学ぶことで満足するのではなく、学びながら考えてさらに行動しよう

公開日: マインドハック ,

people-316506_500

日本の学校教育は学ぶことを主としています。教わったことを覚えることが重要だという方針だからです。学校以外の学ぶ場である塾では、その傾向が強くでます。

塾では、学校の勉強ができるように、より効率良く覚えるテクニックを教えているにすぎません。

つまり、塾で学んでいるのも勉強ではなく、覚えるためのテクニックであり、受験のテクニックなのです。学校教育がそういう方針なのですから、塾も同じ方針になるのは必然と言えます。

 

スポンサーリンク

 

学ぶということは考えないこと

study_500

以前、学校は画一的な人間を作る養成所だ!という内容の記事をpostしていますが、そのなかで、画一的な人間を作る理由を説明しています。多くの人は、学校を卒業すると、企業に就職するのですから、企業側が求める人間を作るのが、学校の役目であるという内容です。

関連記事:学校教育に期待するのはムダ!日本の学校は「ある人間」を作ろうとする養成所である

文句も言わず、上司の指示に従い、不満があっても黙々と仕事をする。ロボットのような考えない人間を量産しているわけです。学ぶということは、考えないということと、同じになってしまっているのです。

考えないということは恐ろしいことです。教わったことを覚えて、それに従うことはできますが、新しいことを生み出すことはできません。まず始めに教わらなければ何もできないからです。

つまり、考えないということは、教えてくれる人への依存によって成り立っていることがわかります。依存するということは、自立していないということなので、そこに責任感は存在しません。

学んでも身になららければ、マニュアルが悪い、教え方が悪いなど、自分の責任ではないということを探し、懸命に責任逃れをしようとします。

 

学ぶことをやめようと提唱した13歳の少年

aspec_R-500

photo by logmi

Youtube の TEDxTeenという動画で、IQ170の天才少年が語ったスピーチが、ネットで話題になっていました。そのスピーチのなかで、彼が最後に訴えた内容を抜粋します。

アインシュタイン、ジョンソン、ニュートン、その他私が話した人はみんな、天才でしょうか? それが彼らが特別だった理由でしょうか? 天才だったから、それぞれの発見をしたのでしょうか? まったく違います! それが理由ではありません。

彼らがしたすべてのことは、学ぶことから考えることへ、そして創造することへ移行したということです。メディアは今、彼らを天才と呼びますが……。彼らはもちろん高いIQを持っていたでしょう。でもご存知のように、高いIQを持ちながらもこのような創造をしない人もたくさんいるのです。そういう人は大抵、何十万桁もの円周率を暗記して終わるのです。私から、彼らに対する最初の質問は、なぜ他の数字を暗記しないのか? ということです。

「学ぶことを今すぐやめよう」 IQ170の13歳少年が語った、”天才”の条件  -logmi-

学生の頃、学校の勉強ができる人が、頭がよい人だと思われてきました。実際、社会に出ても、同じような判断をする人が多いことでしょう。

しかし、それはどちらかと言えば、頭がいいのではなく、記憶力がいいということなのだと思います。雑学をいっぱい知っているクイズ王が、何か新しいことを生み出せるとは思えません。

スピーチで、この13歳の少年は、学ぶことから脱却することを提唱しています。かつて、天才と言われた偉人たちは、学ぶこと、つまり覚えることをしたから新しい発見をしたのではなく、考えたから新しい発見をしたんだと言っています。

 

私の考えは、学びながら考えて、さらに行動する

child_500

さて、ここからが本題です。少年は、学ぶのをやめて考えようと言いました。しかし、私は、学びながら考えるほうが、もっといい結果が出るのではないかと思っています。

理由としてはいくつかあります。まずひとつ目は、物事を考えて応用するには、基礎が必要だということです。

基礎を疎かにする人は大成しません。土台がキチンとしているからこそ、大きなことを成し遂げることができるのです。

二つ目として、新しいことを始めるためには、まずは学ぶことから始めなければなりません。学ぶことをやめるということは、新しいことを始めないということでもあり、世界がずいぶんと狭くなってしまうということです。

最後に、常に何かしらのインプットをするためには学ばなければなりません。インプットが足りなくなればアウトプットも枯れてしまい、新しい発想は生まれないからです。

未熟な人の考えよりも、たくさんの経験をした人の考えのほうが、より良い考えになるのは明白です。であれば、たくさんのことを学び、その経験をもとにたくさん考えるほうが、最も効率よく結果を得ることができると思うんですよ。

そして、その先。学んで考えたら、それを実行するために行動をするのです。

 

まとめ

学ぶことで満足しちゃダメって考えは賛成です。しかし、考えていればいいっていうわけでもありません。

学んで、考えて、行動しすれば、その先にはきっと結果がついてきます。

学んで考えた結果、行動しないって人もいますけどね 笑。それはそれで、人それぞれです。そこまで考えた人は、きっと違うことで行動に移すんじゃないですかね。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

自立していない人ほど言い訳をするけれど、言い訳をして本当に責任から逃れることはできるの!?

成功する人と成功しない人の違いをみると、一番顕著に表れるのが言い訳をするかしないかということ

記事を読む

自分を変えたい!わかっているけどできない人へ

自己啓発本を読んでいると、自分の欠点がいろいろ見えてきたり、悩んでいることの解決策が見えてき

記事を読む

NOではなくYESと考えると幸せになれる!

あれがダメ、これがダメと考えるから脳がマイナスばかりを意識して幸せを感じれなくなります。

記事を読む

自立とは自らの足で立ち、そして歩くことである。

人として自立していない人間は責任を取ることをしません。 責任を取らないので責任を指摘さ

記事を読む

『仕事』を『志事』と簡単に呼ぶ人たちに問いたい!本当の『志事』とは…

シゴトには4つの言葉があると言われています。 『仕事』 『私事』 『死事』 『志事』。

記事を読む

運がいい人と運が悪い人にはそれぞれ理由があった

運がいい人と悪い人っていますよね。目に見えないものに左右されていると考えるのは、少し腑に落ち

記事を読む

ゴルゴ松本の少年院で漢字を使った魂の授業がアツい!

先日放送された「ジャネーノ!?」という番組で、ゴルゴ松本氏がボランティアで行っている少年院で

記事を読む

言霊は本当にあるの!?日常的に話す言葉が運命を作る

普段、自分が話す言葉を意識したことはありますか? 成功する人と、そうでない人は話す言葉

記事を読む

感謝の気持ちを忘れる人は幸せも忘れてしまう

人は、ありがとうと思ったときに幸せを感じることができます。物理的な欲求では得られない幸せです

記事を読む

責任転嫁してもしょうがない!他人のせいだろうが自分のせいだろうが目の前の事実には変わらない

自分に非がなく、理不尽な理由で不利な状況に追い込まれることってありますよね。 特に仕事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑