これが営業の極意!返報性の法則は徹底したサービスによって引き出す

営業

返報性の法則というものがあります。タダでものをもらったり何らかのサービスを受けると、受けた方はそのお返しをしなければならないと思う習性を利用したものです。

但し、中途半端なモノやサービスは中途半端な結果しか生みません。やるなら徹底したサービスをするべきなのです。

スポンサーリンク

 

スーパーの試食品コーナーは、なぜ無人じゃないのか!?

スーパーマーケット

例えばスーパーの食品売り場の試食や、お試しの試供品サービスなどなど。これらはただ渡せばいいというものではありません。どうやって渡したかが重要なのです。

世の中タダで貰えるもので溢れています。タダで貰うことに慣れた人たちにとって、ただ単に試供品などをあげても相手の心は動きません。

駅前などでポケットティッシュを配っても、もらってくれる人のほうが少ないですよね。

 

コミュニケーションによって情が生まれる

コミュニケーション

ではどういうときに心が動くのか。それは渡す人がもらう人とコミュニケーションをとったときです。

会話もせず、バラまいているものを貰っても、貰ったことに対する感謝はありません。しかしながら、そこに配っている人との会話が入るとどうでしょう。

人との接点という意識が芽生え、情が生まれ、「タダでもらったら悪い。何かお返しをしなきゃ!」という気持ちになるのです。

スーパーの試食品コーナーにわざわざ人を配置するのは、声をかけてコミュニケーションをとりながら試食品を配り、商品を買ってもらうためなのです。

 

ネットワークビジネスで商品を売る人も、まずは相手に尽くしている

linked-152575_500

マルチ商法というと聞こえが悪くなるので、最近ではネットワークビジネスという名前に変わっているようですが、そういったビジネスに参加している人が、私の嫁や知り合いの周りにもいたりします。

そういった類いのビジネスは、「怪しい」「騙される」というイメージが強いので、買う人がいるのかなぁ?という印象を持っていたのですが、どうやらうちの嫁も私の知り合いの人も、みんな何かしらの商品を買っているようなのです。

なぜ?と不思議に思ったので、買う気になった理由を聞くと、「その人との付き合いもあるし無下には断れない」と言うのです。

 

ネットワークビジネスで商品を売るカラクリ

clock-70189_500

なんでも、もともと知り合いだった人に「良かったら使ってみて~♪」と商品をもらったりしていたそうです。「使ってみたら意外と使える!付き合いもあるし便利なら買ってもいいかなぁ…」という流れで商品を買うのだそうです。

そして、口を揃えて「でも、モノはいいんだよね。」と言います。まるで自分を納得させる呪文のように皆同じことを言うのです。

ここでポイントとなるのは、まず相手に尽くしているということです。買ってとは言わず、商品をプレゼントして使ってもらう。使ってみたら意外と便利。でもそれ以上は売りつけてこない。

良いものであれば、ネットワークビジネスにのせなくても売れるはずです。そういった商品が少し高いのは、商品がイイモノだからではなく、ネットワークビジネスにおける紹介料がのせられているからなのです。にも関わらず、売れるのは、返報性の法則を利用してうまく広めているからだと言えます。

 

まとめ

成績の良い営業マンに営業のコツを聞くと、返ってくる言葉は「商品を売ろうとするな」ということです。

最初からその商品を求めているなら別ですが、そうでなければ営業をかけられた方としては、迷惑なだけで買ってくれようとはしません。

ですが、自分の知り合いに対しては、無下に断ることができないので対応は変わってきます。よって、営業成績の良い営業マンは、まずお客様と知り合いになることから始めるそうです。

売ろうとすると売れなくて、売ろうとしなければ売れる。結局営業とは、売るための手段ではなく、徹底したサービスを提供した延長線上にあるものなのかもしれません。

これが少しでも理解できれば、明日からの営業成績も変わるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

褒めると調子に乗る部下への対処法とは

部下への指導の仕方で、褒めて伸ばすということを、なかなか実践できないという人も多いそうです。

記事を読む

企業やお店のビジネスブログはただ更新するだけでは意味がない

世の中にある企業やお店のブログ。集客目的で、ブログを更新していますが、ほとんどがまったく効果

記事を読む

ホワイト社員とブラック社員に見る仕事に求める「楽」という意味

仕事をする上で求める2つの「楽」があります。楽をするという意味の「楽」と、楽しいという意味の

記事を読む

仕事をするのにいちいち上司の許可をとるよりも、失敗して謝罪した方がマシだ!

ネットを見ていたらnanapiの社長のブログにこんなことが書いてありました。 よく社内でい

記事を読む

出世に興味がないという人は自分の仕事だけしかしないと考えている人だ

最近、意外と多いのが、出世に興味がないという人たちです。 草食系男子が増えてきた影響か

記事を読む

「無理」とか「出来ない」と言うのは一番楽な逃げ道である

私は、普段はサラリーマンとして企業で働いて、それとは別に副業として起業しているのですが、どち

記事を読む

サラリーマン必見!!上手くやれない上司と上手に付き合う方法

世の中には理不尽なことを言う上司はいくらでもいます。私もかつてそういった上司と幾度となくぶつ

記事を読む

出世する人の特徴5つ

先日、普段サラリーマンとして働いている会社の部長と飲んでいたときに、どんな人が課長になれるの

記事を読む

ビジネスシーンで使い方を間違いやすい言葉7つ

最近では、正しい敬語が使えない人が多くなってきました。 自分では正しく使えているつもり

記事を読む

自己管理ができない人間は独立や起業に向いていない

自己管理ができない人っていますよね。自分で目標を立てることができず、計画的に何かを進めること

記事を読む

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑