出世する人の特徴5つ

公開日: ビジネスハック

men-42691_500

先日、普段サラリーマンとして働いている会社の部長と飲んでいたときに、どんな人が課長になれるのかという話になりました。

世間一般的に通じるか分かりませんが、それでも「なるほどなぁ」と思ったので、シェアしておきます。

 

スポンサーリンク

 

出世する人の特徴5つ

career-247299_500

圧倒的な実力で周りに認められている人

どこの部署にも、何かあったらこの人に聞いておけみたいな人いますよね。誰もがその部署で一番頼りになると認識している人です。

圧倒的な実力というのは、同僚や後輩だけでなく、自部署や他部署の上司たちからも頼りにされている人のことです。

そうした人は黙っていても自然に出世していきます。出世する手段としては一番理想的なかたちです。

余計なことを言わない人

仕事の実力など、いい意味で目立つ分には周囲から認められますが、人間性など悪い意味で目立つと周囲からの評価は上がりません。

具体的に言うと、何かにつけて正論を通そうとする人は周りからいい印象を持たれない傾向にあります。

正論というのはかなり鋭利な武器となります。正論なので、周りの人たちも反論できません。しかし、正しいと分かっていてもいろいろな事情でできないから悩んでいるのです。

正論を言って自分でそれを実行する人は、圧倒的な実力がある人として周りに認められますが、正論を言うだけの人は周囲から煙たがられる存在になります。

会社内において、評論家は一番嫌われます。自分で行動しないのであれば、余計なことを言わないということも必要です。

上司の指示に素直に従う人

部下の評価をするのは上司です。その上司の指示に素直に従うかどうかというのは意外と重要だったりします。

会社は組織ですから、上司の指示に従うのは当然です。文句を言いながらも最終的には従わなければなりません。

自分が上司の立場だったとして考えてみても、素直に指示に従う人と、毎回なにかしら言い訳をしたり、愚痴を言いながらやる人では、前者のほうが好印象であることは間違いありません。

であれば、余計なことは言わずに、素直に上司の指示に従うのが最良の方法なのです。

気が利く人

気が利くと言っても、上司に媚を売れという訳ではありません。仕事に対して気が利くという意味です。

言われたことをただ素直に聞くだけでは評価は上がりません。マイナスにならないだけです。評価されるには少しだけでも気が利くということが必要です。

指示されたことに対して、少しだけでも気の利いたことができれば、それだけで評価は変わります。

例えば、言われなくても資料をまとめておくとか、関係部署に根回しをしておくとか、指示された納期よりも1日でも早く終わらすなど。少し頑張ればできることをやることが大切なのです。

言われたことをキチンとやるという評価は、いつしか言われたことしかやらないという評価になりかねません。継続して、言われたことをキチンとやるという評価を得るには、少しだけでも気が利くということが重要なのです。

会社内に仲間が多い人

評価も所詮は人間がつけるものです。多かれ少なかれ好き嫌いが左右する部分も否定できません。というのも、仕事は組織でするものですから、人から嫌われるというのはそれなりに仕事上ではマイナスになります。

社内に仲間が多い人は、いざとなったときに頼りになります。人脈を駆使して仕事をすることができるからです。

一方、人脈がない人というのは助けだけでなく、出世する際の後押しを受けることもできません。人事評価の際には、少なからず周囲の評判も考慮されたりするものです。能力的には足りているのになかなか出世できない人は、この周りの人たちの後押しが足りなかったりします。

仕事は一人ではできないのですから、評価されていないのであれば、一度会社での周囲との関係性を見直してみる必要があります。

man-162603_500

 

まとめ

いかがでしたか?仕事の力量に対して正当に評価されて出世するのが理想ですが、よほどでない限り、社員の力量は似たり寄ったりといったところではないでしょうか。

社員の力量に差がなく、他人と比較して加点が期待できないのであれば、評価は減点方式となってしまいます。残念ながら、これは大手企業であればあるほど、こういった傾向にあるのです。

大きな減点をされないように、「目立たず」「余計なことを言わず」「上司の指示に反発せず」「少し気が利き」「仲間が多い」人が出世するというわけです。

圧倒的な実力があったとしても、周りに敵ばかりでは評価はされない可能性があります。であれば、実力とともにこれらのことも意識していけば、出世の近道になることでしょう。

参考記事:「大企業病」と呼ばれる症状の5つの特徴

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか

今週発売されたPRESIDENTの特集は「金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか」で

記事を読む

スティーブ・ジョブスの感動スピーチに学ぶ、未来の自分を助けるのは過去にどれだけ点を増やしたか

自分に迷ったり、行き詰ったとき、Apple 創業者のスティーブ・ジョブスがスタンフォード大学

記事を読む

魅力あるサービスは固定観念を捨てるところからはじめる

お客様が望むことを上回って初めて感動してもらえ、お客さまの心に残り、また利用したいと思っても

記事を読む

ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉7つ

最近では、正しい敬語が使えない人が多くなってきました。 自分では正しく使えているつもり

記事を読む

コスト意識のない人間はサラリーマンでもフリーでも成功しない

私は、普段はサラリーマンをしながら、副業で会社を興して起業しているのですが、起業してみると、

記事を読む

上司も部下にするべき!?「報・連・相」が必要なのは部下や後輩だけじゃない

社会人なら誰もが知っていて当然の「報告」「連絡」「相談」の「報・連・相」。 これができ

記事を読む

会社員は恵まれている!?起業してから気づいたこと

フリーランスと違い、サラリーマンには仕事を教えてくれる上司や先輩、助けてくれる仲間、仕事を取

記事を読む

新入社員が気が利かないのは今の時代に始まったことではない

新入社員は気が利かないという言葉をよく耳にします。新入社員に何を期待しているのかわかりません

記事を読む

新卒で入れなくてもリベンジ転職!今こそ憧れの会社へ転職を

新卒の就職活動ってかなり大変ですよね。景気が回復したとは言え、バブル期のような売り手市場には

記事を読む

就職活動生に捧げる!!ドラッカー曰く「最初の仕事はくじ引きである」

毎日の働いている仕事。世の中にはどれだけの人がやりたい仕事をできているのでしょうか。

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑