:仕事のやりがいを維持する5つのインセンティブとは

 

優秀な部下は褒めなくても育つ

buka05_500

そこまで下手(したて)にでないといけないのか?と言われそうですが、下手にでているわけではありません。大人が子供に接するように、大きな器量で受け止めてあげるだけです。

優秀な部下はそんなことをしなくても勝手に仕事を覚えて、勝手に出世していきます。気がついたら、あなたのことをあっという間に追い抜いていってしまうかもしれません。

しかし、世の中そんなに優秀な部下ばかりではありません。優秀ではなく、まだまだ未熟だからあなたの部下としているのです。であれば、上司としてのあなたの器が、部下を優秀に育てることができるか、使えない部下のままにするかを決めてしまうのです。

関連記事:あなたは大丈夫?部下に嫌われる上司の特徴5つ

 

まとめ

子供を育てるのが大変なように、人を育てるというのは非常に大変なことです。特にある程度自分の考えを持つ人間を育てるというのは簡単なことではありません。

それなのに、部下が使えないと嘆く上司ほど、手間をかけず育てようとします。それではキチンと指導できるはずがありません。

それが理解できれば、手間をかけてでも育てることが必要だということがわかると思いますよ。

関連記事:部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

出世する人の特徴5つ

先日、普段サラリーマンとして働いている会社の部長と飲んでいたときに、どんな人が課長になれるの

記事を読む

上司も部下にするべき!?「報・連・相」が必要なのは部下や後輩だけじゃない

社会人なら誰もが知っていて当然の「報告」「連絡」「相談」の「報・連・相」。 これができ

記事を読む

新卒で入れなくてもリベンジ転職!今こそ憧れの会社へ転職を

新卒の就職活動ってかなり大変ですよね。景気が回復したとは言え、バブル期のような売り手市場には

記事を読む

部下から好かれる上司の特徴5つ

部下から好かれている上司と嫌われている上司っていますよね。でも、せっかく出世して部下を持つよ

記事を読む

タスク管理のコツは忙しいときほど急ぎではない仕事を少ししておくこと

いつも忙しい忙しいと、やることに追われている人っていませんか?そういう人ってタスク管理が苦手

記事を読む

新入社員が気が利かないのは今の時代に始まったことではない

新入社員は気が利かないという言葉をよく耳にします。新入社員に何を期待しているのかわかりません

記事を読む

これが営業の極意!返報性の法則は徹底したサービスによって引き出す

返報性の法則というものがあります。タダでものをもらったり何らかのサービスを受けると、受けた方

記事を読む

企業やお店のビジネスブログはただ更新するだけでは意味がない

世の中にある企業やお店のブログ。集客目的で、ブログを更新していますが、ほとんどがまったく効果

記事を読む

経営者目線で仕事をしたほうがいい理由

企業で働いていると、たまに言われるのが「経営者目線で仕事をしろ」ということ。実際、私も転職し

記事を読む

【スーパープレゼンテーション】聴衆を魅了するTED流プレゼンテーションテクニックを紹介!

世界的プレゼンテーションイベントのTEDをご存知でしょうか。YouTubeなどで探せば、たく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑