ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉7つ

公開日: ビジネスハック

business_500

最近では、正しい敬語が使えない人が多くなってきました。

自分では正しく使えているつもりでも、実は敬語ではなかった、年上には使ってはいけなかった、という言葉が結構あります。

知らず知らずに使っていた、ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉

man-162603_500

了解しました

「了解」は敬意のない言葉です。あまり意識せず、「了解しました」と、~しましたをつければ敬語になると思っている人が多いです。

例えば、サービス業で注文を受けた際、「了解しました」と言う店員がいますか?

目上の人に敬意を表すなら、正しくは「承知しました。」「かしこまりました。」を使います。

「小職」または年下なのに「小生」

小職は公務員などの公職についている人がへりくだる言い方。一般的な会社員などが使う言葉ではありません。

まれに、役職者がへりくだる言葉として「小職」を使われる場合がありますが、そういう場合は「小生」を使います。「小生」は目上の人がへりくだる言い方なので、年下や部下が自分を指す場合は、「私」を使います。

ご苦労様でした

「ご苦労」というのは目上の人が下の人間に対して、「苦労をかけたな」とねぎらう言葉です。目上の人に対して「苦労をかける」のはあってはならないことです。

年上に対して言うのであれば、「お疲れ様でした」が正しい使い方です。

お世話様です

目上の人や取引先の人に使う言葉としては適切ではありません。あまりにもフランクすぎる言い方です。

正しく、「お世話になっております」と省略せずに使いましょう。

すみません

意外かもしれませんが、「すみません」は、敬意のないフランクな言葉です。

謝罪をする場合や許可を求めるならば、「申し訳ございません」を使い、感謝を示すなら「ありがとうございます」を使います。

どうしますか

「どうする」という言葉には敬意が払われていません。正しくは「いかがいたしますか」です。

例えば、ドラマなどで、いかにも腰巾着みたいな部下が、上司に対して「どうしますか?」なんて聞きませんよね。そういう場合は大抵「いかがいたしますか?」と言っているはずです。

確認してください

口語としては一般的になりましたが、より丁寧な言い方として「ご査収ください」があります。どちらかといえば、メールや書類、手紙で使われます。

ビジネスレターなどの定型文で見たことありますよね。

ビジネス

 

まとめ

これらの言葉は、気がつかないうちに自然と使ってしまっている言葉かもしれません。ただ、相手との関係によっては、丁寧すぎる言い方のほうが、逆に他人行儀すぎると思われてしまう場合もあります。

それでも、知っていて相手を選んで使うのと、知らずに使うのでは、意味合いが全く変わります。知らずに使っていると、実は周囲の人からの評価が下がっているかもしれません。

これを気に、自分はどのような使い方をしているのか、確認しておくといいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

新卒で入れなくてもリベンジ転職!今こそ憧れの会社へ転職を

新卒の就職活動ってかなり大変ですよね。景気が回復したとは言え、バブル期のような売り手市場には

記事を読む

ホワイト社員とブラック社員に見る仕事に求める「楽」という意味

仕事をする上で求める2つの「楽」があります。楽をするという意味の「楽」と、楽しいという意味の

記事を読む

魅力あるサービスは固定観念を捨てるところからはじめる

お客様が望むことを上回って初めて感動してもらえ、お客さまの心に残り、また利用したいと思っても

記事を読む

人を動かすのに必要なのは理屈よりもコミュニケーションだ

仕事をするうえで、誰もが人の力を借りなければならないときがでてきます。 自分の能力だけ

記事を読む

「考動」「口動」「行動」成功者を作り出す3つの「コウドウ」とは!?

なかなか行動にうつせないというのは、誰もが経験があるのではないでしょうか。 しかしなが

記事を読む

自分の常識が世間の常識とは限らない

相手とのコミュニケーションがうまくいっていない状況を分析すると、どちらかの言い分で出てくる「

記事を読む

出世に興味がないという人は自分の仕事だけしかしないと考えている人だ

最近、意外と多いのが、出世に興味がないという人たちです。 草食系男子が増えてきた影響か

記事を読む

企業やお店のビジネスブログはただ更新するだけでは意味がない

世の中にある企業やお店のブログ。集客目的で、ブログを更新していますが、ほとんどがまったく効果

記事を読む

経営者目線で仕事をしたほうがいい理由

企業で働いていると、たまに言われるのが「経営者目線で仕事をしろ」ということ。実際、私も転職し

記事を読む

部下がミスしたことを報告してきたとき、あなたはどのような態度を取りますか?

部下がミスしたことを報告してきたとき、あなたはどのような態度を取りますか? 部下に対す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑