パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」で!誤解を与えない指導の仕方

LIG86_yutorisedainikirerujyousi500

職場のパワーハラスメント(パワハラ)が近年社会問題となっています。

厚生労働省のデータによると、ここ10年で約7倍近い数字に増加しているそうです。

a_02

これってパワハラ?なくそう、職場のパワーハラスメント
~政府広報オンライン~

スポンサーリンク

上司といえども人間ですので、時には私情をからめて厳しい叱責をしてしまったり、行き過ぎた指導により部下や後輩に苦痛を与えてしまうケースがあります。

しかし、パワハラという言葉が浸透し、それまでは各職場で黙認されてきたようなことも今の時代では許されることではありません。

指導する方としてはそのつもりがなかったとしても、パワハラと判断されるケースが多々あります。

ただ、パワハラという言葉が浸透しすぎてしまったおかげで、ちょっとしたことに対しても部下が過敏に反応し、勝手にパワハラだと勘違いをするケースも増えてきています。

指導するのにも言葉を選んだり、かなり気を使わなければならなくなっています。

 

パワハラにならない叱り方は「かりてきたねこ」

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s

とは言っても、部下を指導するにあたり、甘やかしてばかりでは成長はありません。だからと言って厳しくするとパワハラと言われてしまいます。

そうならないように、部下に対してパワハラにならない叱り方として「かりてきたねこ」という言葉があるそうです。

か  感情的にならない
り  理由を話す
て  手短に
き  キャラクターに触れない
た  他人と比較しない
ね  根にもたない
こ  個別に叱る

日経産業新聞 『心が折れない職場づくり』

感情的にならない

まずは「感情的にならない」こと。私には現在0歳の子供がいますが、子供への接し方も同じです。「怒る」のではなく「叱る」。

「怒る」というのは感情が入っています。怒りに任せて余計なことを言ってしまったり、自分の感情をただぶつけているだけです。

自分の思うとおりにならないストレスを発散したり、相手を思うようにコントロールすることを目的としているので、上手くいかないことを相手に責任転嫁させます。

逆に、「叱る」というのは感情をぶつけるのではなく、何がダメでどうすれば良いのかという問題の解決の仕方を教える行為です。

相手のためを思って指導するので、伝わらない場合はどうやったら伝わるのか?ということを考えます。よって、感情的になることはありません。

「怒る」のは自分のため、「叱る」のは相手のためという違いがあるのです。

理由を手短に話す

部下とのコミュニケーションが取れていない場合、なぜ叱られているのかというのが伝わっていないことがあります。

自分としては気付いていて当然と思うことでも、未熟な部下にとっては知らない、気付かないといったことが多々あります。

理由がわからなければ、叱られているのは「自分のことが嫌いだからだ」といった誤解を与えてしまうこともあります。

相手がなぜ叱られているのかということ理解しやすいように、理由を手短に話すことが大事です。

キャラクターに触れず他人と比較しない

感情的になるあまり、やってしまいがちなのは相手の性格や人格を否定することです。また、仕事ができる社員を引き合いに出して比較してしまうこともあります。

こういった行為は、叱っているのではなく怒っている状況です。部下を指導する上では最低の行為であると認識しなければなりません。

そうならないためにも普段からコミュニケーションを取り、部下のキャラクターや性格を把握する必要があります。

相手に合わせて言葉を選ぶなど叱り方を考えることが大切です。

根に持たない

何度も同じことを叱ったり、相手が自分の思うとおりにならないと思うと、相手の人格を否定し、嫌いになり、挙句根に持つこともあります。

これらはすべて感情的になることが原因です。

指導して改善されたにもかかわらず、いつまでも終わったことにせずに根に持つと、部下との関係は悪くなる一方です。

叱るというのは問題を解決するために行うのですから、問題が解決されたにもかかわらず別の機会で話を持ち出されると、部下も感情的になってしまいます。

ただでさえ叱られているときには嫌な思いをしているのですから、追い打ちをかけないような配慮が必要なのです。

個別に叱る

わざわざ公衆の面前で叱られるという行為は、部下にとっては恥ずかしい行為であり、プライドが傷つけられる行為であるということを理解しなければなりません。

叱られているところを同僚や取引先に見られて恥ずかしい。失敗したことをわざわざ周りに周知させるなんてプライドが傷つけられたと部下が感じてしまえば、どんなに相手のためを思って指導しようとしても部下にその気持ちは届きません。

相手の心にキチンと伝わるように、叱る状況や環境も選ぶ必要があるのです。

 

まとめ

人が人を指導するというのは難しい行為です。人それぞれ受け取り方が違うので、今まで大丈夫だったからとか、自分はそうやって育ててもらったから、というような認識を変える必要があります。

今の若い奴らは…と嘆くのも分からないではありませんが、時代の変化についていけるのも仕事ができる人間の特徴です。

パワハラと受け取られやすい人の特徴としては、自信過剰で余裕がない人というところがあるそうです。

相手の気持ちを理解し、気持ちに余裕を持って部下と接し、上手に指導していくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

関連記事

出世する人の特徴5つ

先日、普段サラリーマンとして働いている会社の部長と飲んでいたときに、どんな人が課長になれるの

記事を読む

【スーパープレゼンテーション】聴衆を魅了するTED流プレゼンテーションテクニックを紹介!

世界的プレゼンテーションイベントのTEDをご存知でしょうか。YouTubeなどで探せば、たく

記事を読む

ホワイト社員とブラック社員に見る仕事に求める「楽」という意味

仕事をする上で求める2つの「楽」があります。楽をするという意味の「楽」と、楽しいという意味の

記事を読む

「考動」「口動」「行動」成功者を作り出す3つの「コウドウ」とは!?

なかなか行動にうつせないというのは、誰もが経験があるのではないでしょうか。 しかしなが

記事を読む

企業やお店のビジネスブログはただ更新するだけでは意味がない

世の中にある企業やお店のブログ。集客目的で、ブログを更新していますが、ほとんどがまったく効果

記事を読む

経営者目線で仕事をしたほうがいい理由

企業で働いていると、たまに言われるのが「経営者目線で仕事をしろ」ということ。実際、私も転職し

記事を読む

仕事のやりがいを維持する5つのインセンティブとは

仕事をした対価として得られる報酬。報酬というと思いつくのがお金やモノです。しかし、そういった

記事を読む

「プロ」と「アマ」の違いはお金を稼いでいるかどうかだけではない

イケダハヤト氏(@IHayato)が自身のブログでプロとアマの違いについてポストしていました

記事を読む

新入社員が気が利かないのは今の時代に始まったことではない

新入社員は気が利かないという言葉をよく耳にします。新入社員に何を期待しているのかわかりません

記事を読む

コスト意識のない人間はサラリーマンでもフリーでも成功しない

私は、普段はサラリーマンをしながら、副業で会社を興して起業しているのですが、起業してみると、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
サッポロ一番みそラーメンが鍋になりました
サッポロ一番みそらーめんが鍋になっていたので買って作ってみた!

冬になるとかなりの頻度で食卓に出てくるのが鍋。 うちは私

タンコロまつり2015
江ノ電「タンコロまつり2015」が開催されていたので行ってきた!

先日ご紹介した江ノ電のイベント「タンコロまつり2015」が11

「江ノ電 タンコロまつり2015」が11/28・29に開催!電車好きのお子さんがいるなら見逃すな!

photo by 江ノ電 江ノ島にぶらっと家族で散歩に行って

はまりんフェスタ 2015
「はまりんフェスタ2015 in 川和」が開催されていたので行ってきた!

去る11月14日にて、毎年恒例となっている横浜市営交通お客様感

奥さんをお客様だと思えば家庭の9割はうまくいく

結婚してからしばらく経つと、会話がなくなり、たまに話せば喧嘩に

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑