信用には銀行の金利のようなものがついている

sit-364978_500

今さらながら7つの習慣を読んでいるので、最近はそこで学んだ事に関するエントリーが多いのですが、7つの習慣のなかで「信頼残高を増やす」という事が書かれていました。

信頼残高だなんて、まるで銀行の預金みたいだなぁと思ったので本日はそんな内容です。

関連記事:主体的であるということは自分の人生に責任をもつこと

関連記事:人の話を「聞く」のに大事なことは「深く聞く」ということ

関連記事:原理原則に従うと判断に迷うことがなくなる

 

スポンサーリンク

 

プラスの利息は小さく、マイナスの利息は大きい

bank-note-209104_500

銀行の金利を考えてください。私たちがどんなに貯金をしたとしても、その金利はあってないような数字ですよね。逆に住宅ローンなどの借金を考えると、年間数パーセントの金利がつきます。一生懸命返済しても元本が減らないのは金利があるからです。

ではこれを信頼とか信用に置き換えてみてください。人間の印象は、プラスの印象よりもマイナスの印象のほうが残る傾向にあります。

長い時間をかけて信用とか信頼を積み重ねてきて、ようやく人から信じてもらえたりします。しかし、そんな長年の付き合いも、些細ないざこざから関係が悪くなってしまうというようなことはありませんか?それも結局はマイナスのほうが強いからです。

 

絶対量がおなじでも利息の差でマイナスが大きくなる

man-272679_500

プラスとマイナス、同じ量の印象ならば、圧倒的にマイナスが強く残ってしまいます。プラスとマイナスの関係は一対一ではないのです。

プラスの貯金には利息はほとんどつきませんが、マイナスの借金の利息はかなり大きいからです。絶対量で考えた場合、プラスとマイナスが同じ量であれば、利息が大きい分マイナスが強くなってしまうのです。

マイナスの信用を埋めようと努力しても、利息が大きいので、なかなかプラスにはならりません。さらに、返済が滞ると利息が大きくなり、いつまでたっても元本は減っていかなくなります。

失った信用は、継続的に失った以上の信用を積み重ねなければ、プラスにはならないのです。

 

夫婦関係の仲も同じ

argument-238529_500

夫婦も所詮は他人です。身内だからと夫が甘えて好き勝手すると、どんどんと利息が増えていき、嫁の機嫌はいっこうに治りません。どんなに謝ったり機嫌をとったりしても、何かにつけて昔の話を持ち出して文句を言われたりした経験がある夫は少なくないはずです。

嫁がいつまでも昔のことを根にもって言ってくるのは、信用を失い、溜まった負債の元本がいっこうに減っていないからです。

だから、どんなにプレゼントをしたり、外食に連れていったり、謝ったりしたとしても、それは負債の元本を減らしているのではなく利息を返済しているだけです。元本を減らすには、場当たり的にプレゼントや謝罪をするのではなく、継続的に信頼をコツコツと積み重ねていくしかないのです。

 

まとめ

いかがでしたか。この事に気がついたときに、ようやく嫁とケンカする理由が分かりました。

嫁は毎回過去のことを繰返し指摘してくるのですが、私は謝罪もして指摘されたことは治しているのだから済んだことと思っていたのです。

しかし、利息を少し返済しただけだったのでなに一つ解決はしていなかったのです。それがわかっただけでも仲直りの方法とかも変わってきます。

とりあえず今はケンカしているわけではありませんが、少しづつ信用を増やしておこうと思います。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

運がいい人と運が悪い人にはそれぞれ理由があった

運がいい人と悪い人っていますよね。目に見えないものに左右されていると考えるのは、少し腑に落ち

記事を読む

努力とは才能を開花させるための手段

運動ができる、勉強ができる。持っている才能は人それぞれです。 しかし、才能だけでなんで

記事を読む

成功する人とそうでない人の違いはどのくらい先を見ているか

行き当たりばったりという人をよく見かけます。常にその場の最善を尽くすと言えば聞こえはいいです

記事を読む

知らないのはみんな一緒、むしろ知ろうとせず調べないことが罪である

今の時代、だいたい一家に一台はPCがあります。そのため、分からないことがあってもネットでしら

記事を読む

毎日続けるためのコツ3つ

何かを続けようとしてもなかなか続けられない人というのは多いですよね。勉強、運動、ダイエットな

記事を読む

相手に望んでばかりいても、そこに幸せはない

恋人や夫婦、友人や仕事仲間など、相手に「〜して欲しい」と要求していることってありませんか?そ

記事を読む

自分へ投資するというけれど、それって本当に投資になっていますか?

ビジネス書などを読むと、「お金持ちになりたければ自分に投資しろ!」というフレーズをよく目にし

記事を読む

もう怖くない!プレッシャーを克服する方法4つ

「あなたはプレッシャーを感じたことはありますか?」そう質問して「プレッシャーを感じたことはあ

記事を読む

NOではなくYESと考えると幸せになれる!

あれがダメ、これがダメと考えるから脳がマイナスばかりを意識して幸せを感じれなくなります。

記事を読む

Comment

  1. […] アウトプットを面倒だという人は、これからも金持ちに搾取される側でいるだけ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑