ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉7つ

公開日: ビジネスハック

business_500

最近では、正しい敬語が使えない人が多くなってきました。

自分では正しく使えているつもりでも、実は敬語ではなかった、年上には使ってはいけなかった、という言葉が結構あります。

知らず知らずに使っていた、ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉

man-162603_500

了解しました

「了解」は敬意のない言葉です。あまり意識せず、「了解しました」と、~しましたをつければ敬語になると思っている人が多いです。

例えば、サービス業で注文を受けた際、「了解しました」と言う店員がいますか?

目上の人に敬意を表すなら、正しくは「承知しました。」「かしこまりました。」を使います。

「小職」または年下なのに「小生」

小職は公務員などの公職についている人がへりくだる言い方。一般的な会社員などが使う言葉ではありません。

まれに、役職者がへりくだる言葉として「小職」を使われる場合がありますが、そういう場合は「小生」を使います。「小生」は目上の人がへりくだる言い方なので、年下や部下が自分を指す場合は、「私」を使います。

ご苦労様でした

「ご苦労」というのは目上の人が下の人間に対して、「苦労をかけたな」とねぎらう言葉です。目上の人に対して「苦労をかける」のはあってはならないことです。

年上に対して言うのであれば、「お疲れ様でした」が正しい使い方です。

お世話様です

目上の人や取引先の人に使う言葉としては適切ではありません。あまりにもフランクすぎる言い方です。

正しく、「お世話になっております」と省略せずに使いましょう。

すみません

意外かもしれませんが、「すみません」は、敬意のないフランクな言葉です。

謝罪をする場合や許可を求めるならば、「申し訳ございません」を使い、感謝を示すなら「ありがとうございます」を使います。

どうしますか

「どうする」という言葉には敬意が払われていません。正しくは「いかがいたしますか」です。

例えば、ドラマなどで、いかにも腰巾着みたいな部下が、上司に対して「どうしますか?」なんて聞きませんよね。そういう場合は大抵「いかがいたしますか?」と言っているはずです。

確認してください

口語としては一般的になりましたが、より丁寧な言い方として「ご査収ください」があります。どちらかといえば、メールや書類、手紙で使われます。

ビジネスレターなどの定型文で見たことありますよね。

ビジネス

 

まとめ

これらの言葉は、気がつかないうちに自然と使ってしまっている言葉かもしれません。ただ、相手との関係によっては、丁寧すぎる言い方のほうが、逆に他人行儀すぎると思われてしまう場合もあります。

それでも、知っていて相手を選んで使うのと、知らずに使うのでは、意味合いが全く変わります。知らずに使っていると、実は周囲の人からの評価が下がっているかもしれません。

これを気に、自分はどのような使い方をしているのか、確認しておくといいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

褒めると調子に乗る部下への対処法とは

部下への指導の仕方で、褒めて伸ばすということを、なかなか実践できないという人も多いそうです。

記事を読む

与えられた仕事と自分で生み出した仕事では仕事への気づきが違う

前回は、サラリーマンが恵まれていることをテーマとしましたが、今回は起業して良かったことについ

記事を読む

あなたは大丈夫?部下に嫌われる上司の特徴5つ

自分の部下と上手く関係を築けず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。なぜ嫌われてしまうの

記事を読む

サラリーマン必見!!上手くやれない上司と上手に付き合う方法

世の中には理不尽なことを言う上司はいくらでもいます。私もかつてそういった上司と幾度となくぶつ

記事を読む

会社員は恵まれている!?起業してから気づいたこと

フリーランスと違い、サラリーマンには仕事を教えてくれる上司や先輩、助けてくれる仲間、仕事を取

記事を読む

上司や先輩に媚びなくても期待される「かわいがられ力」とは

6月に入りもうすぐ2週間が経とうとしています。企業では、新入社員研修が終わり、各部署に配属さ

記事を読む

コスト意識のない人間はサラリーマンでもフリーでも成功しない

私は、普段はサラリーマンをしながら、副業で会社を興して起業しているのですが、起業してみると、

記事を読む

ホワイト社員とブラック社員に見る仕事に求める「楽」という意味

仕事をする上で求める2つの「楽」があります。楽をするという意味の「楽」と、楽しいという意味の

記事を読む

魅力あるサービスは固定観念を捨てるところからはじめる

お客様が望むことを上回って初めて感動してもらえ、お客さまの心に残り、また利用したいと思っても

記事を読む

従業員の多様性を活かす!大手企業が推進しているダイバーシティとは?

ダイバーシティという言葉をご存知でしょうか。昨今、大手企業において推進されているダイバーシテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑