「竜兵会」上島竜兵に見る新しいかたちのリーダー像

ダチョウ倶楽部_2

by ダチョウ倶楽部 オフィシャルブログ

リーダーの資質というと、知識があり、リーダーシップを発揮して集団をまとめて目的を達成したり、個を活かすためにすべてをフォローすることによって個性を発揮させて目的を達成するというように、いろいろなタイプのリーダーがいます。

サッカー日本代表で例えると、強烈なリーダーシップを発揮してチームを引っ張る『本田タイプ』と個を活かすために全面的にバックアップに回る『長谷部タイプ』といったところでしょうか。

しかし、お笑い界で有名な「竜兵会」を束ねるダチョウ倶楽部の上島竜兵はそれらのリーダー像とは異なる新しいタイプのリーダー像なのです。

スポンサーリンク

 

頼りにされないリーダー

boston-373478_500

「竜兵会」といえば、主力メンバーは強烈な個性の芸人が揃っています。同じダチョウ倶楽部のリーダー肥後克広、土田晃之、有吉弘行、劇団ひとりなどなど。上島竜兵のリーダー像は、一見彼らの個性を発揮させる『長谷部タイプ』かと思うのですが、どうもそうでもありません。

『長谷部タイプ』のリーダーは、困った時に頼りになるのでメンバーから尊敬されたり頼りにされたりするのですが、上島竜兵は全く頼りにされていません。頼りにされていないというと語弊があるかもしれませんが、上島竜兵の技量や知識で助けてくれるわけではないということです。

では、なぜメンバーからあんなにも信頼されてついてくるのかというと、それは大きな愛でメンバーを包み込んでいるからなのです。

 

大きな愛で包み込めるのもリーダーとしての資質

heart-368485_500

普通、リーダーはメンバーから馬鹿にされたりすると、プライドから怒ったりします。リーダーであるという自負が強ければ強いほど、その傾向にあります。

しかし、上島竜兵は全く怒らないのです。酒の席で酔っぱらってダメな部分をいっぱい見せてしまい、それをツッコまれても笑ってすます。その話をTVでした後輩がウケればそれでOKとしているのです。

「竜兵会」のメンバーである劇団ひとりは、インタビューで上島竜兵に対して次のように語っています。

テレビでけなしてもツッコんでも平気な大先輩は他にはいない。若手のピン芸人でもキャラを押し通してずうずうしくいられるようになるのも竜兵さんという大船のおかげです。媚(こ)びたヤツに仕事を回すでもなく、僕たちに竜兵ネタを提供してくれる。事務所の先輩・後輩芸人をつなげてくれる。金は出すけど見返りを求めない、むしろ後輩にツッコまれて終わる。何ていうんでしょうかね、直接的じゃなくて長く肥やしになるチャンスをくれるんですよ。そんな竜兵さんだからつい集まってしまう。元日は竜兵会の集まりが最優先、年末に海外行こうとカミさんに言われても、元日以降と決めていますよ。

元日でも「竜兵会」最優先 劇団ひとりの「上島竜兵愛」 -YAHOO!ニュース 日刊ゲンダイ-

自分が一緒にTVに出れば、率先してイジられ、上島竜兵を上手にイジることによって、後輩がまたTVに出られればいい。どんな扱いをされても、その圧倒的な愛で後輩を受け止めてあげているからこそ、後輩たちは上島竜兵についていくのだと思います。

 

見返りを求めない愛が部下や後輩から信頼される秘訣

grandad-71012_500

有吉弘行がまったく売れていなかった時代、「俺はお前のことが大好きなのに、なんで仕事がないんだ」と泣きながら飲んでたというエピソードがあります。人は誰かから認められたいという気持ちが必ずあるものです。誰からも認められていない状況で、たった一人だったとしても認めてくれる人がいれば、その人のために頑張れるのです。

また、劇団ひとりがまだ売れていなかった頃、ラジオに呼んだり、飲み会に声をかけてくれたりしたのも上島竜兵だったそうです。

それから10年くらいが経ち、ダチョウ倶楽部さんがパーソナリティーのラジオ番組が始まった。00年代のお笑いブームに火をつけたテレビ番組「ボキャブラ天国」に出演して顔が売れていた、土田晃之さんやデンジャラスさんなど若手後輩がゲストに呼ばれていました。僕はその頃お笑いブームの波に乗れず、くすぶっていた。そんなときに竜兵さんから、「草野球に来てくれたヤツ、あいつ呼んでくれないか」とラジオ出演のオファーをもらった。

元日でも「竜兵会」最優先 劇団ひとりの「上島竜兵愛」 -YAHOO!ニュース 日刊ゲンダイ-

後輩に対して先輩面するのではなく、人間として本当に愛すことができるからこそ、後輩たちもその愛に応えることによって成り立っている関係なのだなあと思いました。

 

『人的インセンティブ』と『評価的インセンティブ』を上手く組み合わせる

recommend-315914_500

上島竜兵の手法を分析すると、後輩への愛を『人的インセンティブ』と『評価的インセンティブ』を組み合わせることによって上手く伝えています。

仕事のやりがいを維持する5つのインセンティブとは

「お前が必要だ」「お前がいないと生きていけない」という『評価的インセンティブ』を与え、それに伴う「竜兵さんのためなら」といった『人的インセンティブ』によって周囲からの信頼を得ているのです。

『金銭的インセンティブ』などと違って、こういった結びつきはかなり強力な関係を築けます。

 

まとめ

自分はリーダーに向いていないと思う人もいるかもしれません。しかし、リーダーの形は人それぞれです。周囲を引っ張る人もいれば、後ろを支える人もいます。上島竜兵のように大きく包み込むのも立派なリーダー像です。

どんな人でも、手段は関係なく、周囲から信頼を得られれば、それは立派なリーダーなのです。

 

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

自立とは自らの足で立ち、そして歩くことである。

人として自立していない人間は責任を取ることをしません。 責任を取らないので責任を指摘さ

記事を読む

なぜ正論を言う人は嫌われるのか!?

正論って、なぜ伝わらないのでしょうか。正論とは正しいことであり、それが通るのが本来の姿である

記事を読む

話し方が不快な人の特徴9つ

話をしていて不快な話し方をする人っていますよね。 悪い人ではないし、話している内容も悪

記事を読む

人の話を「聞く」のに大事なことは「深く聞く」ということ

人の話を聞くことが得意な人は、信頼を得やすいという特徴があります。 というのも、人は話

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

話が伝わらない人の特徴9つと伝える方法

何を言っているのか分からず、話が伝わってこない人っていますよね。本人には全く自覚症状がないぶ

記事を読む

責任転嫁してもしょうがない!他人のせいだろうが自分のせいだろうが目の前の事実には変わらない

自分に非がなく、理不尽な理由で不利な状況に追い込まれることってありますよね。 特に仕事

記事を読む

ゴルゴ松本の少年院で漢字を使った魂の授業がアツい!

先日放送された「ジャネーノ!?」という番組で、ゴルゴ松本氏がボランティアで行っている少年院で

記事を読む

自立していない人ほど言い訳をするけれど、言い訳をして本当に責任から逃れることはできるの!?

成功する人と成功しない人の違いをみると、一番顕著に表れるのが言い訳をするかしないかということ

記事を読む

「無理」とか「出来ない」と言うのは一番楽な逃げ道である

私は、普段はサラリーマンとして企業で働いて、それとは別に副業として起業しているのですが、どち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑