問題解決のコツは、「空・雨・傘」で考える

公開日: マインドハック

girl-68504_500

仕事だけの話に限りませんが、問題を解決するには、物事を論理的に考えることが必要です。

人は誰でも、問題に直面すると考えようとします。しかし、ただ考えているだけで、実際は論理的には考えられていないことが多いようです。

そうならないために、論理的思考の例としてよくあげられるのが、「空・雨・傘」です。

 

スポンサーリンク

 

空・雨・傘を考える

storm-426787_500

論理的思考で考えるためには、事実を捉え、それを解釈し、行動を決定するということが必要です。「空・雨・傘」で考えると……

「空」→空を見ると曇っている(事実)
「雨」→雨が降りそうだ(解釈)
「傘」→傘を持って行こう(行動)

問題に対して、事実と解釈と行動がマッチしていれば、問題は解決しますが、どれか一つでも間違っていると、正しく解決することができなくなります。

 

人によって捉え方が違う

old-people-275319_500

本来、事実や解釈、行動が変わらなければ、得られる結果は変わりませんが、人によっては事実の認識が変わったり、解釈や行動も変わります。この違いによって、得られる結果が変わってしまいます。

例えば、曇りに対する認識ですが、空を見上げて青空が全く見えなければ曇っていると捉える人もいれば、雲が多ければ青空が見えていたとしても、曇っていると認識する人もいます。同じ曇り空を見て、雨が降ると考える人もいれば、雨は降らないと考える人もいます。

さらに、雨に対する対応も様々です。傘にするか、カッパにするか。長靴を履くか、普通の靴のままか。普通の傘か、折りたたみ傘かなど。いろいろな選択肢から対応を選ぶ必要があります。

そうした様々な状況に対して正しい認識をするには、多くの経験と、判断力が必要になってくるのです。

 

事実と解釈を細分化する

論理的

人によって捉え方が違うわけですから、単純に、事実・解釈・行動の3つだけで考えてしまうと、間違ってしまうことがあります。

では、なぜ人によって捉え方が違うのでしょうか?それは、事実や解釈を細分化すると、選択肢が沢山あるからです。

空を見て、傘を持って行こうと考える人は、過去の経験からこの空模様は雨が降る確率が高いと判断したのかもしれません。または、経験ではなく天気予報で確認したのかもしれません。

その判断材料に、しっかりとした根拠があれば、その後にする行動が間違うことが少なくなりますが、根拠が薄ければ、誤った行動をとってしまうことになります。

空を見て、単純に雨が降っていないから傘を持たないのであれば、帰りに突然降り出した雨に濡れてしまうことになります。雨が降っていなくても、曇り空に気づき、経験から傘を持って行けば、濡れる確率は減りますし、天気予報で確認をとれば、さらに確実になります。

なぜ、その解釈をしたのか?その解釈に根拠はあるのか?という考え方を繰り返すことにより、問題はスムーズに解決できるようになります。

 

空・雨・傘を逆から考える

rain-20242_500

空・雨・傘が論理的に正しいかどうかを確認するには、逆から考えてみて、傘→雨→空が論理的に繋がっているかを考えてみるといいでしょう。

なぜそういう行動を選んだのか、なぜそういう解釈をしたのかと、なぜを繰り返すと、根拠があるのかを見極めることができます。最初は、なぜを繰り返すことができず、戸惑うかもしれませんが、トレーニングを積むことによって、なぜの回数を増やすことができます。

例えば、なぜ傘を持っていくのか?→雨が降りそうだから。なぜ雨が降りそうなのか?→空が曇っているから。一見、論理的に組み立てられているように見えますが、矢印の部分でまだ細分化できそうなことがわかります。

 

細分化すると論理のほころびが見えてくる

cloud-71366_500

  • なぜ傘を持っていくのか?→雨に濡れたくないから。
  • なぜ雨に濡れると思ったのか?→夕方から雨が降ると思うから。
  • なぜ雨が降ると思ったのか?→天気予報を見たから。
  • なぜ天気予報を見たのか?→過去に同じような空模様で、雨に降られて濡れたことがあるから。

といった具合に細分化すると、その論理は合っているのか?ということを確認することができます。

また、なぜ傘じゃなきゃいけないのか?カッパじゃダメなのか?傘は折りたたみ傘の方がいいのではないか?と、論理的に考えることによって、行動を見直すこともできるようになります。

これは、未来の行動の指針となるだけでなく、過去の行動の振り返りにも役立ちます。あの時失敗したのはどの解釈が間違っていたのか?といった原因分析に用いると、根本的な対策に役立つことができます。

 

まとめ

説得力ある言葉や行動は、論理的な説明ができるという共通点があります。逆に、話が伝わらなかったり、信用されないというのは、事実・解釈・行動のどれかが抜けていたり、間違っていたりするからということが考えられます。

心当たりがある方は、空・雨・傘に照らし合わせて、考えてみるといいかもしれません。

関連記事:NHK Eテレで放送中の「ロンリのちから」が面白い 

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

なぜ努力は報われないのか?基準がズレると努力も無駄になる

「努力は報われる」という言葉があります。私の中学時代の恩師も「報われない努力は努力ではない」

記事を読む

明日やろうはバカ野郎!!行動できない人の7つの特徴

「明日やろうはバカ野郎!」という言葉をご存知ですか? 昔やっていた、「プロポーズ大作戦

記事を読む

面倒くさいと考てしまう5つの心理とは

  何かをしなければいけないのに、したくない理由のひとつとしてあるのが、「面

記事を読む

学校教育に期待するのはムダ!日本の学校は「ある人間」を作ろうとする養成所である。

私たちの時代の学校教育は、「詰め込み教育」だの「偏差値重視」だの言われていた。 学校は勉強を教える

記事を読む

怒られるのはありがたいこと!人は怒られたくないから行動する

自分の意思で、何かを始められる人は放っておいても成長することができます。現状に満足せず次のス

記事を読む

仕事のやりがいを維持する5つのインセンティブとは

仕事をした対価として得られる報酬。報酬というと思いつくのがお金やモノです。しかし、そういった

記事を読む

人に気を使いすぎると相手に嫌な思いをさせることがあるから僕は「すみません」より「ありがとう」と言いたい

周りの人に気を使うのは、日本の素晴らしい文化だと思います。人間関係を円滑にするため、周囲の人

記事を読む

原理原則に従うと判断に迷うことがなくなる

企業などには企業理念というもがあり、会社経営におけるすべての判断はこの企業理念に沿って選択さ

記事を読む

「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」が大事!!

世の中では、「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」のほうが重要だったりします。確かに話す人に

記事を読む

腹が立つなら一足上がれ!イライラしたときに気持ちを治める方法

腹が立つことってありますよね。人に嫌なことを言われたり、腹が立つような態度を取られたりすると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑