人の話を「聞く」のに大事なことは「深く聞く」ということ

people-378037_500

人の話を聞くことが得意な人は、信頼を得やすいという特徴があります。

というのも、人は話したい生き物です。話すことによって快楽を得られるので、自分の意見を何とか相手に聞いて欲しいという願望を持っているからです。

 

スポンサーリンク

 

「聞く」ということは難しい

sad-219722_500

聞くということは非常に難しいものです。聞いているつもりでも、いつの間にかその話に対する自分の意見を挟まずにはいられなくなります。

すると、導入部分だけを聞いて、自分の思い込みによりアドバイスをしたがるので相手の本質的な悩みに答えることができません。

誰でもありがたいアドバイスは聞きたいものですが、聞いてもらえると思っていた人にしてみれば聞く準備が出来ていないので、さも正論として押しつけがましいアドバイスをされても、耳に入ってきません。

 

やってしまいがちな「聞いているつもり」

geranium-351810_500

人の話を聞いたあとにすぐに自分の意見を言うというのは人の話を聞いているわけではありません。人が話した話題をダシにして自分の意見を言いたいだけです。

つまり、「聞いている」のではなく「聞いているつもり」になっているだけなのです。人の話を聞いているつもりが、いつの間にか自分ばかり話しているということはありませんか?

結果、口下手な人にしてみれば、相手の話が始まってしまったら自分の話はできなくなってしまうのです。

 

「聞く」というのは表面上のテクニックではない

kick-185384_500

セミナーなどで「聞く」ことについて学ぶと出てくるのが、聞くというテクニックです。

「うなずく」「リアクションをする」「「返事をする」「メモを取る」「話している人の目を見る」「質問する」「言っていることを繰り返す」など、話している人に「私は聞いていますよ」ということをわかってもらうためのテクニックです。

しかし、こんな小手先のテクニックを使うことが「聞く」ということではありません。「聞く」というのはもっと根本的なものなのです。

 

聞くことで大事なのは深く聞くこと

glass-271151_500

相手の話を聞けない人は導入部分のうわべだけしか聞けません。しかし、本当に聞くということは、なぜそうなったのか?なぜそう思ったのか?といったことを聞く必要があります。

話の、より深いところにその話の真実があります。聞いて欲しい人というのは、その深いところの話を聞いて欲しいのです。

話し始めのさわりの部分だけを聞いてもらっても、それは聞いてもらったという認識にはなりません。逆に勝手にアドバイスが始まることにより「そうじゃない」という思いを与えてしまいます。

「聞く」というのは、本当に深いところの話を聞き出し、理解してあげて、はじめて相手に「聞いてもらえた」と思ってもらうことができるのです。

 

まとめ

いかがでしたか。聞いて欲しい人というのはアドバイスや答えを求めているのではありません。悩んでいることを聞いてくれて、話を整理し、悩んでいる人がすでに持っている答えを引き出して欲しいだけなのです。

そして、その答えが正しいと背中を押して欲しいだけです。

聞く側は、自分が主役になるのではなく、話し手を主役にすることが、聞くということの本質なのです。

それではまた、see you!

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

自分の価値は何?本当に価値があるのは相手に価値を与えられる人

  人間の価値って何だと思いますか? 容姿?お金?社会的地位?

記事を読む

クレーム処理歴15年の私が教える奥さんや彼女の怒りを鎮める方法4つ

彼女や奥さんと些細なケンカをすることはありませんか?すぐに仲直りできればいいのですが、相手の

記事を読む

好きなことを仕事をしているのに、なんで嫌いな仕事を保険にするの?

先日、好きなことをするために地方から出てきたという若者を紹介されて会ってきました。 そ

記事を読む

後悔しない転職活動をするために知っておくこと

転職活動をする際にポイントとなるのが転職の理由ではなく、どんな会社に働き、どんな業務をしたい

記事を読む

なぜ努力は報われないのか?基準がズレると努力も無駄になる

「努力は報われる」という言葉があります。私の中学時代の恩師も「報われない努力は努力ではない」

記事を読む

新しい自分を見つける20の方法

現状に満足していなかったり、変化を求めようとしても、どうしたら新しい自分を見つけることができ

記事を読む

自分の常識が世間の常識とは限らない

相手とのコミュニケーションがうまくいっていない状況を分析すると、どちらかの言い分で出てくる「

記事を読む

責任転嫁してもしょうがない!他人のせいだろうが自分のせいだろうが目の前の事実には変わらない

自分に非がなく、理不尽な理由で不利な状況に追い込まれることってありますよね。 特に仕事

記事を読む

「ゆとり世代」はなぜ叩かれるのか!?

先日の某TV番組で、「ゆとり世代は日本を救うのか!?」というテーマを取り上げていました。

記事を読む

なぜ正論を言う人は嫌われるのか!?

正論って、なぜ伝わらないのでしょうか。正論とは正しいことであり、それが通るのが本来の姿である

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑