パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」で!誤解を与えない指導の仕方

LIG86_yutorisedainikirerujyousi500

職場のパワーハラスメント(パワハラ)が近年社会問題となっています。

厚生労働省のデータによると、ここ10年で約7倍近い数字に増加しているそうです。

a_02

これってパワハラ?なくそう、職場のパワーハラスメント
~政府広報オンライン~

スポンサーリンク

上司といえども人間ですので、時には私情をからめて厳しい叱責をしてしまったり、行き過ぎた指導により部下や後輩に苦痛を与えてしまうケースがあります。

しかし、パワハラという言葉が浸透し、それまでは各職場で黙認されてきたようなことも今の時代では許されることではありません。

指導する方としてはそのつもりがなかったとしても、パワハラと判断されるケースが多々あります。

ただ、パワハラという言葉が浸透しすぎてしまったおかげで、ちょっとしたことに対しても部下が過敏に反応し、勝手にパワハラだと勘違いをするケースも増えてきています。

指導するのにも言葉を選んだり、かなり気を使わなければならなくなっています。

 

パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s

とは言っても、部下を指導するにあたり、甘やかしてばかりでは成長はありません。だからと言って厳しくするとパワハラと言われてしまいます。

そうならないように、部下に対してパワハラにならない叱り方として「かりてきたねこ」という言葉があるそうです。

か  感情的にならない
り  理由を話す
て  手短に
き  キャラクターに触れない
た  他人と比較しない
ね  根にもたない
こ  個別に叱る

日経産業新聞 『心が折れない職場づくり』

感情的にならない

まずは「感情的にならない」こと。私には現在0歳の子供がいますが、子供への接し方も同じです。「怒る」のではなく「叱る」。

「怒る」というのは感情が入っています。怒りに任せて余計なことを言ってしまったり、自分の感情をただぶつけているだけです。

自分の思うとおりにならないストレスを発散したり、相手を思うようにコントロールすることを目的としているので、上手くいかないことを相手に責任転嫁させます。

逆に、「叱る」というのは感情をぶつけるのではなく、何がダメでどうすれば良いのかという問題の解決の仕方を教える行為です。

相手のためを思って指導するので、伝わらない場合はどうやったら伝わるのか?ということを考えます。よって、感情的になることはありません。

「怒る」のは自分のため、「叱る」のは相手のためという違いがあるのです。

理由を手短に話す

部下とのコミュニケーションが取れていない場合、なぜ叱られているのかというのが伝わっていないことがあります。

自分としては気付いていて当然と思うことでも、未熟な部下にとっては知らない、気付かないといったことが多々あります。

理由がわからなければ、叱られているのは「自分のことが嫌いだからだ」といった誤解を与えてしまうこともあります。

相手がなぜ叱られているのかということ理解しやすいように、理由を手短に話すことが大事です。

キャラクターに触れず他人と比較しない

感情的になるあまり、やってしまいがちなのは相手の性格や人格を否定することです。また、仕事ができる社員を引き合いに出して比較してしまうこともあります。

こういった行為は、叱っているのではなく怒っている状況です。部下を指導する上では最低の行為であると認識しなければなりません。

そうならないためにも普段からコミュニケーションを取り、部下のキャラクターや性格を把握する必要があります。

相手に合わせて言葉を選ぶなど叱り方を考えることが大切です。

根に持たない

何度も同じことを叱ったり、相手が自分の思うとおりにならないと思うと、相手の人格を否定し、嫌いになり、挙句根に持つこともあります。

これらはすべて感情的になることが原因です。

指導して改善されたにもかかわらず、いつまでも終わったことにせずに根に持つと、部下との関係は悪くなる一方です。

叱るというのは問題を解決するために行うのですから、問題が解決されたにもかかわらず別の機会で話を持ち出されると、部下も感情的になってしまいます。

ただでさえ叱られているときには嫌な思いをしているのですから、追い打ちをかけないような配慮が必要なのです。

個別に叱る

わざわざ公衆の面前で叱られるという行為は、部下にとっては恥ずかしい行為であり、プライドが傷つけられる行為であるということを理解しなければなりません。

叱られているところを同僚や取引先に見られて恥ずかしい。失敗したことをわざわざ周りに周知させるなんてプライドが傷つけられたと部下が感じてしまえば、どんなに相手のためを思って指導しようとしても部下にその気持ちは届きません。

相手の心にキチンと伝わるように、叱る状況や環境も選ぶ必要があるのです。

 

まとめ

人が人を指導するというのは難しい行為です。人それぞれ受け取り方が違うので、今まで大丈夫だったからとか、自分はそうやって育ててもらったから、というような認識を変える必要があります。

今の若い奴らは…と嘆くのも分からないではありませんが、時代の変化についていけるのも仕事ができる人間の特徴です。

パワハラと受け取られやすい人の特徴としては、自信過剰で余裕がない人というところがあるそうです。

相手の気持ちを理解し、気持ちに余裕を持って部下と接し、上手に指導していくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

「無理」とか「出来ない」と言うのは一番楽な逃げ道である

私は、普段はサラリーマンとして企業で働いて、それとは別に副業として起業しているのですが、どち

記事を読む

上司も部下にするべき!?「報・連・相」が必要なのは部下や後輩だけじゃない

社会人なら誰もが知っていて当然の「報告」「連絡」「相談」の「報・連・相」。 これができ

記事を読む

新卒で入れなくてもリベンジ転職!今こそ憧れの会社へ転職を

新卒の就職活動ってかなり大変ですよね。景気が回復したとは言え、バブル期のような売り手市場には

記事を読む

上司や先輩に媚びなくても期待される「かわいがられ力」とは

6月に入りもうすぐ2週間が経とうとしています。企業では、新入社員研修が終わり、各部署に配属さ

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

仕事をするのにいちいち上司の許可をとるよりも、失敗して謝罪した方がマシだ!

ネットを見ていたらnanapiの社長のブログにこんなことが書いてありました。 よく社内でい

記事を読む

承認欲求、若い世代が求めることは認められたいということ

苦しくても頑張る。頑張った結果認められる。と思うのが、これまでのサラリーマンの考え方でした。

記事を読む

経営者目線で仕事をしたほうがいい理由

企業で働いていると、たまに言われるのが「経営者目線で仕事をしろ」ということ。実際、私も転職し

記事を読む

魅力あるサービスは固定観念を捨てるところからはじめる

お客様が望むことを上回って初めて感動してもらえ、お客さまの心に残り、また利用したいと思っても

記事を読む

金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか

今週発売されたPRESIDENTの特集は「金髪ヤンキーがなぜ3ヶ月で販売トップになったか」で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑