本を出版する方法

公開日: ライフハック ,

reading-216862_500

ブログなどの文章を書いている人が、いつかは自分も!と憧れるのが本を出版するという方法ではないでしょうか。

こんな駄文しか書けない私でさえも、秘かにいつかは!と夢を見ていたりしています。

そこで、どうやったら本を出版できるのか調べてみました。

スポンサーリンク

 

自費出版

books-320647_500

まず、一番手っ取り早いのが、自費出版です。お金さえあればいくらでも出版できますので出版のハードルは一番低いと言えます。ただ、調べる限り、普通に自費出版することをおすすめしている人はいません。売ることが難しいというのが理由のようです。

本を出したというステータスだけでも欲しいというのであれば、自費出版でもいいかもしれません。企業の社長さんなど、お金がある人が名刺がわりに著書を出すというケースも多いようです。

また、すでにたくさんのファンを持っている人が、出すぶんには多少なりとも売れるかもしれません。毎月100万~200万アクセスを誇るブロガーが出せば、それなりに売れると思います。しかし、いくら一般の人よりも売れる可能性が高いといっても、リスクはありますよね。

そこでお勧めしたいのが、「MyISBN」というサイトです。初期費用4980円という金額で紙の本をAmazonで販売できます。本のは注文を受けてから作成するので在庫リスクもありません。サイトの登録は5~10分ほど。Amazonの審査に約1か月かかるようですが、審査に通って販売し、本が売れれば、販売価格の約10%の印税が入ります。

ひとつ気をつけたいのが、本を出したいという気持ちにつけこんだ自費出版商法というもの。主に自費出版専用の業者が、言葉巧みに自費出版を勧めてくるというものです。「本を出しませんか?」と近づいてきてお金を出させようとしているのであれば、気をつけてください。

 

商業出版

medieval-20038_500

本を出したいと、思っている人が想像しているのがこの商業出版だと思います。担当の編集者が付き、本の宣伝から流通まで出版社が行ってくれて、売上の数%を印税として受けとります。

よっぽどの有名人や、ニッチなジャンルで特化している人であれば、編集者から声をかけてもらえる可能性はありますが、そうでない限り、依頼されて出版するなんて夢のまた夢です。

そこで、商業出版を実現するには以下の方法があるようです。

  • 出版社に企画を持ち込む
  • 編集者と知り合う
  • 出版コンサルタントに依頼する

まず、編集者や出版社にコネも接点もない場合、自力で出版社に企画を持ち込んで営業するという方法があります。

持ち込まず、電話して、郵送する人もいるみたいですが、その場合、編集者も暇ではないので、ほとんど見られることはないそうです。アポを取って、直接営業をかけることにより、企画が通らなくても編集者と知り合うことができるので、出きるだけ直接持ち込んだほうがいいと思います。

また、出版社に直接持ち込む勇気がない場合は、別の場所で編集者と知り合うしかありません。出版社が主催しているセミナーに参加して、懇親会で知り合うとか、イベントなどで知り合うといった方法があるようですが、すでに本を出版した人に紹介してもらうというのも手です。周りに本を出版した人がいるなら、とりあえず近寄っておきましょう(笑)

あとは、文章教室に通うという方法もあります。文章の書き方を学ぶのに通っていると、講師から知り合いの編集者を紹介されることもあるようです。

最後にお金はかかりますが、出版コンサルタントを利用するという手もあります。怪しいコンサルタントもたくさんいるみたいですが、キチンとしたところを探せば、自費出版でお金を使うよりはまだマシです。企画の相談や編集者との調整など、出版出きるまでキチンと面倒を見てくれます。

 

電子出版

電子書籍

自費出版に近い形ですが、リスクが少ない形で、紙の本にこだわらなければ、電子出版という方法もあります。Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングであれば、無料で電子書籍を出版でき、70%のロイヤリティを手にすることができます。

また、小説やマンガを出すなら、E★エブリスタというサイトがあります。こちらは、連載しながら1話づつ配信することも可能で、実際に月100万円の売上をあげている主婦もいるようです。

紙の本で出版というステータスにはおよびませんが、 それでも本を出版するということで言えば、電子書籍による出版が一番気軽で費用もかからない方法です。初期費用も掛からず、在庫リスクもないので、気軽に本を出版することができます。

ちなみに、 E★エブリスタで無料配信されて人気になった「王様ゲーム」は、その後に改めて商業出版となり、映画化までされました。同様にE★エブリスタで人気の作品は、大手出版社から数多く書籍化している実績もあります。つまり、電子書籍による出版でも、売れれば商業出版の道もあるということです。

 

まとめ

ブロガーなら、誰もが一度は夢見る本の出版ですが、調べてみると意外と誰でも簡単に夢を叶えることが出きることがわかりました。

とは言え、電子書籍で安いからといって、いきなり無名の人の本が売れるわけではありません。気軽に出版できるからこそ、本の中身のクオリティが大切になってきます。

商業出版と異なり、自費出版や電子出版では、編集・校正も自分で行わなければなりません。そういった手間ヒマを自分で請け負うからこそ、安く出版することができるのです。

つまり、良書となるもならないも、すべて自分次第だということです。出版に興味がある方は、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

関連記事

「知っている」「わかっている」という人ほど本当は何もわかっていない

料理が下手な人っていますよね。レシピを見ないで勘で作って下手ならまだいいんですよ。でもレシピ

記事を読む

成功の定義とは人それぞれだけど成功=幸せとは限らない

人によって成功の定義は違います。お金持ちになること、名誉を得ること、地位を得ること。人によっ

記事を読む

人は見た目が9割!?第一印象はたいてい外見で判断されてしまう

人が、人に対する情報を得るのに主に使うのが視覚です。次に聴覚、そして嗅覚、触覚といったところ

記事を読む

新卒・転職問わず、就職先の会社規模は意外と重要

世の中、誰もが起業するわけではなく、大抵の人はどこかしらの会社で働きます。 そして、誰

記事を読む

電車やバスで席を譲ったら断らずに譲られて欲しい

電車やバスなどでお年寄りや、小さな赤ちゃんをダッコしている若いお母さんなどに席を譲ろうとする

記事を読む

死ぬまでにしたい100のこと

最近、Twitterでよく絡んでいただいているTKalice さん(@hiroumi3799

記事を読む

モテない奴ほど安いキャバクラへ行たほうがいい!!気がついたらコミュ力が磨かれているぞ!!

20代でやっておいてよかったことで「キャバクラに通った」ことを書きましたが、みんな同じような

記事を読む

がむしゃらに働く前に知っておきたい年収を増やす方法

世の中の人で、収入を増やしたいと思っている人はどのくらいいるでしょうか。おそらく、大半の人が

記事を読む

共働きでも産休や育児休暇中は年末調整や確定申告で扶養控除が受けられるって知ってた!?

サラリーマンの皆さんはそろそろ年末調整の時期ですね。うちの会社でも申請書が回ってきていました

記事を読む

本を読む時間がない人に贈る!時間がなくても本を読む方法7つ

忙しい毎日の中、本を読む時間を確保するのもなかなか大変ですよね。1冊をじっくり読むのもいいの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
サッポロ一番みそラーメンが鍋になりました
サッポロ一番みそらーめんが鍋になっていたので買って作ってみた!

冬になるとかなりの頻度で食卓に出てくるのが鍋。 うちは私

タンコロまつり2015
江ノ電「タンコロまつり2015」が開催されていたので行ってきた!

先日ご紹介した江ノ電のイベント「タンコロまつり2015」が11

「江ノ電 タンコロまつり2015」が11/28・29に開催!電車好きのお子さんがいるなら見逃すな!

photo by 江ノ電 江ノ島にぶらっと家族で散歩に行って

はまりんフェスタ 2015
「はまりんフェスタ2015 in 川和」が開催されていたので行ってきた!

去る11月14日にて、毎年恒例となっている横浜市営交通お客様感

奥さんをお客様だと思えば家庭の9割はうまくいく

結婚してからしばらく経つと、会話がなくなり、たまに話せば喧嘩に

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑